2006年2〜3月の活動報告

2006年3月

2006年3月20日(月)

ひでしま敏行後援会は、
「ひでしま敏行市長を囲む会」を年間をとおして開きます。
各校区後援会や、団体、グループごとに計画していただけると幸いです。
市議会が開かれる、6月、9月、12月、来年3月は避けて下さい。

開催計画の連絡先、後援会事務所
(0952)28-7177 FAX 29-8618
(土日を除き、午後2時以後、開いています。

ご出席の呼びかけ。

「まちづくりを語ろう会in佐賀市」
日時 3月25日(土)午後1時30分開会
場所 メートプラザ佐賀(佐賀市兵庫町藤木 佐賀消防署東)
パネリスト、秀島敏行市長ほか
主催 佐賀新聞社

2006年3月15日(水)

事実と違うことを書き込んで佐賀市政を批判している
ホームページがあるという連絡が
事務局に寄せられています。
相当ひどい内容が見受けられます。
静観しながらも、監視しています。

今度の市議会でガス問題が多く出ています。
後援会で傍聴したしたが、
佐賀市営ガスを売却したとき
当時の佐賀市の執行部は
民間売却によって値下げ傾向にあると説明したのに
市民を裏切ることになっています。
秀島市長は心を痛めて市民にお詫びしていますが
詫びるべき人は他にもいるでしょう。

2006年3月7日(火)

このところ、寒暖の差が大きいためか、
体調をくずす人が大勢おられます。
どうぞ、健康に注意してください。

2006年2月

2006年2月27日(月)

2月25日(土)三瀬で市長と語る会が開かれ
後援会事務局からも数人が聞きにゆきました。
高齢者から若い人まで幅広い年齢の
100人くらいの人が集まってこられました。
産業廃棄物、教育、公共交通など
山間部の抱える問題が幅広く質問され、
秀島市長が丁寧に答えていました。
国保の収納率が100%、
診療所の親切な対応など、
三瀬のよさも知りました。
合併してもそれまでの地域の優れたものは残したいものです。

2006年2月21日(火)

2月18日(土)に秀島敏行を支援する佐賀市役所OB会の
役員会が開かれました。
およそ100人が出席し、秀島市長が今後の市政運営の方針を述べました。
この中で秀島市長は、行財政改革を積極的に行うことと、
新しい大佐賀市の総合計画基本構想を今年度中に決めることを明らかにしました。
OB会の人たちは
「秀島市政が誕生して市職員が明るくなった」
「市長の顔色をうかがう必要がなくなり堂々と対応している」などといった
声が出ていました。

2006年2月15日(水)

市長選挙から3ヶ月たちました。
秀島への声、意見は謙虚に受けとめています。
しかしホームページに誹謗中傷ともいえる書き込みをしいる方もいます。
秀島批判ならともかく、市職員へのいわれのない中傷は驚きです。

2006年2月1日(水)

去年の10月16日の佐賀市長選挙告示以来、
ホームページの書き込みを休んでいましたがきょうから再開します。
秀島敏行後援会事務所は移転しています。周辺地図をご覧ください。
事務局には月曜から金曜までの午後2時から午後5時半まで、
事務局員が詰めています。気楽にお越し下さい。

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.