2015年2月のぼやき

2015年2月26日(木)

一雨ごとに暖かくなっていくこの季節、昨日の午後から
降っていた雨も、今日の午前中には止み、生暖かい空気が漂い、
庭の花が、春の匂いを運んでくれます。
匂いに誘われ、庭に出ると、紅梅は満開、
2,3日前までは一輪しか咲いていなかった、
さくらんぼがなるサクラも、いつの間にか咲きほころび、
枝垂れ梅も咲き始めていました。

春支度を急ぐ、我が家の庭の賑わいに、生命の息吹を
感じました。

 

21日(土)は佐賀に春の訪れを告げる、「佐賀城下ひなまつり」の
開会式でした。
今年は、うれしい事に新知事夫人とお子さんをひなまつり会場に
ご案内をする事ができました。
佐賀錦、ガラス雛、鍋島小紋等、様々なひな人形のひとつひとつに
初めての経験といって感激されていました。

 

「お茶がゆ会」の方たちが振るまわれた、芋粥にも舌鼓を打ち、
佐賀の風情豊かな催し物を楽しまれたのが何よりでした。

 

2015年2月19日(木)

今日は「雨水」、立春から数えて15日目頃、空から降るものが
雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる。という意味だそうです。
今朝の雨はまさに「雨水」。冷たい雨でした。
家の前の空き地に満開に咲いている梅の花が、真っ白な雪に見え
一層の寒さを感じた朝でした。

 

我が家のひな人形、今は亡き私の母が孫たちの幸せを願って、
買ってくれた物です。かれこれ40年を過ぎました。
あちこち壊れかけていますが私の宝物でもあります。
今年は隣に住んでいる娘が飾ってくれました。
飾られた雛人形を見ていると、亡くなった母を思い出し、
ふと涙ぐむ日もしばしばです。

 

先日、産婦人科医の久保田史郎氏の著書を読ませて頂きました。
行き過ぎた「カンガルーケア」「完全母乳による新生児管理」に
警鐘を鳴らしている本で、急増している発達障がい児との密接な
関係があるとの仮説が述べられています。
保護司になって3年、まだまだ修養中の私ですが、この仕事を
通して、「犯罪」と「発達障がい」の関連が気に掛かっていました。
「発達障がい」がなぜ増えているのだろうか?・・・
何が原因だろうか?・・・といつも思っていました。
そういう時にこの本に出会いました。
興味のある方は、是非読んで下さい。

2015年2月12日(木)

4、5日前の凍てつくような寒さに比べると、
今日は過ごしやすい朝でした。
畑では、昨年の秋に植え替えたキンセンカが咲きはじめ、
庭先ではサクラ草が満開、春が来るのをまだかまだかと
待っています。

 

今日は福岡出張のため、いつもより、ひとバス早いのに
乗らなければ間に合わないと、バス停まで駆け足で行く
夫を見送りながら「元気だなぁ~」つくづく思い、
その「氣」を貰って、私も今日1日頑張ろうと思いました。

知事選から1か月が過ぎました。
選挙後も、夫は超多忙の日々でしたが、8日(日)の夜に
やっと家族全員が揃って、会食をする事ができました。
久しぶりに、親子でゆったりとした時間を過ごし、
遅い「お正月気分」を味わう事ができました。
私も「ホッ」とひと息つく事ができました。

2015年2月5日(木)

今朝は、夫が出張で不在でしたのでゆっくりとした朝を
迎えました。
とは言え、いつも居る人が居ない部屋は、暖房が入っていても
肌寒く、シーンとした静寂さを感じた朝でした。
外に出ると、みぞれまじりの雨が降っていましたが、
ふと目をやると、近所の家の梅の花が咲きほころび
まだまだ寒い日が続くけど、立春も過ぎ、春はもうそこまで
確実にやって来ています。

 

毎年、2月3日の節分の日には恵方巻きを作ります。
今年の恵方は、西南西だと言って、1年の家内安全と
健康を祈りながら、夫は恵方巻きを無言でかぶりつきました。

 

1日(日)は久し振りに家にいた夫は、孫が遊びに来るのを
今か今かと待っていました。
中々、遊びに来ない孫を、しびれを切らして迎えに行きましたが
留守だったようで、しょんぼりして帰って来ました。
やっと、夕方近く帰って来た孫を、奪い取るようにして
「チリン、チリン」で行くぞと言って、嬉しそうに
出かけて行きました。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.