2015年9月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2015年9月28日(月)

夜は、コオロギの澄んだ鳴き声に、
本格的な秋を感じるこの頃ですが、
26日(土)朝、我が家の庭でアブラゼミを見つけました。
鳴き声は聞けませんでしたが
翌27日(日)には
近くの、鍋島直茂公誕生地である「権現さん」の方から
クマゼミの鳴き声を聞きました。
まだまだ、夏の名残があります。

 

27日(日)は、地域の秋の河川清掃日。
いつもの通り、我が家で清掃用具の配分です。

 

本番での掃除がスムーズに進むように
私は、前日の午前中、
草刈り機を担いで水路沿いの草払いです。

 

わが集落、数年前に比べると、
川に入る男性も少なくなり高齢化してきました。
川に入る者の負担が、その分増え大変です。
「陸組」に草運びなどの負担をプラスしてもらい
達成感をみんなで味わいながら、
今年も、秋の川掃除を終えました。

 

掃除用具の後始末をしている時に
収穫期を迎えた「むかご」を見つけ、
「むかごごはん」を頼みましたが、
頼まれた「カミさん」は
「ゆでて食べたらどう?」とさらりとかわされました。
さて、「むかごごはん」までたどり着くでしょうか?

 

8月市議会は終盤を迎えています。
ここにきて、黒田議長が辞意を表明されました。
辞意表明のもとは執行部の方にあり
執行部としての「けじめ」をつけなくてはなりません。

26日(土)午後は、鳥栖の「ベアスタ」で
サガン鳥栖対ヴァンフォーレ甲府の
「佐賀市民応援マッチ」でした。
このところ「勝ち」がないサガン鳥栖にとって
ぜひ勝ち点3が必要だったのですが
不用意な守りの一瞬の隙をとらえられ、
残留争いの渦に引き込まれる結果となりました。

 

このあと、現職・職員Y君の通夜に出席し、
帰りの車窓からは、中秋の名月の前夜の月を
晴れない気持ちで眺めました。

2015年9月14日(月)

12日(土)の朝、関東での地震のニュース。
このニュースのために、ラジオ体操の放送はお休み。
これまで他の緊急放送のため、
放送が、中断することはありましたが、
全部がなかったのは初めてでした。
止む無く、自分たちで号令を掛け合いながらの体操でしたが、
やっぱり、放送があるのとないのとでは充実感が違います。
それにしても日本列島、大雨、地震と自然災害が多いですね。
被災地のみなさんにお見舞い申し上げます。

 

そのあと、愛犬マックスと南の田園地帯へ散歩。
田んぼでは「夢しずく」が頭を垂れ、
10日ほど後に始まる稲刈りを、待っているようでした。
農村公園でマックスを待たせての気功、たっぷり楽しみました。

 

8日(火)の朝、現役佐賀大学生とお話ができました。
この学生さん、近所に住む理工系の3年生で、10年程前に
今の所に引越しされて来た人です。
卒業前に、各界で活躍している100人の人達と会う
目標を立てて、現在実行中とのこと。
彼のお父さんとは、バス通勤の仲間ということで
今回の出会いがありました。
その学生さんとは初対面。
約束を守ることや、責任逃れをしないことなどの人生訓や
佐賀のこれからの夢など語りました。
佐賀でも、若い人材を求めている有望な企業があるので、
佐賀での就職も考えてくださいと頼みました。

10日から佐賀市議会は一般質問に入っていますが、
議場に拘束される日が18日まで続きます。

12日(土)は午前中、家庭菜園。
大根、サニーレタス、チンゲンサイ、ミズナ、
春菊、ホウレンソウの種を蒔きました。
肥料はもちろん、下水浄化センターで造られる堆肥です。

夜は久しぶりにサガン鳥栖を応援にベアスタへ。
このところサガン鳥栖は負けが込み、
J1残留争いの渦に引き込まれそうなので、
勝ち点3が、どうしても欲しいところでしたが、
願いは叶いませんでした。
しかし、清水の猛攻をよく防ぎ
0-0で終えることができたことを「良し」としましょう。

 

13日(日)の午後は、
県立美術館で中島潔展、
文化会館ではアルモニア管弦楽団の特別演奏会を
楽しむことができ、週明けの活力となりそうです。

2015年9月7日(月)

夏の余韻を残すがごとく、
まだ、クマゼミの鳴き声を聞きました。
ツクツクボウシも頑張っています。
季節を間違えたのか、
黄色のヤマブキも咲いています。
一方、近くの庭には、
タマスダレの白い花が満開です。
彼岸花も顔を出しました。

 

このように季節の混在がある中にも、
トウガラシやウメモドキの赤く色づいた
実を見ると、秋の近まりを感じます。

 

今年は21日が敬老の日ですが、
9月3日(木)は一足早く、
佐賀市の男女の最高齢者のところに表敬訪問しました。

 

佐賀市の最高齢者は、女性で中地シゲヨさん110歳です。
男性の最高齢者は、中村末男さん103歳です。
お二人とも、老人施設でお会いしましたが、
お元気で、喜んでもらいました。
佐賀市には、100歳以上の方が209名いらっしゃいます。
年々その数は増えています。
日頃から、支えていただいている家族や
施設の皆さんに改めて感謝しました。
この世代は、何故か圧倒的に女性優位です。
先の数字209名中、男性はわずか15名です。
戦死された数も関係するのでしょうか?

5日土曜日は、
朝から二つの後援会の用務を済ませ、
その後は、久しぶりに近くの公園で
孫の相手ができました。
午後は畑を耕し、秋野菜の種まき準備でした。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.