2014年6月のひとり言

2014年6月30日(月)

梅雨の中休み、暑さも中ぐらいで過ごしやすいですね。
土曜日の朝は『マックス』とゆっくり散歩が出来ました。
田んぼでは、早ものの稲は植えてから2週間が過ぎ
緑色が濃くなりました。

 

同じように、我が家の畑の雑草も勢いを増してきました。
日曜日の朝は草取りで一汗かきました。
草の中で「こぼれ種」の百日草も勢いを増してきて
鮮やかな花を見せ始めています。
私の誕生日は7月4日ですが、
この花、毎年欠かさず行っている
先祖のお墓参りには役立ちそうです。

 

24日は
佐賀市の清掃工場近くで藻類培養事業を計画されている
「(株)アルビータ」と清掃工場から発生するCO2を提供
することで協定書を結びました。
この会社は日米の合弁企業ですが
アメリカの親会社「ヒリエ」は、藻類の大量培養では実績が高く
サプリメント開発も順調です。
佐賀市の「バイオマス産業都市構想」の中で
頼もしい存在となってもらえそうです。
先に、公共下水道の処理施設で藻類の大量培養に向け
共同研究の協定を結んだ「ユーグレナ」社とは競合せず
ともに藻類を大量培養し、CO2の削減につながり、新たに
バイオマスエネルギーなどの資源の開発の面でも夢があります。
佐賀市の「記念すべき日」になるはずだと、感謝の言葉を述べました。

 

29日付の佐賀新聞で
私と宇治市長の対談の様子が報じられていました。
その中に誤解を招くところがあったので、説明を加えます。
問題の箇所は
「売茶翁を輩出した佐賀市は、茶を植えている量は少ないのですが、
栄西が中国から持ち帰った茶を植えた東脊振はすぐ近くで、
市の北部には苣木(ちやのき)と言う地名も残るなど・・・」
というところです。
「苣木」と言う地名が「お茶」に由来するかのような
表現ですが、そうではないようです。
先日、苣木にホタルを見に行ったときに地元の方に尋ねました。
富士町の「苣木」集落では今も茶を作られていますが、
地名の「苣木」とは「お茶の木」からきたものではないようです。
「苣木」と言う木は「柿ノ木」に似たような木だそうです。
私もまだ見たことはありません。
余談ですが
私の住んでいる集落には農業用の幹線水路が流れています。
幹線水路としての改修前、
私たちはこの川を「ちやのき川」と呼んでいました。
その川をまたいでいる県道の橋の親柱には
「萵苣木橋」「ちやのきはし」と刻まれています。
ちなみにバス停の名前は「ちやの木」です。
富士町に縁があるようです。

 

2014年6月23日(月)

毎朝、家の隣の畑に
烏骨鶏のえさ用にレタスの葉を取りに行きますが、
同じ畑では胡瓜の収穫もしなければなりません。
採り忘れるとすぐ大きくなってしまいます。
オクラも一緒です。

 

それに、かぼちゃの授粉や草取りなどしていたら
あっという間に時間が経過し、
気功もそこそこに、次の日課のラジオ体操に行く時間に
なってしまいます。

 

18日に市議会は本会議を終え、常任委員会に入りました。
本会議のあと、気になっていた、嘉瀬、鍋島方面の迷惑浮草
「ナガエツルノゲイトウ」のその後を見に行きました。
シルバー人材センターに対応してもらったところは
それなりの効果が見られましたが
そのほかのところにかなり芽を伸ばしていました。
いよいよ第2段の壊滅作戦に入ります。
担当課ではすでに準備を終えていました。
ところが予想してなかった集落内のクリークに
顔を出しているところもあり、別の対応をお願いしました。

 

20日の夕方は
イタリアのサッカーチーム「ユベントス」・ユース16の
ジャパンツアー歓迎レセプションでした。
ユベントスは日本代表チームのザッケローニ監督も
以前、監督をされたチームです。
サガン鳥栖の竹原社長が「サガン」のユースと
交流を深めようと尽力されたものです。
竹原社長には次につながる夢があります。
交流が深まるといいですね。

先週、私たち日本人は世界の人から
「あっぱれ!」と「喝!」の評価を受けました。
「あっぱれ!」はもちろん
ワールドカップ競技場での試合後のごみ拾いです。
現地サポーターの皆様ありがとうございました。
これに反して、「喝!」は東京都議会の「許せないやじ」です。
都議会の品位が世界の人から問われています。
都議会は、「東京オリンピック」のためにも
きちんと整理し、汚名を返上して欲しいものです。

2014年6月16日(月)

いよいよ田植えが始まりました。
今年は代掻き時に雨が降らなかったので
先週、佐賀土地改良区には
「水が少ない、もっと多く流してくれ」
との声が多く寄せられたそうです。
しかし、川上頭首工から流せる水量は
水利権として決められていますので
佐賀土地改良区の職員も困っていました。
田んぼだけでなく、庭木ものどが渇いているようです。
一雨欲しいですね。

 

6月議会の一般質問が11日に始まりました。
18日まで続きます。
議会の合間を縫って、時間は限られますが
要望活動や面談のお客様にも対応しています。
そんな中で、13日は佐賀花商組合から
15日の父の日を祝って、バラの花をたくさんいただきました。
一本の花では香りはわずかですが、
100本以上になると部屋にはバラの甘い香りが漂います。

14日(土)は
佐賀県信漁連の創立60周年記念、

 

世界遺産登録に向けたシンポジウム、

 

政経セミナーなど続きました。
6月議会で問題になった「インターネット依存症」を
取り扱った「インターネットを考えるフォーラム」にも
参加したかったのですが、時間が取れず残念でした。

15日(日)は
朝ラジオ体操のあと、マックスと散歩しながら
最近、気になっていた通勤コース沿いのごみ拾い。
誰が捨てるのか、心無いほんの一握りの人のために
ごみが目に付く道路になってしまいます。
通勤途中は対応できないので
休みの日で時間に余裕がある日を選びました。
ついでに、
毎朝、お参りする鍋島直茂公を祀る神社の
草むしりにもチャレンジ。
10時キックオフのサッカー・ワールドカップで
日本の勝利を願いながら草むしりをしましたが
願いは通じませんでした。・・・残念!

 

2014年6月9日(月)

麦秋も過ぎて、いよいよ田んぼは田植えの準備です。
田面は土色に変わり、このあと緑色に変わります。

 

2日は筑後川下流土地改良事業関連で
久留米の水天宮で通水祈願をしました。
ここで稲作への適度な雨をお願いしました。
願いが叶えられれば良いのですが、
南部の「おかゆ占い」では今年は要注意だそうです。

同じ日の午後、佐賀市は味の素(株)と
バイオマスの共同研究の調印をしました。
味の素の製造過程から出る副産物を
公共下水道の汚泥の堆肥化に有効利用するものです。
すでに研究はスタートしていますが、
双方にとって有益な研究です。
成功すれば新たなエネルギー産出にもつながります。

 

6日は議会の開会日でした。
11日からは27名の議員の一般質問が続きます。
6日の午後は佐賀建設労働組合と災害協定を結びました。
災害時の情報提供や障害物の撤去、復旧等に力を発揮されます。

7日は富士町の「栗並」に富士・大和森林組合の
木材供給センターが完成し、その式典がありました。
林業の活性化のため、
地元産の木材を使った公共事業などが増えてまいりましたが、
それに応えるべく、木材の供給態勢を確立するものです。
式典会場の近くでは
鶯がきれいな声でセンターの完成を祝福していました。
私は、安全操業をお願いしました。

 

8日は京都の宇治市の萬福寺で「売茶翁を偲ぶ会」が
開催されました。
京都の永谷宗円翁顕彰会と
佐賀の高遊外売茶翁顕彰会が協力し合って開いたものです。
宇治市から山本市長、宇治田原町からは西谷町長、
佐賀市からは私が加わり、偲ぶ会を盛り上げました。

 

佐賀市は宇治市や宇治田原町とも友好を深め
売茶翁の顕彰に努めることを約束しました。
世界遺産となっている宇治平等院のある宇治市は
歴史と文化の香りが高く、見習うべきものも多いようです。

2014年6月2日(月)

鳥小屋の前に青紫色の花(セージハーブ)。
可憐な花です。
日陰に毎年咲いてくれます。

 

このところ35度℃近い真夏の気温が続きます、
5月末にこの暑さだと、7月、8月が思いやられます。
新聞には熱中症の疑いで全国で死亡者二人とのこと。
皆さん熱中症には注意をしましょう。

先週は、国営総合農地防災事業協議会の会議で
旭川に二泊しました。
北海道湿気は少なくて気持ちがよいのですが、気温は27度。
2週間ほど前に雪が降ったところとは考えられません。
公園には、チューリップや水仙、つつじが
急かされるように一緒に咲いていました。
次は石楠花やボタンの舞台でしょうか、
つぼみを膨らませて出番を待っていました。

私は二日とも朝の気功とラジオ体操を
旭川市役所の前庭の、散りかけた八重桜の下でしましたが
近くの通路には「カラスに注意」と札が立てられていました。
子育て中のカラスが巣の近くを通る人を攻撃するそうです。
佐賀でもその話はよく聞きます。
先日も環境部長が襲われたと話をしていました。
佐賀市は「からす退治」に今年は特に力を入れますが
その隊長は環境部長です。
環境部長が襲われたのは、
巣の近くを通ったということだけでなく、
からす退治の総元締めへの「先制攻撃」だったかもしれませんね。

土曜日はシルバー人材センターの30周年記念総会でした。
高齢者が増えているのに
センターの会員と契約金額が伸び悩んでいるのが気になりました。
健康づくりのためにも入会を勧めます。
シルバーへ仕事も提供してください。

 

日曜日の夕方は時間が取れましたので
久しぶりに小さな田んぼの田起こしです。
草が大きくなってきたのが気がかりでした。

 

6月6日は6月議会の開会です。
その合間を縫って、出張が続きます。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.