2020年9月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2020年9月24日(木)

今朝は、夜来の雨が残りシトシト降り。
やっと時季に応じた雨模様。
今朝の“リハ散歩”は近所をひと回り。道路沿いには彼岸花に似た
オレンジ色の“ネリネ”が美しく咲き、

我が家の畑には、真っ赤な鶏頭の花が旬の美しさを・・・。

私の全身に“秋さわやか”気分が、満ち渡るようでした。

9月20日(日)は“秋の河川清掃”の日で、例年の如く我が家に用具が
届けられ、班ごとに分配、今年は娘宅の玄関前に並べました。

 

相変わらずの夫は、“自分が先頭に立って~”の思いからか、
人に任せきれず、私から見たら無理しているように見えます。
草刈り機を持って足場の悪い所を・・・、足が抜けず倒れそうに
なったりして、冷や冷やしました。

清掃が終わって午後から、日帰り温泉へ埃落しに。
行く途中の田園には、赤白の彼岸花が・・・。

9月21日(祝)。
夫と娘と3人で、彼岸の墓参り。
秋晴れの清々しい空気で、四か所の墓参りも爽快さを感じながら
お参り、お墓の周りには“ムラシキゴテン”の花。
幽玄の趣きを湛えて・・・。

一週間に2回試合という厳しい連戦が続く中、今週も19日(土)
ホームで対横浜Fマリノスと、23日(水)は敵地で対ヴィッセル神戸
と、サガン鳥栖は2戦を戦いました。

 

昨年王者の横浜には、前半で3点取られたものの、一矢報いて「1-3」
で負け。
続く、神戸戦はシーソーゲームで「3-4」の競り負け。
「勝ち」への執念の差とも思えたけれど・・・。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2020年9月17日(木)

昨日、今日と城内公園をリハ散歩。
清掃の行き届いたお濠周りには、木に咲いているアメリカデイゴ?の赤い花や

 

道際にはタマスダレ等が、秋めく季節を演出して・・・。

先月までは、お濠を埋め尽くしていた蓮も、夏の名残りの一蓮となり
彼岸を迎えようとしています。

 

9月13日(日)は、隣に住む孫の7歳の誕生日でした。
夫の3期目の、選挙戦真っ只中に生まれた孫も7歳になりました。
丁度、知人から頂いた栗があったので、祝膳に“栗おこわ”を炊いて
お祝いしました。

 

9月13日(日)、対柏レイソル、9月16日(水)、対コンサドーレ札幌と
2日おきのホーム戦が、過密日程でありました。
柏レイソル戦では、ルーキーとベテランの活躍で「2-1」の逆転勝ち!
しかも3連勝 !!

久しぶりのホーム観戦の私は、狂喜乱舞?の有り様、夢のよう。
娘からも、「サガン鳥栖勝利おめでとう! 今日はアヤの誕生日にうれしい事
づくしです。」とお祝いメールも・・・。
喜びも束の間、昨日(16日)のコンサドーレ札幌戦では、無得点で「0-2」
の負け。
でも、何度も試練を乗り越えてきた我らがサガン !!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2020年9月10日(木)

今朝は肌寒く、庭の其処此処に秋の気配。
夏から秋へのキバナコスモスを眺め、畑の“芋づる”も収穫期?

 

夫は旬の物、芋づるのキンピラが食べたくて、芋づるの皮をむいて
私の目の前へ・・・。

 

朝食をしながら、フト窓の外に目をやると、ピンクの芙蓉の花が・・・。
何かしら、侘しさを感じた朝でした。

10日(木)。
今日は15年間秀島敏行後援会事務局の一員として、支え続けて下さった
方の葬儀がありました。
数日前、急変を知らされ夫と入院先の久留米の病院へ。その日は時間外と
いう事で面会できませんでした。帰り路、千栗八幡宮の146段の石段を
やっとの思いで登り夫と共に彼の再起を祈り、翌日又、伺って面会が出来
ました。
2人で手をさすってやると、かすかな声で「ぬっかー」と。
この声が私達が聞いた、彼の最後の声となりました。
闘病と、地域や人の為の役割を、長い間果してきたあなたへ・・・。
心から感謝、本当にありがとうございました。

コロナを克服したサガン鳥栖が、再開初戦を「3-0」の快勝!
時は9月5日(土)、ホームで相手は強豪横浜FC!
続く9日(水)は、アウェイでの対浦和レッズ戦。「2-2」の引き分け!
いずれも若手の台頭で“ゴールが近くなった?”
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

9号に続き、“経験した事のない”“命の危険”等と、最大級の10号が
佐賀県に最接近したのは、9月7日(月)の午前2時半頃から6時半の
4時間。私は一人で耐えて朝を待ちました。暗闇の中で聞く、不気味な
風の音。
夫はすでに、6日(日)の午後8時から市の対策本部に泊まり込みで不在。
緊張して吐き気を催すほどで、眠る事が出来ない一夜でした。
でも結果、何もなく無事に通り過ぎて安心しました。

 

2020年9月3日(木)

昨夜半から未明にかけて佐賀に最接近した台風9号。
吹く風の音の強さで眠れぬ一夜が明けて、晴れ間も見える庭先へ・・・。
庭の被害は目立ってはなかったものの、花畑ではケイトウの花が横倒れ、

 

木の枝葉が散らばっていました。痛めている右肩をかばいつつ、朝から
掃き掃除。
娘婿が、精魂込めて育てている黄色と真っ赤なハイビスカスは、玄関の
軒下に避難させていたので、無事で私をホッとさせてくれました。

台風一過・・・、ホッとする暇はなく、週末に更に強大な10号が迫って
います。

8月30日(日)。
日曜日は「NO弁当デー」なので、朝のリハ散歩も足を伸ばし、城内の
お濠公園を回りました。
この日は、東与賀町から毎日、朝夕、城内公園の散歩道を掃除している方
と出会いました。

 

「蓮」を守る人や、お濠の周囲を清掃する人等、黙々と人知れず、奉仕を
続けて下さる方々が居てこそ、城内公園が市民の憩いの場となっていると
思うと、その“奉仕魂”に感謝の頭を垂れながら、歩かせてもらいました。

 

9月1日(火)。
「有為転変」の世というものの、最近の世情は私達に“人間の無力”を
つきつけられる事ばかり・・・。
一日行事の“塩まき、酒清め”も、ふと虚しくなる一瞬もありますが、
いいえ、一年365日、家内安全、健康を祈ってお願いしているから
“普通に生きていく事ができる“と思い直して、さらに気持をこめて
続けていこうと思いました。

 


 

 

妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.