2021年7月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2021年7月29日(木)

始まったオリンピックの「TV応援」で、感動、感涙ラッシュで
睡眠不足の毎日を押して、今朝も“朝のリハ散歩”敢行!
道沿いの薄ピンクの芙蓉の花が青空の下、美しさを際立たせ、

ニチニチ草も、元気一杯ニコニコ顔で咲いていて・・・。

 

木蔭には、薄緑のアジサイが雨を待つかのように、ひっそりと。

汗を流して歩く私に、応援をしてくれる花達・・・。

7月28日(水)。
私が住んでいる地区の氏神様である、本庄神社の祇園夏祭りでした。

大祓の神事に「人形」を納め、諸災転除・家内安全を祈願しました。
本庄神社には樹齢600年の見事な楠の大木が、古い歴史を物語って
いて、境内に入ると静かな霊気を感じ、身が清められるようです。

7月24日(土)。
サガン鳥栖は、ホームでセレッソ大阪と対戦。
この日は「佐賀市presents交流宣言15周年マッチ」(佐賀市民応援
マッチデー)と銘打っての試合。

私も、いつも以上に気合を入れて応援 !!
前半に3点先取し「3-1」で折り返したが、後半「3-3」の同点に
持ち込まれ「引き分け」に。
でも、暑い中のイレブンの奮闘に拍手 !!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年7月21日(水)

熱中症警報アラートが鳴り響く、この頃。
リハ散歩の道中に、海老の如くの赤いコエビソウが目に止まり

白のゲンペイカズラやアメリカノリノキに「初めまして」と挨拶。

 

この暑い中、ハツユキソウが楚々と咲き(夏なのに?)、爽やかな
気分で歩きました。

 

コロナ禍に翻弄された「2020東京オリンピック」が、7月23日に
開会式を迎えます。
私達の年代では、人生2度目の「東京オリンピック」。
コロナが収束しない中での開催に、複雑な思いですが・・・。
始まったからには、TVで選手の皆さんに精一杯の応援をと。
開会式に先行して、今日(7月21日)ソフトボール開幕戦「日本×
オーストラリア」が行われ、「8-1」で日本チームのコールド勝ち。
幸先良いスタートに、胸を撫で下ろしました。

7月17日(土)。
久し振りのサガン鳥栖、ホーム戦。夫と駆けつけました。
期待と不安が入り混じりながらの応援。

 

前半、オウンゴールで失点すると「アーー」と溜息。
でも後半は、目を見張るゴール3連発!
終了のホイッスルが鳴った途端、サガンサポーターが総立ちし、
歓喜爆発。 「勝ち点3」のプレゼント !!

 

サポーターが渇望していた、逆転白星に「サガン魂」で応えてくれた
イレブン! 有難う。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年7月15日(木)

梅雨明け(7月13日)を待っていたかのように、朝から庭中に響く
“セミ”の大合唱!

夏が来た! と喜ぶべきか、“今年はどのような夏”になるのか?と
心配半分の気持ち。
朝は雲一つない晴天。
夏の王者、ひまわりが暑い陽射しを全身で受け止めている。

 

でも、いつ急変するかわからないのが今年の夏。入道雲が天高く
立ち上ったかと思うと、急に黒い雲も現れ、雷の声・・・。
蝉の声は、ピタリと止んで。

私の日課である“朝リハ・夕リハ散歩”でよく通る道。
以前はタバコのポイ捨てが多く、たまりかねて、よく拾って来ていたが
最近はタバコは少なく、代わりに“マスクのポイ捨て”が目立つ様に
なりました。
でもタバコと違って、流石にマスクは手に取り、拾う訳にはいかず・・・。
公道にポイ捨て自体、許されない事ですがコロナ感染の危険が潜む
マスクをポイ捨てする人の良心、公徳心の欠如が腹立たしく思います。

7月12日(月)
昨年は、コロナ禍の影響で開催されなかった、本庄校区の食生活改善
推進員(ヘルスメイト)の、食の健康教室伝達会に参加しました。

今回のテーマは、血管内皮を守ろう ~高血糖予防~。
高血糖予防の為のメニューで、調理実習をしました。
そして、このように学んだ事柄(腹八分目、食物繊維を多く含む食品を
摂る、ゆっくりよく噛んで食べる、動物性の脂は控えめに、3食規則
正しく食べる、甘い食品の間食を避ける)を、地域の人達に伝えていく
のが、私達の役割です。

 

2021年7月9日(金)

梅雨期らしさを感じないまま、佐賀にも前日から大雨予報が出され、
いよいよ梅雨末期?を迎えた今朝。
昨夜から一時的に激しい雨が降り、すぐ止みの繰り返しの雨模様が続く。
庭には背丈の高いモミジアオイが、雨に濡れて艶やかに。

 

また毎年同じ場所に花を咲かす、自生のオニユリも存在感を示して
雨の中に・・・。四季を彩る花達に感謝。

 

7月4日(日)は夫の誕生日。

 

この年まで健康で、元気に現役を続けて来た夫に拍手・・・。
この日は朝から公務、「市民体育大会」の開会式に出席の予定が入って
いたので、両親へのお墓参りは前日に済ませていました。

7月5日(月)2回目ワクチン接種。
コロナワクチン一回目接種の時は、前騒動が大きかった割には、何事もなく
まさに「大山鳴動して鼠一匹」でしたが、2回目は接種後、夜から熱が出始め
翌日は、肩が痛くて上がらず、熱が38度まで上がり、全身のけだるさと骨の
節々の痛さで大変でした。
夫は、何事もなく終わったのに…。数日前から、忙しくて疲れていたせいか?
免疫力が落ちていた? 色々考えましたが、7日(水)の朝には普通の状態に
戻りました。ワクチン後騒動の記。

7月7日(水)は「七夕」。
孫たちと一緒に七夕飾りを作り、短冊に「願い事」をたくさん書いて
笹の葉に結び、軒先に飾りました。

 

願い事が叶いますように・・・。

7月6日(火)。
それは突然すぎる別れの報。
サガン鳥栖・豊田陽平選手のJ2栃木SCへの完全移籍の報。
サガン鳥栖をJ2からJ1へ押し上げ、在籍12年。
完全移籍した豊田選手の心情を思いつつ・・・。
本当にありがとう! お疲れ様でした!

 

2021年7月1日(木)

今日は7月1日。
朝早くに、ついたち行事の“酒、塩”をまき、家を一回り。
庭には、オレンジ色のヒメヒオウギスイセンが鮮やかに。

新緑のモミジは、スカイブルーの空に届けとばかりにそびえ
青と緑のコントラストが際立ち。

モミジアオイの赤い花も活き活きと“夏”を謳歌している
ようです。

 

隣に住んでいる娘婿が、手塩にかけて育てている“メダカ”
さん達。
丸い器の中で、右に左にスイースイ。日除けの蓮の葉の下で
何匹も無心に泳いでいます。

 

本当に小さくて、透き通ったようなメダカや赤色メダカ、白色
メダカと時間も忘れて見とれています。
「よく頑張って泳いでいるね~」「元気だね~」と声をかけながら
限られた広さの器の中で、衝突もしないで泳ぎを楽しむメダカさん達に
癒しを頂いている毎日です。

コロナ禍で、殆ど行事もなく出かける事もなくなった日々でしたが
26日(土)は、鳥栖市民文化会館で行われた「彩の国シェイクスピア
シリーズ第37弾」と銘打った、「終わりよければすべてよし」の公演を
夫と一緒に鑑賞しました。

久しぶりに雑多な日々の疲れも忘れ、シェイクスピア劇の世界を楽しみ
別次元に身を置き心身共にゆったりとした、心地良さを味わいました。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.