2021年5月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2021年5月27日(木)

昨夜来の雨も朝には止み、短めの“朝リハ散歩”に出かける。
雨上がりのアジサイ街道を歩き・・・。

 

道際の水路に咲く花しょうぶ、電柱の下には濃紫のムラサキツユクサと
目の保養。

 

鈴なりに実をつけているビワ、「食べ頃は何時かしら?」と。
五月の季節を堪能して帰宅。

5月23日(日)。
梅雨入り宣言後の5月の最終週の日曜日。
我が家のスノーインサマーの木が、晴天を衝くようにそびえ立ち、
五月晴れに、白雪の花が見事なコントラストで初夏を演出。
深く息を吸い込んで、一幅の風景画に魅入られました。

 

5月26日(水)。
友人から新鮮な“フキ”を沢山頂きました。

フキの佃煮のレシピを添えて・・・。
レシピを読んでいると1日掛かりの佃煮作り、挑戦してみました。
手間暇かけて出来るフキの佃煮。
美味しく出来るか、期待と不安をこめて・・・。待つのも手間の内。

5月22日(土)。
ホームでの「サガン鳥栖対鹿島アントラーズ」戦。
こんな事があるのか! 先攻されても、サガン鳥栖の一丸の攻めで
同点に、そして更に逆転。「2-1」の初の逆転勝利!
涙がこみあげ、夫と勝利をかみしめました。

試合前日の夜、夫と二人で伊勢町の北面天満宮まで、往復1時間強
歩いて「サガン勝利」の祈願参り。願いが叶ったと喜びに浸った。
続く、5月26日(水)はアウェーで「コンサドーレ札幌」と対戦。
決定力は欠いたものの、気迫で相手を阻止し「0-0」のドロー。
「勝ち点3」に、こだわる我らがサガン鳥栖!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年5月20日(木)

今年は五月晴れにも恵まれぬまま“梅雨入り”して、6日目。
朝から“大雨警報”が出る程の降り。
リハ散歩を諦めて、我が庭を散策する。しっとり濡れた花々達。
雨が一番似合うアジサイが咲き始め、

 

赤い実をつける南天の白い花。

名と裏腹の、ドクダミ草の可憐な白い花。

 

そして赤のハイビスカスが元気をつけてくれる。

 

雨に苦しめられている“麦畑”は麦秋も知らず、なぎ倒され瀕死の状態に
心痛む、複雑な思いが・・・。

 

5月19日(水)
後期高齢者保険証が交付されて初めて病院に罹った日が、奇しくも?
私の誕生日でした。

 

とうとう私も“後期高齢者”突入と気分も沈みがち。でも知人からの
バラの花のプレゼントや、娘が招待してくれたバースデーディナーで
幸せな気分にー。
誕生日には必ず、今は亡き両親の墓参りと実家の御仏壇へ・・・。
自分を生んでくれた事への感謝と、健康で過ごしている事の報告を
してきます。

5月15日(土)
「サガン鳥栖」対「大分トリニータ」の試合が、アウェーでありました。
今季、上位制覇を狙う位置にある我らがサガン鳥栖は、負ける訳には
いかない試合、ところが「1対1」の同点にされた挙句、PKまで与え
てしまい覚悟を決めかけた時、GKの素晴らしいセーブで、ドローの
ままで試合終了。
試合内容も浮き足立っていただけに・・・「負けなくて良かった!」
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年5月13日(木)

4~5日間の灰色の世界(黄砂、雨降り)をやっと脱け出した
今朝は晴れ。
“朝リハ散歩”に意気揚々と出かけた私。数日来の雨で生気溢れる
道沿いの花達が出迎えてくれ、立ち止まり立ち止まりの散歩。
先ずは、フェンス一杯に咲いているテッセン。

少し歩いていると、一夜花と言われるサボテンの花。
あまりにも神秘的な美しさに、声にはならず息を呑んだまま立ち
尽くす程・・・。

帰り着いた我が家でも、ヤマボウシに白ウツギ、ホタルブクロと
賑やかにお出迎え!
造物主に感謝のフラワーデー!

5月9日(日)。
毎年“母の日”には、外で家族と膳を囲み、私は身体を休める事が
できたが・・・。
コロナ禍の今年は、会食はなし、娘達からの“カーネーション”や
お菓子の贈り物だけで終わりました。

本当に“コロナ”は、普通の生活も家族の行事さえも奪ってしまう
魔物のようです。
コロナ収束は“一人一人が自分の命は自分で守る事”が基本では?
と思います。

5月8日(土)。
常勝ムードに包まれ4連勝を狙う、サガン鳥栖イレブンとサポーター
の熱気の中、ホームでサンフレッチェ広島との闘い「0-0」のドロー。
負けはしなかったが、イレブンの表情は“負け”の落胆ぶり。
声を限りの応援ができない、もどかしさがあったけれど・・・。
サガン鳥栖! 大丈夫! 大丈夫!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2021年5月6日(木)

今朝は快晴。朝と午後からの気温差が大きく、体調を維持するには
悩ましい今年の5月。
義弟の庭中では、バラのアーチが華やかに初夏を演出。

 

我が家の庭では新緑の若葉が茂り、ミルキーウェイの白い花が頭上で
青空に映えて

 

足元にコバノズイナが、強い陽射しに艶やかな光沢で応えている5月
の朝。

今年のゴールデンウイークは“外出自粛”強化により、殆ど外出せず
普段できていない所の、片付け物や“衣替え”をしようと思って
いましたが、天候不順で寒かったり雨が降ったりで、完全に夏物と
入れ替える事はできませんでした。
夫は市長となって以来、今年は公務も行事もない“完全休暇”と
なったものの、相変わらず畑仕事や草取りと“休めない男”でした。
それでも気分はゴールデンならぬ“グレーウイーク?”。
私は夕方の“リハ散歩”は、時々城内公園を歩きます。
高さ30mほどある大木の“ユリノキ”に花が咲いていました。

濠に浮かぶ、花菖蒲の幽玄の佇まいにコロナで滅入る気分が
少しは解消しました。

5月1日(土)。
上昇気流に乗る我らがサガン。
ホームで徳島ヴォルティスと対戦。夫と応援に駆け付けました。

新加入+若手の布陣で、圧巻の「2-0」の完勝。
3連勝と勢いは止まらず。
スタンドの私達サポーターは、熱烈ムードで燃え盛るよう。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.