2016年1月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2016年1月25日(月)

先週末から、30年とか40年ぶりと言われる大寒波襲来です。
この寒波の中、
大詫間では、一足早いひなまつりでした。
花が少ないこの時期ですが、会場は2500体のおひな様で
華やいでいました。

先日、福岡のメディアにPRしてきました、
「さが城下ひなまつり」は2月11日からです。

日曜日の朝、小雪の中をラジオ体操と散歩を終え、
自宅前を箒で雪かきをしました。

 

雪かきの時点では、まだ2~3㎝の積雪でした。
ところが、1時間ぐらい後に再び外に出てみると、
新雪で、先の雪かきの跡は見事に消されていました。
庭の木々も、この寒さに耐えています。

この寒波のために、日曜日に予定されていた、校区駅伝大会
は中止になりました。

先週は、2日半かけて来年度予算の査定をしました。
社会保障費の伸びは止まりません。
学校の耐震改修・空調関連経費の増も続きます。

市営バスが今年、創業80周年を迎えます。
私が小学生の頃、木炭バスが砂利道を土埃を上げて、
走っていたのを懐かしく思い出します。
マイカ―が増え、バス利用者もかなり減りました。
しかし、高齢者や通学者にとって、バスは欠かせない
存在です。
そこで、利用者にとって、もっと便利なものにしようと
ICカードシステムを導入する事にしました。
カード1枚で、
JRや県内の他のバスにも乗れるようにするものです。
幸いにして、国の助成制度がありますので、県にも支援を
要請しました。
来年春に間に合えばと思っています。
皆さん! 使ってみるとバスも便利ですよ。
バスに乗ってください。

うれしい話題を二つ。
一つ目、
中国版「大河ドラマ」として、「徐福伝」が予定されている
との事です。
1月19日に江蘇省・連雲港市から制作グループが佐賀を
訪問されました。

 

佐賀市ほか、徐福ゆかりの各地で撮影を予定されている
ようですが、協力したいと思っています。
観光に繋がればいいですね。

二つ目、
住民票や印鑑証明などがコンビニで受け取れます。

 

1月中旬から、交付され始めたマイナンバーカードですが、
このカードを使って、前期の証明書がコンビニで取得できます。
コンビニだと受付時間も、午前6時半から午後11時までと
長くなります。(ただし、年末年始は除く。)
手数料も50円引きとお得で、便利です。
市民の皆様に、マイナンバーカードの作成を勧めています。

2016年1月18日(月)

冬の寒さを感じる日もありますが、
どちらかと言えば暖かい日が多いので、
そろそろ梅の花の出番かなと思い、
近所の鍋島家ゆかりの古い墓所に行くと、咲いていました。
まだ四輪ほどでしたが、冷たい雨の中に花を見せていました。
しかし、梅の木の根元に咲いている今が盛りの水仙には、
香りも、勢いも、まだまだ及びません。

週末、心配する出来事がありました。
西与賀南部の本庄江沿いの農家から、
「クリークの水の塩分濃度が高いようだ」との訴えです。
すぐに関係課で調べてみると、
本庄江につながる、排水樋門が一部壊れて、
潮水がクリークに逆流していました。
ハウス農家にとっては、特に心配事です。
取りあえず応急処置をして、関係機関は連携して総力で
水の入れ替え作業に入りました。
樋門の構造上、通りからは見えにくくなっているので、
壊れているのに気づくのが遅れたようです。
いちごの根が弱っているとの話もあり、心配です。
「一度あることは二度ある」という、ことわざもありますので、
チェック方法など改善策を考えねばなりません。

うれしい話を一つ
三瀬中学校女子剣道部が、
昨年暮れ、兵庫県であった第33回若鷲剣道大会で
見事、団体優勝し、内閣総理大臣杯をもらいました。

 

15年振り3回目だそうです。
生徒数が少ない中学校での部活動ですが、
この学校、男女とも伝統的に強く、快挙と言えるでしょう。

日曜日の午後は珍しく我が家のテレビで女子駅伝の応援でした。
今週も新年宴会が続きます。

2016年1月12日(火)

我が家の玄関には、赤い実のついた南天が
飾られています。
ところが、娘の家の庭では、花が咲きかけた
南天を見つけました。こちらの実は白です。
実を鑑賞する時期に、種類が違うとはいえ、
片や花の時期。新発見でした。
先ごろまで、紅葉を見せていましたドウダンツツジ、
赤く小さなかわいい冬芽が、春を待っているようでした。

 

正月はあいさつの機会が多く、話す内容がダブリがちです。
話す相手もダブリがちです。
当分続きます。

そのような中に、正月恒例の行事、
消防団の出初式と成人式が10日にありました。
午前中は出初式。

参加者3800名との「人員報告」があり、
整然と隊列を組まれる団員の姿に、「頼もしさ」を
感じました。
交わす敬礼にも、気が入りました。
早朝から、行動開始された団員の皆様、
多忙の中に激励いただいた、来賓の皆様に感謝です。

 

午後は成人式でした。

今年の佐賀市の新成人は、2427人です。
私は、旧佐賀市の「新成人」を対象とした、
文化会館での式典に参加しました。

 

式典は、20分間程度のものですが、
式典中、今年も変わらず、私語が絶えません。
振り袖姿の女性には、式典開始前に
「式典中はショールを膝の上に・・・」という
お願いのアナウンスが、数回されましたが、
1割程度の人には、聞き入れられていません。
会場の外には、派手な飾りのバイクが集結しており、
正月早々、パトカーの手を煩わせた様です。
午前中の「頼もしさ」が吹き飛びました。

うれしい話
佐賀市にもたびたび寄付を戴いている、古賀常次郎氏に、
紺綬褒章の伝達をしました。
古賀さんは、今回で67回目の受賞で、もう「ギネスの世界」
の人です。

2016年1月4日(月)

明けましておめでとうございます。

新年は、年明けを告げる佐嘉神社前での
カノン砲の祝砲行事で幕を開けました。

 

初詣の人出は例年より多かったようですが、
さすがに深夜の行事です。底冷えを感じました。
しかし、朝7時30分集合の、
新春恒例の「五社参り、走ろう、歩こう会」では
例年になく、穏やかな日和となりました。

 

この「五社参り」も、今年で40回を数えますが、
40回を区切りとして、
今年で最後にするということでした。
お世話をいただいた実行委員会の皆様、ご苦労様でした。
しかし、
「形を変えてでも続けてほしい」との声が
強く聞かれました。
この「五社参り」に夫婦で参加した私たちは、
そのあと、地元の本庄神社ほか三社と、
金刀比羅神社まで足を延ばし、神社参りの一日でした。
「今年は、昨年同様暑い年になりそうで、災害に注意」と、
新聞で報じていたので、
それぞれの神社では、大きな災害がないことを祈りました。
正月休みも、あっという間に過ぎてしまいました。
台湾から里帰りした、孫たちも帰ってしまい、
入れ替わりに、静けさと忙しさが戻ってきました。

暖かい正月、
娘の家の庭に咲く、ゲンカイツツジとユキヤナギです。
道路沿いには、タンポポも見られました。

今年もよろしくお願いいたします。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.