2016年1月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2016年1月28日(木)

24日(日)は、35年ぶりの大寒気襲来で、一日中雪は降り
続き、見渡す限り銀世界となりました。

 

雪にとじこめられ、室内で過ごさなければいけない不自由さを
抱えつつ、東北の人達はこれが毎年の冬の生活として過されて
いるかと思うと、大変さが身にしみました。
それとは裏腹に近所の子ども達は、生まれて初めて見る大雪に
大はしゃぎ、親子で雪だるまを作る微笑ましい姿もありました。

 

今朝は、寒さが少し和らぎ過ごしやすい朝でした。
近所の梅の木を見たら蕾が大きく膨らみ、先日来の大雪と寒さを
乗りこえて、花咲く日の準備を整える木や花たちの生命力の凄さに
感動します。

 

1月23日(土)の午後から、大詫間趣味の会設立15周年記念
作品展、第8回「見てくんしゃい大詫間おひなさまかざり」に出
かけました。

 

地域ぐるみで行われている催し物で、趣味の会の人達が作り続けて
こられた、2500体のエコひな人形に迎えられました。

この日も寒かったのですが、会場に一歩足を踏み入れると、
彩鮮やかな春の世界で、寒さも吹き飛びました。

2016年1月21日(木)

今日は大寒。
冬らしからぬ1月と思っていたら、小正月を過ぎた19日に、
佐賀平野にも、初雪が降り積りました。

 

“美しい冬景色”・・・を楽しむ前に、ぬるま湯に慣れた体に
とって、超低温の寒さが骨身にこたえました。
雪が降りしきる中、玄関の“みちのく初桜”は満開となり、
庭では、雪をかぶったサクラ草が凛として咲いています。

 

元旦の5社参りで、秘かに期した事の一つに、本庄地区で
行われている「歩こう会」に、できるだけ参加しようと
いう決意(?)があります。
毎週金曜日、朝9時25分に本庄公民館でラジオ体操をした後、
お堀周辺を1時間強ほど歩きます。
去年はなかなか時間がとれず、あまり参加できなかったので、
今年こそは、頑張って健康増進に励みたいと思います。

 

17日(日)は終日雨が降り、私は10数年ぶりぐらいの
一歩も外に出ない“完全日曜日”を過ごしました。
「都道府県対抗女子駅伝」をTVで見ながら、合間に台所で
頂き物のアラカブと格闘して、一日が終わりました。
駅伝は、中高生から社会人で故郷のタスキをつなぐので、
一区ごとに一喜一憂し、逆転された選手の気持ちを思うと、
可哀想になる「ドラマ」そのものです。
夜は、私が拵えた、アラカブの刺身、煮付け、から揚げ、
味噌汁のアラカブづくしで、舌鼓を打ちました。

2016年1月14日(木)

今朝も、5時45分には目が覚めましたが、
寒くて、布団の温もりを脱ぎ切れず「あと少し、々」と
なかなか布団から出る事ができませんでした。
夫は、すでに起きていて、新聞を読み終わり、
愛犬マックスの散歩に出かけようとしています。
寒かろうが、暑かろうが変わる事のない、夫の「毎朝」に
勇気を出して起き上がる私です。
そんな寒さの中、我が家の玄関では、暮れに頂いた
「みちのく初桜」が咲き始めました。

寒さにも負けず、“春”を感じさせてくれる花に健気さを
感じました。

1月10日(日)、夫は午前中は恒例の消防団の出初式、
午後からは成人式と大忙しの一日でした。
出初式に行く時は、紺色の帽子と白手袋、式典用の制服に
身を包み気合が入った様子。

3800名の団員の心意気に感銘を受けて帰って来た夫は、
今度は濃茶のスーツに着替えして、成人式へ・・・。

 

振袖や正装で着飾った新成人に祝辞を述べた夫は、参加者の
一部の人達の、私語や礼儀をわきまえない行動に、気持ちが
滅入った様でした。
一日で2回の衣装直しと、静(整然)と騒(無秩序)の2回の
体験をした夫に“お疲れ様”・・・。

1月8日(金)は、“2016さぎんニューイヤーコンサート”に
行きました。
今年で26回目を迎える、このコンサートは毎年の私の楽しみの
一つです。
「楽しみ」は音楽を聴くだけではなく、舞台の両袖に生けられた、
草月流前田星萠先生の作品を鑑賞しながら、聴けるところにも
あります。

 

今年のテーマの「森の旅人」そして、「新春を祝い太陽に向かって、
大手を広げすこやかに、平和なることに感謝する気持ち」を表現さ
れたものでした。
本当に森の中で、鳥のさえずりが聞こえそうな中で、オーケストラを
堪能でき、趣向を凝らした演奏会でした。

2016年1月7日(木)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

今日7日は七草の日、一年の無病息災を願って七草粥を
食べる風習があります。
我が家も昨夜、下準備をして今朝、家族の一年の健康を
願いながら七草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・
ホトケノザ・スズナ・スズシロ)粥を作りました。
夫は年末から正月にかけ、付き合いとは言えお酒を
飲み続けていました。
“胃”も相当疲れていたので“薬膳”になったようです。

 

元旦は、夫と恒例の“耐寒ラジオ体操会並びに新春五社参り
走ろう、歩こう会”に参加しました。

 

昨夜来(大晦日)の霧が少し残る中、寒さも緩み穏やかな
初詣となりました。
夫が市長になって以来、新春五社参りに参加してきましたが、
40年続けられてきたこの行事も、今年で最後との事。
元旦の朝からのラジオ体操と神社詣は、心も体も清々しい
気持になり、この一年を頑張っていこうと気が引き締まります。
今年限りと思うと寂しい気持ちになり、惜しまれます。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.