2020年12月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2020年12月24日(木)

今年も一週間残すだけとなった今朝は、冷たい雨の朝となりました。
先週まで燃える朱色を誇っていた、我が家の庭のモミジも雨に打たれて
濡れ落ち葉絨毯と、うらぶれて・・・。

 

折しも今日は、クリスマスイヴ。
家の玄関は、クリスマス飾りでムードも盛り上がっているが、外は
冬木立の寒さ、ひときわ。

 

12月19日(土)。
ホームで今シーズン最後の試合「大分トリニータ・サガン鳥栖」戦。
夫も最後の試合観戦(応援)ができ、気合十分。

サガン鳥栖は、点を取られて追いつき、又取られて追いつく、力強い
試合運びで「2-2」のドローに持ち込んで終了。
若手の台頭と攻撃・守備の一体化のイレブンの新たな“サガンの姿”が
焼きつきました。
喜びの涙の後、翌日の竹原社長辞任という衝撃の発表に、痛切な思いの
涙が・・・。
社長のサッカーへの熱い思いと、J1に10年、在籍できた誇りは忘れ
ません。
私達に夢と感動を与えて下さった竹原社長お疲れ様でした。素晴らしい
サッカーを有り難うございました。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

12月19日(土)の夜。
「兵庫まちおこし隊」によるトンボの池公園のクリスマスツリーや
ペットボトルランタンのイルミネーションを見に行きました。
サッカー観戦の余韻がさめやらない目には、ランタンやイルミー
ネーションも殊の外、美しく詩情溢れる世界に映りました。

数奇な運命を課せられた令和2年でしたが、今年一年間、有難う
ございました。来る令和3年も、よろしくお願いします。

 

2020年12月17日(木)

今朝は、冬空とは思えない目が覚めるようなスカイブルーの青空。
我が家のモミジが、燃える紅蓮色で応えるかの如く美の競演を・・・。

 

足元にはシャコバサボテンが、暖か味のある陽射しに映えて、師走の
元気を与えてくれる。

 

こんなに美しい青空、清涼感に満ちた空気にも“コロナ菌”は浮遊
しているのだろうかと、信じられない思いに囚われる朝でした。

12月12日(土)。
約1ケ月ぶりにホームでのサガン鳥栖応援、相手は今季覇者の
「川崎フロンターレ」。
「引き分けで御の字」と自分に言い聞かせながらのスタンド入り。
友人と共に「声を出してはいけない」約束も守り? ひたすらジャバラ
折のセンスを叩いて観戦。

激しい攻防にドキドキし、好プレーに、つい声を上げそうな感情の波状を
繰り返して、「1-1」の引き分けで終了!
興奮は頂点へ・・・、若手選手の機動力と得点への執念が今季王者と互角の
ゲームを展開!
12月16日(水)はアウェーで、セレッソ大阪と対戦。強豪相手の
ゲームでも「2-1」の勝利。
サガン鳥栖スタイルが定着した全員サッカーの結果。
強きに強いサガン鳥栖。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

ついに、とうとう、やっぱり・・・。
令和2年は、コロナで始まりコロナで終わらず・・・、来る、令和3年
元旦も第3波コロナの襲撃とどまらず、年末年始のGOTOトラベルも
GOTOイートも抑制のお達しが。
感染を避ける為に必要だと頭では思うが、“かき入れ時”を閉ざされた
方々の窮状を思うと、胸がやり切れなさで詰まりそうになる。
コロナウイルスよ、早く消滅して下さいと祈るばかりです。

 

2020年12月10日(木)

今日は、師走らしい寒さの朝。
どこまでも突き抜ける青空が広がり、魅せられるように庭先へ。
庭には大樹のモミジがあり、青空を覆うように真紅のモミジが
広がっていました。
玄関先のモミジと違って威風堂々?

隣の娘宅の庭には、タイワンツバキの白い花が可愛く、

 

黄色に紅葉したモミジも趣きを放っていました。

 

令和2年もコロナと共に後3週間・・・。

12月5日(土)
アウェーで、サガン鳥栖は横浜FCと対戦。サガン14位、
横浜15位。結果次第で順位が入れ替わる試合。
負けられない同士が、激しく渡り合う中、サガンは先取された後
献身的な守備と攻めで「1-1」に引き込みました。
この日私は、バスケットB2リーグ「バルーナーズ」の応援 !!
残念ながら名古屋に「63-81」で今季3連敗。
ファイト! バルーナーズ !!

 

そして、サガン闘魂に乾杯 !!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

返す返すもこの一年。令和2年1月から日本全土を席巻した
“新型コロナウイルス“の猛威。
第一波、第二波・・・少し落ち着いて“第三波”。
北海道、東京、大阪から南下して、佐賀県も昨日は7人陽性患者と
足許から波が打ち寄せてくる様な、不安感に襲われる。
もはや、個人の力では防ぎようがないかと思いつつ、一人一人が
基本の新しい生活習慣を真面目につづける事が、我が身と他人も
守る事と思い返す日々です。

 

2020年12月3日(木)

第3波のコロナが再び佐賀に押し寄せようとする中、とうとう師走。
今朝は晴天、太陽の陽射しを受けながら、孫を幼稚園へ送りがてらの
“リハ散歩“
道すがらに見た、大木の紅色の山茶花に息を呑み、

近所の庭には八朔が鈴なりにつやつやと・・・。

 

冬も良いものだなぁーと、我が家に辿り着くと玄関先に、今を盛りの
真っ赤な紅葉が出迎え、

 

庭に回ると、水仙が楚々とした香りを放ち、

 

チロリアンランプがまだまだ元気に・・・。

 

季節外れというより、気候変動の為せる技か?

11月28日(土)
久しぶりに夫と、近郊の山を訪ねました。
初冬の山あいには、風物詩の“柿すだれ”が、輝くように連なり
圧倒される美しさ。

 

知人宅の庭先に、赤い実を一杯つけた縁起物の千両が、見とれていると
数本切って下さり、有難く我が家の玄関先に活けました。

11月29日(日)
我らがサガン鳥栖は、アウェーで「ガンバ大阪」と対戦。
リーグ2位のガンバ大阪を相手に何と「1-1」のドロー。
しかも先取点を取ったのは、サガン鳥栖の初先発、初ゴールの高校3年生!
怒涛の如く攻め入るガンバ大阪に、総力を挙げてゴールを死守した守備陣!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.