2020年7月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2020年7月30日(木)

7月30日。
朝から青空が広がり、元気な蝉合唱!

「梅雨明けした模様」の気象情報。
我が家の畑も大雨にいたぶられ、カボチャは腐れて悲惨な状況に。
それでも生き残った野菜達の花や、

 

紫色のジュランタンバイオレットやギボウシ、山野草の小花達が
カッと照りつける陽射しに、立ち向かって再生を誓っている様に
見えて・・・。

ホームでの22日(水)、26日(日)19時からの2連戦。
とにかく、ここまで“0”行進中の我らがサガン鳥栖。
22日(水)の対清水エスパルス戦。夫は、急に公務が入り来られず
友人夫婦と応援。

先取点を取られ、暗雲立ち込め気も滅入りそうになったが後半、念願の
ゴールで1点を返し「1-1」の引き分け !!
ゴールできて、負けなかった喜びで、帰途に着きました。
26日(日)は応援に行けなかったけれど、対セレッソ大阪戦。
ここでも若手がゴールし「1-1」の引き分け!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

TVをつけても新聞を広げても、コロナニュースが登場しない日が
ないまま、第2波襲来?
感染拠点が、東京以外の大都市で増加傾向になっているとの記事。
佐賀県でも、しばらくは“0”が続いていたのに隣県で感染者が
増えたのに呼応するかの様に、1日2人、3人と・・・。
罹患する世代も、30歳~40歳代、若者~児童へと、裾野が
広がっているという。
一日も気が休まらない日々が、どこまで続くのでしょう・・・。
でも、くじけてはいけないと自分に言い聞かせる毎日です。

 

2020年7月16日(木)

今朝は雲の隙間から覗く、久し振りの青空。
梅雨明け予告?の蝉の声。
蝉の姿を見つけようと木を見上げた途端、パッと逃げて行った蝉。
皇帝ダリアの葉に残された蝉の抜け殻が!

 

全国にまたがって、災害の爪痕を残した7月豪雨の犠牲となった
人々を偲びつつ・・・。
ガーベラの赤い花、ルドベキアの黄色の花、ギボウシの花等に
声をかけながら、庭をひと回りしました。

7月12日(日)。
今季初の観客を入れてのホーム戦、「サガン鳥栖×サンフレッチェ広島」。

応援の行きがけに友人宅に寄り、臭木の花に止まっているアゲハチョウを
見つけ、「吉兆」と思い「今日はきっと!」と勇んで会場へ。

観客数は2694人と少なかったものの、待ちに待った生応援!
夫とも離れた席に座っての観戦。
「0-0」で得点こそなかったが、相手にも点を入れさせなかった試合に
思わず声が !!
前の席の人からジロリと睨まれて・・・。
一抹の寂しさを覚えながら帰途へ。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

後援会活動も十数年。
年月と共に、携わる人間も高齢化? 加齢現象と片付けてきた物忘れ、
思い込み、勘違い、会話のちぐはぐ等々・・・。
私と同年齢の方とは、長年の知り合いの気安さから裸同然のやりとりで
交わされる珍話も、若い人から「昔から天然では?」とバッサリ。
久し振りに、大笑いの事務所。

 

2020年7月9日(木)

連日の豪雨被害報道の中、昨日から束の間の、雨の小休止の今朝。
リハ散歩も控え、庭の見廻り。
雨に打たれた庭の草花もなんだか愁い顔。
アサガオの顔も曇りがち、

私の心情を映すかのように・・・。
植えた覚えのないオニユリが、1株花を咲かせ「元気出して!」の
メッセージ。

7月4日(土)。
夫の78歳の誕生日。 元気です !!

 

夫は朝のラジオ体操後、産み育ててくれた両親に感謝と恙ない
毎日の報告をしてきました。
お墓参りを済ませてから、赤飯を持って夫の実家の仏壇へ手を
合わせてきました。

ですが、南九州での「大雨特別警報」が出され、祝気分もそがれ
「線状降水帯」の移動に目を光らせて、防災対策をどうしていいか
頭をめぐらせる誕生日となりました。

7月7日(火)。
今年の星祭~七夕の日は「大雨特別警報」が出る程の降雨で、天の川も
見えない夕べとなりました。

それでも夫が切ってきた笹に、孫達は願い事の短冊や飾りを親子で結び
車庫に飾りました。
一年の健康と安全な生活が出来る事を願って・・・。

7月8日(水)。
我らが“サガン鳥栖”のホーム開幕戦。
ホームでの第1勝を願ったものの・・・。ヴィッセル神戸に「0-1」と
惜敗。コロナ影響で振り回される中での無観客戦。
次回12日(日)は、5000人以下の観客を入れての、ホーム第2戦。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2020年7月3日(金)

今日は、朝からやっと雨を堪えた曇り空。
足の調子が悪い私は“リハ散歩”を休止して庭を回る。
近所の家のムクゲの花が、灰色の空高く白い花を咲かせ、

隣の娘宅には、ハイビスカスの花が情熱的に。

 

我が家の庭でも、ヒメヒオウギスイセンのオレンジ色の花が
咲きそめて・・・。

うっとうしい梅雨を吹き飛ばしてくれています。

7月1日(水)。
年に一度の恒例行事“人間ドック”の日。
朝早く“ついたち行事”の家の四方への塩、お神酒をまき家内安全を
祈りながら、人間ドックの結果も悪くないようにと・・・。
毎年友人夫婦と、一泊2日の佐賀市立富士大和温泉病院で、休息と
健康チェックをし、“忙中閑有り”のリフレッシュ。

6月27日(土)。
梅雨前線の活発化で、未明から早朝にかけて大雨が降り、「大雨洪水
警報」が発令。夫は土砂降りの中「災害対策本部」へと出かけました。
我が家の横は、既に道路が冠水していました。

 

この日は、その後雨が止み、難を逃れましたが昨年の「大災害」の
記憶が生々しいだけに「大雨」の言葉一つに、怯えさせられます。

6月28日(日)。
昨日の雨が、嘘のような好天気。
夫は、ラジオ体操を済ませて帰って来ると、朝食も摂らず「権現さん」の
敷地の草刈りへ。涼しい内にと出かけましたが、2時間経っても帰って
きません。心配になって見に行くと、神社だけでなく空き家の敷地外側
の草刈りや、付近の草むらまで刈っていました。

 

何を言っても一蹴する夫ですので、食事も摂らないで3時間「人の心配も
知らないで・・・」と呟くしかない私です。

 


 

妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.