2021年9月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2021年9月24日(金)

肌寒さを感じた今朝。
“朝リハ散歩”の野道を歩けば秋の朝空は、どこまでも高く青天。
道沿いには、黄や白色のリコリスが風に揺れ

可愛いまん丸ダンタナも橙色や朱色、白色やピンクが混じった姿で
咲いている。仲秋のポエムの世界に浸る散歩道。

 

 

田んぼでは台風14号の影響で、斜めに倒れている稲の稲刈りも
始まって・・・。

9月23日(祝)
秋の彼岸の中日。家族揃ってお墓参り。
毎年4か所のお墓参り。
暑い一日だったけれど、深い感謝と今の暮らしぶりを報告して手を
合わせると、心身共に清められた思いでした。

9月21日(火)
夫の市長としての最後になる市議会に、私は後援会事務局の方々と
“初めて”の傍聴席に着きました。
4期16年・・・。夫が座った執行部席。答弁に立った演壇。議場は
シーンとして緊張感が漂う。
議事の終わりに「市長挨拶」。

山から海までの合併で大切にしてきたのは“一体感”の醸成、市民の
幸せを願って、職員や議員の方々と共に汗をかいて歩んだ16年・・。
夫の感謝の言葉を聞きながら私も“妻としての16年間”が、走馬燈の
様に巡りました。本当に有難うございました。

9月18日(土)
台風14号(9月17日)で延期された、ホームでの「大分トリニータ」戦。
シュート11本と圧倒的に攻めても結果は「0-0」の引き分け。

落胆するイレブンと一緒に夫と肩を落とす。
でも、来季のJ1残留をこの時点で決定!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年9月16日(木)

台風接近中の今朝は、久しぶりの快晴。“朝リハ散歩”も足を伸ばして
田んぼ周辺を歩く。
野道には、真っ赤な彼岸花がそこここに。

 

そして、うす紫のハギの花、ニラの白い花もそよそよと。

 

見上げれば、天空いっぱいのすじ雲・・・。

初秋の漂い清々しく、心地よい汗をかきました。

春と秋に行われる、地域の河川清掃「9月19日(日)実施」
を前に、清掃用具が我が家に搬入されました。

「半年ぶり!元気だった?」と迎え入れ、地域の共同作業に
備えます。

9月11日(土)。
やっぱり“生”の応援が最高!

 

ホームでの、サガン鳥栖対清水エスパルス戦。
この日のサガン鳥栖は、鉄壁の守りと先制で清水を圧倒。
同点に追いつかれてもFK弾で「2-1」と勝利!

2連勝! 大喜びの夫と私。
ありがとう! サガン鳥栖!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年9月9日(木)

今日は“救急の日”。
今朝も私の“リハ散歩”は続く。救急車のお世話にならないで
いいように・・・。
空も、すっかり秋色。天高く、すじ雲も登場。けれど、
ひぐらし蝉の声少なく。(8月の大雨で羽化できなかったという)
そんな時に、道端のキバナコスモスや

メランポジウムの黄色い花に元気づけられ、

 

紫色のヤブラン、夏スミレ、

季節外れのツツジに

後押しされて、朝リハ散歩も無事終了!

夫の任期も、残す所40日余り。
市長として臨む最後の議会が開かれています。(9月21日閉会)
この期の議員さん方も最後の議会。
夫は16年間の思いもあり、一抹の感慨を持って最後の答弁に立つ事と
思います。
私も、残る40日余りの“弁当作り”に精を出し、夫を送り出そうと
思います。

9月5日(日)。
感動、共感、畏敬の念が渦のように波及した2020パラリンピックの
競技の数々。
車いすバスケット・テニス・競泳・陸上を始め、ボッチャ・ゴールボール
等々、機能するあらゆる部位をもって、高度な技を繰り出す選手に驚きを
通り越して、すごい! すごい!と興奮、感激。
そして選手の方達と共に涙し、笑顔に魅了され“人間力”の凄さに圧倒
されました。
素晴らしい閉会式を見ながら「共に学び、共に生きる」の意義を見つける
事ができました。

 

2021年9月2日(木)

昨夜は雷雨の音で寝付かれず、今朝も雨模様だったが雨の合間を
ぬって“朝リハ散歩”。
季節の移ろいがはっきりしないまま9月、秋の時候となり散歩道中
の花達も夏の名残りと初秋の趣きが入り乱れて、咲いている。
白壁を這っているツルの先に一輪のピンクのバラの花。

道端には、名残りの朝顔の青色が涼しい。

松葉ボタンにセンニチソウ、ペンタスと赤い花達に元気をもらい
久し振りの、ゆっくり花見の散歩でした。

9月1日(水)
「ついたち行事」の家四方への塩、酒まきも今年9回目。
コロナ収束の願いも、前年から引き続き祈願しているけれど
第4波、変異株が猛威を振るい、3密回避、マスク、手洗いの
生活は変わらない。
家内安全だけでなく社会の平安も願って、これからも一日行事に
心をこめて・・・。

8月29日(日)
サガン鳥栖はアウェーで「ベガルタ仙台」と対戦。
連敗だけは避けて・・・と遠く佐賀からスマホ応援。
後半、主将のエドゥアルドがFK弾を決め「1-0」。
その1点をイレブンが一丸になって守り、勝利へと。
イレブンの執念と力が一体となって、5位浮上。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.