2012年4〜12月の活動報告

2012年12月

2012年12月25日(火)

秀島敏行後援会員の皆さま市民の皆さま
今年1年お世話になりました。

後援会事務所は
12月28日~新年の1月6日まで休みます。
1月7日から事務所を開き
午後1時から午後5時30分まで、事務局ボランティアが詰めます。

新らしい年もよろしくお願いします。

2012年10月

2012年10月29日(月)

秀島敏行市長の地元本庄地区の後援会が
10月22日、市長を囲む会を開きました。

 

秀島市長が初当選したのは7年前の10月23日でした。
それで例年、10月23日に市長を囲む会を開いてきましたが、
今年は会場の都合で1日前の22日に開きました。

本庄町袋のザ・ゼニスで午後6時半から開かれた囲む会には
本庄地区の人など110人が出席してくださいました。
囲む会で秀島市長は、市政の現状を報告したあと、
「7年前、厳しい選挙戦に勝利させていただきました。
年を重ねて、私も皆さんも頭に白いものが増えてきましたが、
今も元気いっぱいのエールをいだだき、ありがとうございます」と
感謝の言葉を述べました。

 

2012年4月

2012年4月24日(火)

秀島敏行後援会の総会が
21日(土)午後4時から佐嘉神社記念館で開かれました。

総会には後援会会員のほか、
その場で後援会に入会した人など220人が出席しました。
総会は、今年度の事業計画などを決めたあと、
秀島敏行市長が、市政報告をしました。

 

この中で秀島市長は、
佐賀市に活力を呼び込む地域活動に努めている人たちへの
感謝の気持ちを述べたあと、
「佐賀市政は派手なパフォーマンスはしないが、地道に努力を積み重ねて、
日本経済新聞社が行う、改革度ランキングでは
全国800の市の中で20番台に入っている。
東北のガレキ処理は重要な課題だが、
佐賀市の焼却炉は、地域のゴミだけを処理するとの地元との約束があり、
地元の理解を求める話し合いを行う状況にない。
もし東北のガレキを焼却しても、灰の最終処分場は海苔養殖場に近く、
安全性の問題から慎重にならざるを得ない。
佐賀市南部のクリークの、のり面対策に取り組むことが決まったが、
のり面の補修に佐賀県産の木材を使うことになった」などと、述べました。

2012年4月16日(月)

日時 4月21日(土)午後4時から
会場 佐嘉神社記念館
(佐賀市松原2丁目10-43、電話 0952-24-4122)
議題 平成23年度事業報告・収支決算報告
平成24年度事業計画・収支予算
秀島市長による市政報告
その他 交流会(会費3,000円)

 

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.