2021年1月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2021年1月25日(月)

先週後半は暖かい日が続きました。
この暖かさは畑の野菜に
春の準備を促しているようです。
今週の花は椿、紅白2種類です。

 

先週、月曜の夜、役所から電話が入りました。
その日は午前中、佐賀中部広域連合の会議がありましたが
その会議に参加していたメンバーの中に
会議後、体調を崩した人がいて
新型コロナウイルス検査の結果
陽性の反応が出たとのことでした。
私は濃厚接触者には該当しないけれども
感染者から2メートルぐらいのところにいたので
「一応、注意していてください」とのことでした。
念のため、その夜から、
家族とは一定の距離を置く生活となりました。
娘は早速ドラッグストアに行き
除菌剤を買い込んできたようです。
妻は私が家にいるときはマスク着用と相成りました。
家の中でマスク姿となると
家族の団らんがいっぺんに吹き飛んだ感じです。
公務でも、もしもの場合を想定して
予定されていた式典など
人が集まるとこへの出席は自粛しました。
もちろん、通勤にはバス利用をやめ
朝は妻に送ってもらい
帰りは「街中視察」を兼ねて、徒歩にしました。
金曜日に念のため、PCR検査をしてもらい
結果は陰性でした。
検査結果を聞き、ほっとしたその日の夕方から
バス利用など、いつもの生活に戻りました。
4日ほどの「自粛生活」でしたが
普通の生活をできることが
いかに大事であるかを再確認させられました。

23日(土)は夕方、B2・佐賀バルーナーズの応援。
SAGAサンライズパーク体育館で
山形ワイヴァンズを迎えての試合です。

この試合、序盤からずっと、山形にリードを許し
イライラ感が募りました。
終盤にやっと逆転しましたが最終盤に同点とされ
残り6秒のところでフリースローを与え、「万事休す」でした。
試合を振り返ってみますと
フリースローの確実性が勝敗を決したようです。
久しぶりの「ハラハラ・ドキドキ感」でした。

 

2021年1月18日(月)

先週後半、寒さは緩みましたが
日曜日には、また冬型天気に戻ったようです。
まもなく暦の上では大寒です。
それでも、我が家の畑では
ナズナの花(ぺんぺん草)も見られ

他の雑草も元気で、春の近まりを感じます。
今週の花は一輪の梅と冬知らずの花です。

 

13日、さが農業女子サミットがメートプラザで開催されました。
県内各地からの農業を営む女性が集まり
体験発表と意見交換をする場です。
佐賀市代表で発表された方は
米18ha、麦27ha、大豆9ha、玉ねぎ60aなど
作付けする大規模農家の主婦であり農業者でもある方です。
私は発表者のお義父さんと知り合いだったので
今から50年ほど前の田園風景や農作業体験を織り込みながら
懐かしく歓迎のあいさつをしました。

13日から15日までは令和3年度の当初予算査定でした。
「新型コロナ」のために市税収入の減が24億円ほど見込まれます。
国からの補填措置もいくらかありますが圧倒的に歳入不足です。
その分、歳出を抑制しなければなりませんので大変です。
「心を鬼に」しなければならないのが辛いですね。

日本でコロナ発生者が確認されてから1年になりました。
全国的に感染拡大が続き
佐賀でも毎日感染者の記録を更新している状況です。
17日までの感染者数は
全国で33万人を超えました
佐賀県で763人
佐賀市で221人
佐賀市の公立保育所でもクラスターが発生しました。
当該保育所の一部閉所など余儀なくされ
保護者の皆様にご迷惑をかけることをお詫び申し上げます。
市民の皆様、3密回避、マスク着用、手洗い励行など
感染防止策の徹底をお願いいたします。

 

2021年1月12日(火)

先週は九州地方へも寒波が流れ込み
7日は山間部では立ち往生する車が出たとのニュース。
8日の朝は佐賀の平野部で4cmとのこと、
通勤時間帯に「交通渋滞が発生しなければよいが」と思いながら
いつもより1便早いバスを狙って、
滑らぬように注意しながらバス停へ。
ところが、予定のバスはまだ来ていない。
このバス停では予定時刻を15分過ぎたころから
待っていた人たちがバスをあきらめ「歩き」に変え始めました。
私がスマホで遅れの模様を問い合わせると
25分ほどの遅れが出ているとのこと。
私は市営バスの「売り上げ増」を願ってバスを待つことにしました。
やっと着いたバスも貫通道路に出るまでが大渋滞。
いつもより約50分遅れで市役所到着。
この寒さ10日まで続き、9日朝の積雪は我が家の庭で5cm。

今回の寒波のため、恒例の消防団出初め式は中止となりました。
久しぶりの積雪に我が家の近所では
親子で雪だるまづくりや雪ぞり遊びを楽しむ姿が見られました。

庭ではメジロがエサを探していたので
みかんを輪切りにして山茶花の枝に刺しました。

このエサ、ヒヨドリに独り占めされないとよいのですが・・・。
今週の花は、寒さに耐えている山茶花と椿のつぼみです。

 

10日午後は佐賀市の成人式。

今年、佐賀市で成人式を迎えられた方は2,402人です。
昨年までは、旧佐賀市域在住者の皆さんには
市文化会館の大ホールに集まってもらっていましたが
今年はコロナ禍での開催のため
文化会館の大・中ホールとイベントホールの
3会場に分けての式典となりました。

 

このほかコロナ感染拡大を防止するため
いろいろな防止策をお願いした式典となり
新成人にとっては少々窮屈な思いをされた式になりました。
加えて、式典後はカラオケや
グループでの会食など控えるよう特別のお願いをしたので
余計に息苦しさを覚えられたかも知れません。
佐賀でもコロナ感染者が急増しているためのお願いなので
新成人の皆さんにも理解は頂いたようです。
私が出席した文化会館大ホールでは
私語がほとんどなく立派な成人式でした。

アメリカの民主主義、大丈夫でしょうか。
トランプさんが一人でぶっ壊しているようです。
自分の主張が通らないからと言って、支持者を煽り
連邦議会議事堂を襲撃し、混乱させるようなやり方は
民主的な国家では許されないことです。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
医療関係者も懸命に頑張られていますが
佐賀でも増えてきました。
正月3が日を過ぎたころから一挙に増えました。
11日現在、
世界での感染者数は9千万人を超えたそうです。
日本では29万4千人を超え
佐賀県では608人、佐賀市では187人になりました。
皆さん、3密を避け
マスク、手洗い、うがいを励行してください。
あなた自身のために、そして、あなたの家族のためにも・・・。

 

2021年1月5日(火)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
新しい年が皆様にとっても幸せな年になりますようにお祈り申し上げます。

暮れから正月にかけて大寒波襲来の天気予報で
日本列島、大荒れが予想されていました。
この寒波により佐賀でも積雪や
水道管凍結など混乱を覚悟していましたが
大混乱に至らず幸いでした。
今年最初の「今週の花」は近所に咲く蝋梅にしました。
香りがいいですね。

暮れの29日は年末行事の一つである消防団の年末警戒激励式。
今回は寒波襲来の予報のもとでのこと
夜の厳しい冷え込みを覚悟していました。
ところが家を出たところで雨が降り出し、中止の連絡。
しかし、式はなくとも
警戒を呼び掛ける「カーンカーン」という消防車の鐘の音は
29~30日の夜、ちゃんと聞こえていました。
消防団員さんたちの寒い中での活動に心強いものを感じました。
団員の皆様への感謝の気持ちはいつもの年と変わりません。

例年、大晦日から元旦にかけては公務が入りますが
今年はコロナのため、私の出番はなくなりました。
おかげで、ゆっくりとした新年を迎えることができました。
それでも地元の神社でのラジオ体操は欠かしませんでした。
その後、「曇り空で見えないかも?」と思いながらも
「初日の出」を拝みたくなり
西与賀地先の有明堤防まで行きましたが
やっぱり、拝むことはできませんでした。
2日の朝もダメ。
正月3が日の最後の3日の朝、やっと拝むことができ
市民の皆様の安寧を祈りました。

4日は早くも執務始め。
年度末を控え、毎年、多忙な時期となりますが
今年はコロナワクチンの接種事務も加わりそうです。

接種は集団接種となりそうで
集団接種に慣れない市役所も準備に大変な模様です。
ワクチンの「スムーズな接種」のために
市民の皆様の協力は欠かせません。
順番待ちなど市民の皆様のご理解ご協力を切にお願いします。
できるだけ早くコロナ騒動を終息させるためにも・・・

 

 

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.