2013年12月のぼやき

2013年12月26日(木)

今朝、夫を見送るため外に出ると、昨日より寒く感じませんでした。
しかし、気象情報によると佐賀も明日から雪マークがついています。
年末年始は強い寒波がやってきます。
寒さで風邪など引かれませんよう注意してください。
わが家の赤のサザンカの花が、どうしたことか例年より遅く咲き、
まだ蕾がいっぱいです。
玄関のシクラメンの赤と垣根のサザンカの赤を見て
元気を出している今日この頃です。

サザンカ シクラメン

先日、大和町の方から葉は濃い緑で、真っ赤な実がたくさん付いた
ナンテンをいただきました。「そりゃー見事なナンテンです。」
日当たりが良く、昼と夜の温度差がある所に育っているからでしょう、
わが家のナンテンとは大違いです。
お正月用に注文したカサブランカと共に玄関先に生けるのが楽しみです。

ナンテン カサブランカ

今年のブログも今日で終わりです。
この1年、ふり返って見ると色々な出来事がたくさんありました。
悩み・・、苦しみ・・、喜び・・、涙・・。
その中で、今年は色々な人との出会いも多くありました。
その出会いを大切にし、感謝の気持ちを忘れず、初心に戻り、
夫の栄養と健康管理に十分気を付け、自分の身体も可愛がりながら
前向きに進んで行こうと思います。
今年は夫婦共々、いっぱいいっぱいお世話になりました。
「ありがとうございました!感謝です!」
皆さま、よいお年をお迎えください。

2013年12月12日(木)

今朝(定刻7時42分)バス出勤の夫を見送るため、
玄関を開けたら肩を竦めたくなるような、冷たい北風が吹いていました。
夫を見送った後、庭をひと回りすると北側は落ち葉で覆われ、
冬ですが南側はまだ秋の気配が残っており、
今年最後の紅葉を楽しんでいます。

 

12月7日(土)はサッカーJ1サガン鳥栖の公式スポーツバー
「THE・Sagan」が呉服元町に完成し、
プレオープン式典が開かれたので夫と共に私も参加しました。
この日は、今季最後のリーグ戦が山梨県甲府市の山梨中銀スタジアムで行われており、
100人ほどの参加者全員がお酒と料理を楽しみながら最終戦を応援しました。
結果的に試合は0-0の引き分けでしたが、この「ザ・サガン」の開業に伴い、
これから先、サガン鳥栖のファンが多くなり、佐賀市の中心市街地に
人通りが多くなればいいなぁーと思いました。

12月8日(日)の午前中、夫は少し時間が取れたと言って
年末の大掃除の役割分担の一部である、汚水桝の掃除を
してくれました。夫はいくら忙しくても、大掃除の役割分担の
外の周りは、ちゃんと時間を配分しながらやってくれるので
大助かりです。「ありがとう。」

 

近所に住んでいる娘が毎朝、生後3ヵ月になる孫を連れて、
わが家に出勤してきます。私が忙しくしているので家事手伝いです。
つわりで一人で辛い思いをしていた時も、私が忙しくしていたから
心配をかけたらいけないと思い我慢し、出産した時も選挙で忙しく
本当に母親の役割を果たせませんでした。

 

でも先月の自分の誕生日(娘の誕生日)に私に手紙をくれました。
自分が母親になり感じた事や感謝の気持ちを綴ってありました。
読む途中、涙・・涙・・。
最後は「お母さん!私を生んでくれてありがとう!これからも純苗(あやね)や家族のために長生きしてください。」と書いてありました。
私も娘に「生まれてくれてありがとう!」と言いました。

2013年12月5日(木)

今朝は、霜がつよく車のフロントガラスは薄っすら
氷が張っていました。
朝の寒の強さもあって、昼間は小春日和、洗濯日和でもありました。
貫通道路のイチョウやわが家の近くの街路樹の
ケヤキが日に照らされて黄金色に輝いていました。

 

私は、毎月1日は屋敷の四方を掃除します。
特に表鬼門と裏鬼門は草を摂り、丁寧にします。
それから四方にお酒と塩を撒きながら、
家族の安寧と無病息災を祈ります。
今月は特に1年の終わりなので念を入れて「今年も1年間
ありがとうございました。」とお礼を言いながら屋敷を回りました。

我が家は今、玄関先にはナンジャモンジャの黄色、
ツワブキの黄色、黄色のハッサクの鈴なり、
寒菊の黄色で囲まれています。

 

 

30日の土曜日は、今年ホームでの最後の試合の
サガン鳥栖と浦和レッズの試合を観戦しました。
夫は公務のため遅れると言う事だったので
1人で電車で行きました。

  

今年は、色々の事があり年間パスポートも17試合のうち
5試合しか応援できず、少し不満だったけど今日の試合で
全て取り消されました。

選手の皆さん、私たちに勇気と感動を与えて下さり、
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

 

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.