政策

これまでの実績

バイオマスで全国から注目の「先進都市佐賀」を創造

ゴミや下水のエネルギー化、堆肥化、CO2の先進的な活用などで成果を出し、毎年、国内外から2000人以上が視察に来るほど注目を集めています。

行政改革で、「未来へのツケを残さない市」ナンバーワンを達成!

市の財政健全度は九州の県庁所在都市の中で第1位。市の財政は、合併前と比べて、貯金が119億円増え、借金は103億円減りました。

企業誘致で約3000人の新規雇用を実現!

秀島市政になってから41社が企業進出し3000人以上の雇用を達成。またサイゲームスやマイクロソフト社施設など注目の誘致も。

シティプロモーションで、日本や世界が佐賀に注目

ワラスボや海苔名刺・佐賀弁ラジオ体操など、ユニークな仕掛けで佐賀市を一躍メディアに注目させ、様々なPR成果を上げました。

保育定員を1.6倍に拡充など、待機児童ゼロへの動きを加速

平成25年度に3,895人だった保育定員を、待機児童ゼロを目指すため6,300人に拡充。また市内小中学校にエアコンの整備をするなど学びの環境を整備。

1000社以上の見守りネットワークで高齢者に優しいまちを実現!

高齢者の見守りネットワークの登録者が1000を突破。毎年400件以上の通報で高齢者が救われています。

世界遺産登録などで南部地域の観光を促進!

三重津海軍所跡が世界遺産に登録、東よか干潟がラムサール条約湿地に登録されるなど、佐賀市南部地域の観光戦略も推進。

バルーン世界大会を成功させ世界から高い評価

昨年、19年ぶりの世界選手権大会を成功させ、期間中は131万人と過去最高の来場者。世界の航空スポーツ界から高い評価を受けました。

発達障がい児の支援で、先進の取り組みを実現

早期に障害の有無がわかる1歳半健診や、市直営の療育施設整備で、発達障がい児のサポート体制を、全国的に見てもいち早く整えました。

「地域の助け合い、コミュニティの成熟度」で全国4位に!

市内27小学校区で「まちづくり協議会」を設立するなどの取り組みが功を奏し、「地域の共助精神・コミュニティの成熟度」(野村総研調べ)で全国4位に

 

カテゴリ内のメニュー

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.