2020年11月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2020年11月26日(木)

今朝は、この時季らしい冷えを感じる低温。空は朝焼け?
久しぶりに孫を幼稚園に送りながらの“朝のリハ散歩”
孫曰く「これが3人(お母さんも一緒)だったらいいのになぁ~」と
典型的な“お母さんっ子”
幼稚園に送った後、足を伸ばすと「ワァー」と思わず声が出る程の
濃いピンクのサザンカが、空を覆う程に八方に咲き誇り、

 

足もとには丈の短い、白サザンカが可愛らしく。

 

初冬の風景に満足して帰宅。
開花を待ち望んでいた我が家の皇帝ダリアが気高く、薄ピンクに咲き
そびえて・・・。

11月21日(土)。
サガン鳥栖、バルーナーズファンの私達にとって、この日は祝杯を挙げた
爽快な日でした。
サガン鳥栖は敵地で、柏レイソルに「2-1」で勝ち、7戦負けなし。
バルーナーズは、諸富文化体育館で越谷アルファーズにシーソーゲームで
「89-79」の競り勝ち。

久しぶりにWの喜び!
…続く11月25日(水)。
サガン鳥栖は、連勝をかけてホームでベガルタ仙台と対戦。
上昇気流に乗ったサガン鳥栖に期待度マックス!
だったけれど・・・。
「0-1」の負け。晴れ後、雨の気分。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

コロナ第3波で、令和2年がしめくくられるのか?
今年も後4日程で、年末の12月を迎えようとしています。
年々、過ぎる日の早さを感じる私にとって、この時期は正月を前にして
繁忙を極める日々でもあります。
その一つとして、約50年続く年賀状の整理です。
遠くに住んでいてなかなか会えない人や友人等への年に一回の近況報告です。
去年頂いた方へ失礼のない様、“喪中”に在るお宅のハガキを
減らします。
気のせいか、ハガキの枚数も年々少なくなって、一抹の寂しさを
覚えながらの一仕事です。

 

2020年11月19日(木)

晩秋というのに、この数日は暦が後戻りしたかの様な10月初旬の気温。
温もりを通り越し、汗ばむ陽気でした。
今朝は、珍しく曇天。夕方から雨になるというので“朝リハ散歩”をする。
季節外れの天候に、季節外れのハイビスカスが娘宅の庭で“我が世の夏”と
ばかりに咲き誇り・・・。

 

と思えば、散歩の道すがらに今が旬?の皇帝ダリアがそびえ、

わがやの玄関先には、モミジが綾錦の様に紅葉し、絢爛豪華さに目を奪われます。

夏・秋混在の花模様に囲まれて歩きました。

11月15日(日)。
♪~この子の七つのお祝に~♪
7歳になる孫の七五三参りを、氏神様の本庄神社でしました。

この土地で生まれ育つ、孫の健康・成長と幸せをお願いして手を合わせ
ました。

11月14日(土)。
サガン鳥栖は、遠く離れた敵地で「北海道コンサドーレ札幌」と対決。
先制したものの「1-1」のドロー。
連勝は逃したけれど、ベテランの奮起と17歳の新戦力の台頭で堅守、
躍動する攻撃の展開で、好ゲームの結果引き分け。
行く手は明るい !!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

令和2年の幕開けと共に始まった“コロナ戦争”。
多くの感染者を出し、経済も揺るがし猛威を振るったコロナ禍も落ち
着いて、やっと経済復興に軸足を置き始めた途端、首都圏や北海道で
感染者数がうなぎ上りに・・・。
佐賀もしばらく「0」だったのが、昨日は「4人」と。終息は無理でも
年末には収束しているだろうという淡い期待は、木端微塵に打ち砕かれ
て、第3波に再び翻奔されるのでしょうか?
今こそ、一人々が自己責任を自覚して、マスク・手洗いの消毒と基本予防
を真剣に励行しましょう。

 

2020年11月12日(木)

今朝は肌寒くあったものの、快晴で澄み渡る青空。
コロナ禍、出張も遠ざかっていた夫が9日(月)~12日(木)の東京
出張が入り、我が家は4日間のカカア天下。
でも、このコロナ禍の時期、何処か友人と旅行しようとしても気力がなく
“弁当作り”から解放され、ゆったりとした迎える朝も今日までと・・・。
庭や畑を一回り、ツワブキの黄色の花が、朝陽を浴びて活き活きと咲いて
いました。

 

11月8日(日)の午前。
幸せな事に秋らしい好天気に恵まれ、夫と近郊の山へドライブ。
気候変動で大雨、巨大台風等々、自然脅威に怯える日もあったけれど
“自然”は又、季節の移り変わりの美しさも、私達に与え給う・・・と
感謝しながら、色付きつつあるイチョウの黄やモミジ、ハゼの赤を楽し
みました。

晩秋になれば、もっと色濃く緋色の風景になるだろうなぁ~と、夫と
言いながら山を下りてきました。

11月8日(日)の午後。
サガンは敵地で、ベガルタ仙台に「3-0」で勝利!
10試合ぶりに待ちに待った「白星・完勝」
ずっと胸につかえていたものが、消化剤を呑んだかのように
爽やかに・・・。
有難うサガンイレブン!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2020年11月5日(木)

今朝も快晴。
ヒンヤリとした空気に、身をひきしめながら我家の庭を一回り。
ピンク色のサザンカが淡く、ひそやかな趣きを湛えて1~2輪。

 

夏咲きのチロリアンランプが、頑張って咲いていたので玄関先に
挿して愛でました。

11月1日(日)。
霜月を実感させる冷え込みの中、“ついたち行事”を大急ぎで
済ませ、空を仰いだら――。どこまでも青いスカイブルーの空。

 

そこへ、バルーンが次、次と街なかを飛んできて、目の前に!
思わず、手を振るとパイロットの人も応えてくれて・・・。
懐かしい思いと嬉しさがこみあげ、夢中でシャッターを切りま
した。
佐賀の晩秋の空には、バルーンがあってこそと。

 

午後からは、夫が楽しみにしている孫との、我が家の畑で
“芋掘り”。
おいしそうな大きな芋の収穫に、家族揃ってニッコリ。

11月3日(祝)。
サガン鳥栖はホームで、好調の名古屋グランパスと対戦。
「0-0」の引き分け。得点はできなかったけれど、新加入の
GKのビッグセーブで、点を取られる事もなかった結果でした。
「勝ち」は遠のいているけれど、守りが堅くなっている。
嘆くなかれ! 攻撃サガンの意気高めるべし。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 


 

 

 

妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.