2014年1月のひとり言

2014年1月27日(月)

25日(土)の朝はゆっくり出来たのでラジオ体操の後、一万歩に挑戦。
寒さも和らぎ、空にはひばりのさえずりが聞こえました。

そのあと白石町であった
「諫早干拓潮受け堤防樋門開門調査に関する国の説明会」に参加しました。
いわゆる諫・干に関する、福岡高裁判決後の農林水産省の3年間の
取り組みが報告されましたが、目標に近づいたものはなく、
空しく聞こえました。

「やる気」と言うのか「魂」の部分が伝わって来ません。
今後の見通しもありません。
このように長崎県側を話し合いのテーブルにさえ
着かすことが出来ない国に対して
「諫早干拓の調整池から黒っぽく汚れた水が放流されているが、
話し合いが実現するまで、その放流だけでも止めてくれ」
と、漁業者から怒りの声が発せられました。

私たちの願いは開門して調査し、有明海の再生につなげることです。
有明海の近況を聞くたびに、もう、浪費する時間などないことを教えられます。

26日(日)は、9時から第62回と長い歴史を持つ校区対抗駅伝大会でした。
今年の選手の最高年齢は65歳、赤松校区の福岡さんです。
風は少し強かったが天候に恵まれ、33チーム198人が健脚を競われました。
優勝は兵庫Aチーム、2位は神野、3位は鍋島Aチーム。
選手および役員の皆様、そして今年も大会会場で手伝っていただいた
「シチメンソウを育てる会」の皆様ご苦労様でした。

 

駅伝のあと
川副町大詫間公民館で開催中のひな祭りを楽しみました。
この町にも少子高齢化の波は押し寄せていますが、
まちの絆を高めようと「趣味の会」を結成されました。
その趣味の会では、まちの活性化につなげようと6年前から
「見てくんしゃい大詫間おひなさまかざり」を開催されています。

 

今年のテーマは「おかげさん」で
約3000体のお雛様に出迎えていただきました。
下村代表ほか会員の皆様のまちおこしにかける意気込みが
半端でないことがびんびん伝わりました。
まちでは男衆は駐車場係、子供たちは案内係と大活躍でした。

2014年1月20日(月)

今日は1年で最も寒いといわれる大寒です。
今が一番寒いときですが、玄関では昨年の暮れに知人からいただいた
「みちのく初桜」が次々と花を咲かせ、春に向かっています。

早いもので、1月も3分の2が過ぎようとしていますが
まだ、新しい年の催し物が続いています。
そのような中で、来年度の予算査定に入りました。
佐賀市の予算と佐賀中部広域連合の介護と消防の予算です。

佐賀市の予算で目に付くのが扶助費の最近の伸びです。
子ども・子育て、高齢者対策、生活保護など社会保障関係の
経費の伸びが止まりません。

一方、教育分野の事業も目白押しです。
老朽化に伴う学校施設や公民館の改築事業に加えて
まず、学校施設の耐震化事業があります。
この事業は現在10年計画で進めています。
これに加えて数年前、急きょ計画を余儀なくされ、現在実施中のものが
体育館の天井落下防止工事、給食室の改修工事、
電子黒板の整備事業であります。

これらの計画にさらに上乗せして求められているのに、
学校施設の空調整備、放課後児童クラブの充実
保育園の待機児童解消などがあります。
計画を策定しなければなりませんが、その事業費捻出も頭の痛いところです。

このほかに産業の活性化や街なか再生事業も待っていますので
苦しい編成作業が続きます。

19日は「ドラゴンボール」と言う
氣功クラブの講演会に参加しました。
クラブの会員さんはまさに老若男女、
健康な人はもちろん大病を患った人など、多様でした。
皆さん、「笑顔」をモットーに「やれば出来る」と、
前向きで行動されていますので、会場は活力があふれていました。
病などすぐに吹っ飛びそうな雰囲気です。
健康づくりの面から考えますと、このクラブは表彰ものです。

 

新年の行事が今週もまだ続きますが、
週末には春を告げる大詫間のひな祭りが始まります。
さが城下ひな祭りも2月15日からです。

2014年1月14日(火)

このところ寒い日が続いています。
年末、近所の日当たりの良い庭で目にした水仙の花が
我が家にも、数輪お目見えです。
家の南側においている桜草の鉢にも
小さい花がほころび始めました。
小さな草花の「開花」を見ていますと、
寒さの後から春がついて来ているのを感じます。

 

企業誘致に関するうれしい話です。

その1、
清掃工場ではCO2を取り出し
農業分野等での有効活用を模索していますが
最近「工場進出し、CO2を利用したいがどうすれば良いか」という
企業からの、相談が出始めました。ありがたいことです。

その2、
(株)アイエスエフネットと企業進出協定を結びました。
この会社の主な事業はコールセンター業務ですが、
この会社は障がい者、引きこもり等就労困難者に就業研修を行い
自己グループ企業等への積極的な採用はもちろんのこと
一般企業への就労支援をされている会社です。

今、私たち行政が苦労しているのは、
障がい者や就労困難者の自立のための就労支援です。
この会社はこうした問題に真正面から取り組まれ、
成果を挙げられています。
頼りになる企業です。

12日は
夜明けを待って始まる北川副町の「ふれあい冬まつり」に、
今年も夫婦で参加しました。
伝統行事である「ほんげんぎょう」をメインにした祭りですが
寒い早朝にもかかわらず多くの人で賑わっていました。
祭りでは、小学、中学、高校の子供たちそれぞれの役割があり
「まなざし運動」の面からも評価が高いと思います。
祭りと平行して、あとの反省会の準備も手分けして進んでおり
準備されていた料理の数の多さにびっくりしました。
こうした手作りの「まつり」で共に流した汗が、
まちの絆と地域力の更なるアップにつながるでしょう。

 

午後は成人式でした。
佐賀市で成人式を迎えた人は2484人です。
旧佐賀市地区を対象にした成人式は文化会館でした。
毎年のことですが、参加者はロビーでの会話が弾みます。
式典開始5分前の時点でも会場は空きが目立ち、
係員をやきもきさせましたが、緞帳が上がるころには
それなりに会場も埋まりました。
式典の途中、優勝旗みたいなものを持ち込み、
自己PRしかけた青年もいましたが、
今年は、全体的には私語も少なく、
ここ数年では、一番落ち着いた成人式だったと思います。
私は、式辞で「あとに続く後輩に、きちんと自分の背中を見せられる
大人になってください。」と激励しました。

 

寒のうちです、風邪が流行っているようです。
用心してください。

2014年1月6日(月)

明けましておめでとうございます。
ブログは昨年にさかのぼります。
暮れの28日夜、消防団の年末警戒の激励は寒かったですね。
ホッカイロを背中に貼っていたのですが寒かった。

北部方面隊の集合場所である三瀬では、
昼間の雪が残っているところに新たに雪が舞ってきました。
挨拶の第一声で、「三瀬は寒いですね」と、つい、出てしまいました。
続いて向かった南部方面隊の東与賀でも寒さは厳しく
「整列休め」の時でも足が震えていました。
29日の夜は中部方面隊での激励でした。
そんな厳しい寒さの中で、警戒活動ご苦労様でした。

消防団の年末警戒の激励 消防団の年末警戒の激励

大晦日の夜は佐嘉神社前へ。
新年を迎えるカノン砲点火行事です。
今年はいつもより暖かく初詣の人出も多く感じました。
経済の好況感が出ているのでしょうかね。
昨年よりも華やいだ気分が感じられました。

佐嘉神社 佐嘉神社

神社周辺の騒がしさに安眠を妨害されたカラスが
迷惑そうに夜空を飛び回っていました。
楠の近くに駐車した庁用車に早速「糞害」です。
この付近はただでさえカラスが多いのに
冬場はワタリガラスまで住み着き大迷惑です。
間もなく仕掛ける退治用の罠に掛かってくれたら良いのですが・・・

元日の朝は5時半起床です。
さすがに目覚まし時計が必要でした。
県庁前に集合して、
恒例の耐寒ラジオ体操会・新春5社参り走ろう、歩こう会です。
300名を超える皆さんと一緒にラジオ体操の後
佐嘉神社、松原神社、八幡神社、護国神社、与賀神社のコースを
妻と一緒に1時間ほど歩きました。

耐寒ラジオ体操会・新春5社参り走ろう、歩こう会

それぞれの神社では、
いつもの「市民の安寧」のお願いに加えて
今年は、「三重津海軍所跡の世界遺産登録、
東与賀干潟のラムサール条約登録、
熱気球の世界選手権招致」の決定をお願いしました。
少し欲張った感がありますが
聞き入れてもらえるでしょう。

神社へのお参りはこのあとも
地元の氏神様である本庄神社、妙見神社、権現社、
金立の金比羅神社、熊本の弊立神宮、富士の乳母神社と
5日まで続きました。

2日は佐賀玉屋で「東京オリンピック1964展」の
オープニング式典が入りましたが
そのあとは美術館や博物館でゆっくりできました。

東京オリンピック1964展 東京オリンピック1964展

5日は消防出初式でした。
消防団がまだ消防組と言われていた頃からの伝統行事です。

「人員報告」では3890人と報告されましたが
敬礼しながら壇上から迎える消防団の分列行進には
頼もしさを感じました。
今年も地域防災の要としての活躍をお願いしました。

消防出初式 消防出初式

災害が増え、要援護者など災害弱者が増える中で
頼みとする消防団員の数は年々減少しています。
行政としても、消防団に対する市民の理解度を
高める努力をしなければなりません。
消防団を中核とする地域防災力を強化するため
新しい法律も制定されました。
若い皆さん、あなたの地域の消防団へ加入してください。

今日は仕事始め。新年の催しものが行列をなしています。


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.