2021年10月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2021年10月25日(月)

先週あたりから急に冷え込み
全国的には「みぞれ」の便りが多く聞かれるようになりました。
今週の花は山茶花です。

先週は市長としての最後の週となりました。
10月に入り
佐賀へ進出されている企業関係者と会う機会が増えました。
18日と19日は伊藤忠商事の関連企業が来訪されました。
伊藤忠商事では佐賀市が取り組んでいるバイオマス事業、
中でも、清掃工場の排気ガスからCO2を分離回収し
農業などに役立てようとする佐賀市独自の取り組みに関心を示され
関連会社では社員まで出向させて「事前検証」をされています。
佐賀市にとっても懸案事項となっている
回収したCO2のさらなる有効活用につながれば良いですね。

19日午後は熊本市の九州農政局へ。
佐賀土地改良区関連の協議会により
懸案事項解決のため新規事業の創設など要望してきました。

20日は坂井英隆新市長と一足先に事務引継ぎをしました。
午後はこれまでお世話になった機関へ、退任のごあいさつ。

21日は早朝から有明海へ海苔の種付け現場視察。

 

現地では船上から海に神酒を注ぎ、おはぎを投げ入れ
海苔操業の安全と「海苔の生産19季連続日本一」を祈願しました。

残念な話。
私の任期が終わるころになって、理由はわかりませんが
インターネットを利用して
佐賀市政に関するいやな書き込みが続きました。
福岡に住む、ある大学教授が発信元であります。
事実と異なる数値を使い、身勝手な思い込みで
職員や佐賀市民をさげすみ、分断するような内容でした。
私も怒りを覚えましたし
反論を求める声もありましたが
「無視せよ」との声が圧倒的でしたので
私の「怒りの心境」も随分、和らぎました。

22日は市長退任式。
長い間一緒に仕事をし、支えてくれた職員の皆さんに
感謝の言葉を述べました。

 

併せて今日は
ブログの読者の皆様にも感謝の意を表します。
いつもブログを開いていただきありがとうございます。
お陰さまで16年間
楽しい思い出をたくさん作ることができました。
本当にありがとうございました。
これからも佐賀市がますます発展いたしますよう
一市民として応援いたします。

 

2021年10月18日(月)

先週半ばまで真夏日が続き、衣替えを躊躇していました。
これも地球温暖化の影響でしょうか。
ところが先週末は一転して冷え込み
長袖が必要になりました。

先週半ば、久しぶりに東京出張。
これまでお世話になった方々に感謝の言葉を述べました。
約1年ぶりの「飛行機」で、機内マナーも変わっていました。
空港について機内のベルトサインが消えたので
私がいつものごとく立ち上がったら
それはマナー違反だったようでした。
コロナ対策のためなのか、
最近は、立ち上がりを大まかに席順で
アナウンスされるようになっていました。
今週の花は、東京出張時に朝の散歩で見たもので
赤坂プリンス・クラシックハウス周辺花壇から
ベゴニアとバラです。

 

私の任期もあとわずか。
多くの人から「ねぎらいの言葉」を頂きます。
15日はマイクロソフト社から感謝状を頂戴しました。

私からもこれまでの厚意に感謝を述べ
引き続きの協力関係も依頼しました。
これからはDXの時代。
テレワークも広がることでしょう。
佐賀市とマイクロソフト社の絆が強まらんことを祈っています。

15日夜は一足先に私の送別会。
新型コロナのために各職場を代表する方に限っての集いでした。
お互い思い出がいっぱい甦った会となり
久しぶりの、楽しいひと時となりました。

11日夜、坂井邦夫君が逝ってしまいました。
小、中、高を一緒に学び、なんでも相談できる友人でした。
数日前に容態を聞き、もしもの場合は
身近な友人として弔辞を読ませていただこうと
心の準備をしていましたが
残念ながら、通夜も葬儀も東京出張と重なってしまいました。
私は予定していた「最後の東京出張」をどうするか迷いましたが
「坂井君への不義理」を許してもらうことにして
弔辞の代読を妻に頼みました。
彼は、別れの日が近づきつつあることを悟り
「旅立ち」の準備を少しずつしていたようです。
辛いですね。友との別れは… 合掌

 

2021年10月11日(月)

朝夕は過ごしやすいのですが、日中はまだ真夏日が続きます。
10月10日、お昼の佐賀市の温度が31℃です。
それでも季節は確実に秋に向かっています。
2~3日前から我が家の近くでモズの高鳴きが聞こえます。
今週の花は、迷惑な花の代表格、セイタカアワダチソウ。

 

4日は県内10市持ち回りの「市長会」
今年は佐賀市が当番でした。
行政視察ではオープンしたばかりの
川副町の「佐野常民と三重津海軍所跡の歴史館」と

東与賀町の「ひがさす」を案内しました。

この会議を利用して
佐賀県から長崎新幹線の「幅広い協議」の経過を聞きましたが
各市の受け止め方に若干の違いを感じました。
新幹線が通るところと通らないところで
関心の違いが出るのはやむを得ないことかもしれませんが…

6日は九州治水期成同盟連合会で
Web会議方式により九州地方整備局へ合同要望。

嘉瀬川改修工事促進期成会を代表し
城原川ダムの事業促進も合わせて要望しました。

8日は(一社)日本気球連盟からイカロス賞を受賞しました。

イカロス賞とは1969年、日本で最初に飛行を行った
「熱気球イカロス5号」にちなんで名前が付けられ
熱気球競技を支援するなど「熱気球」の発展に貢献したとして贈られる賞です。
私には5年前に開催した佐賀市で3回目の世界選手権が
強く思い出に残っています。
選手も観客も熱く燃えました。
みんなの力で頂いたオブジェは
バルーンミュージアムに展示させてもらいます。

佐賀でもコロナがやっと落ち着きつつあります。
一方、地域の経済は冷え切った状態が続いています。
そこで、佐賀市内の中小企業者への一時的な支援として
今年7月から10月までのいずれかの1か月の売り上げが
前年又は前々年の同月比で20%以上減少している方々に

法人10万円、個人8万円の支援金を支給いたします。

申請期間は今年10月15日から12月24日まで

詳しいことはTEL40-7127へ

 

佐賀市長・佐賀市議会議員選挙が告示されました。
期日前投票も始まりました。
皆さんの1票を無駄にしないように
是非投票を!

 

2021年10月4日(月)

月めくりのカレンダーは今年も残すところ3枚。
私の市長の任期は残すところ3週間を切りました。
ここにきて、秋という季節も重なり
私の行動予定表が混んできました。
今週の花は、富士町で見た秋の風情を感じさせる
コスモス、ハギ、ススキです。

9月28日に(株)ユーグレナの出雲社長が
佐賀市と共同研究している国の補助事業「B-DASHプロジェクト」の
中間成果の報告会を開かれました。

このプロジェクトは公共下水の処理過程で発生する物質を
微細藻類ユーグレナの大量培養に活用し
バイオ燃料ほか、いろいろなバイオ由来の原材料を産出するというものです。
すでに精製に成功したジェット燃料や
バイオプラスチックの製品例などが報告されました。
現在の地球環境において
私たち人類への最重要課題として問題提起されているのが
「脱カーボン」、「ゼロカーボン」であります。
この共同プロジェクトは近い将来、
その課題解決に大きく貢献することになるでしょう。
また、
致遠館高校の女子生徒たちがこの藻類培養に関心を寄せ
部活で取り組んでいる様子も報告されました。

これらの報告から、この事業の「将来性」を強く感じました。

30日は令和3年度の佐賀市表彰式を行いました。

今年度の表彰者は67名1団体で
永年にわたり福祉や保健衛生、教育文化、地域活動、善行など
佐賀市民の模範として献身的に活動された方々です。

10月3日は早朝から秋の河川清掃現場を激励訪問。

昨年はコロナを心配する声もあった清掃作業でしたが
今年はそんな心配を乗り越えて、各地で河川清掃が実施されています。
この日は中折下、西松原、溝口自治会を訪れました。
若い人も多くみられ、皆さん、いい汗を流されていました。
高齢化が進み、清掃作業の見直しを求める声も聞かれますが
できる範囲で、みんなで頑張り続けたいものですね。

3日午後はバスケットボール・佐賀バルーナーズの応援。

対する相手はバンビシャス奈良。
前日の試合は佐賀が逆転勝ち。
この日の試合も再び逆転もありかと最終盤に燃えましたが
逆転はならず。1勝1敗に終わりました。
一方、この日はサッカー・サガン鳥栖も大敗し
私としては冴えない1日でした。

紹介します。
その1
9月28日、新しい国際交流員として、米カリフォルニア州出身の
シーザー デイビット パラシオス オリグエラさん(27歳)を迎えました。

その2
10月1日
新しく立体駐車場が完成しました。

平地であった駐車場を立体化したもので、303台収容可能です。
来庁者向けは1~3階で、170台駐車できます。
市役所南の既存駐車場と合わせて270台が市民向けの駐車場となります。
このほかにバイク・自転車434台を駐輪できる施設も用意しました。

その3
農林漁業者が6次産業化にも取り組むことを推奨するため
佐賀市には「いいモノさがし」の認定品制度があります。
今年度は海産物で合同会社佐賀漁村女性の会の
〇SAGA PARI NORIシリーズとうまかのり梅

農産物部門で、ゆっこ農園の
〇「アスパラようかん」が認定されました。

皆さん是非味わってみてください。
ふるさと納税の返礼品などでも評判になれば良いですね。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.