2019年12月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2019年12月26日(木)

年の暮の気忙しさの中、今朝もリハ散歩励行中。
昨日来の雨で、はっきりしない空模様でしたが、歩いていると
近くの川岸にコスモスを発見!

 

雨に打たれているものの、正月を控えてのピンクの花に感動。
家には、知人から頂いた正月飾り用の真っ赤な南天。秋冬入り
混じり、暖冬の歳末です。

21日(土)。
毎年恒例の兵庫まちおこし隊事業の「夢フェスタひょうご2019」
の開会式に夫と共に参加しました。

巨大クリスマスツリーや、子ども達の手作りのペットボトルランタン
のイルミネーションで、華やかな雰囲気を醸し出し、しばし夢の郷を
楽しむひとときを、過ごしました。

 

今年は、平成、令和と年号が2つという一年になりました。
我が家にとって、この一年はある意味、公私とも波瀾万丈?
私にとっては特に昨年、肋骨骨折、骨盤骨折で入院。リハビリに専念し、
欠かさず「リハ散歩」も続けていました。
今年の11月に又もや、「リハ散歩」中に、後ろから来た自転車を避けよう
として転倒、右肩筋断裂という怪我に見舞われ「イタイ、イタイ」の一年
になってしまいました。
又、愛する「サガン鳥栖」のJ2降格の危機に、悲喜交々の日々を送り、
心痛もしましたが、瀬戸際でJ1残留が決まり、神仏に手を合わせる程、
感謝、喜びも味わいました。
サガン鳥栖応援は、私の心の杖となったし、周りの皆様の支えのお蔭で
この一年を、無事過ごすことができました。
今年は改めて健康第一の大切さを、身を持って認識させられた一年でも
ありました。
来年は、皆様と共に元気溌剌と笑顔で、過ごせますように・・・。

 

2019年12月19日(木)

師走も押しつまっているのに暖冬で今朝も温かい朝、リハ散歩がてらに
孫と手をつないで幼稚園へ。
その後本庄神社周辺を、ひと回りして家に戻り庭散策。
冬とは思えない庭の風景に・・・。
庭中に敷きつめられた紅葉のじゅうたん、オタフクナンテンやアジサイ
の葉の紅葉。

シャコバサボテン、カンシロギクに赤いビオラと、色鮮やかな冬の花達が
元気いっぱい、活き活きとした顔で咲いています。

玄関では、クリスマスツリーとシクラメンの花がこの季節の主役とばかりに
賑わしく納まっています。

 

12月15日(日)。夫と私は、午後から富士町の“落ちない岩”へ、お礼
参りに行きました。勿論、サガン鳥栖J1残留の報告とお礼です。

お願いに行った時の突きつめた気持ちと違って、今回は有難・嬉し、の気分。
そのせいか、岩の隙間の小さなお地蔵様や山周辺の景色を眺める余裕があり、
干し柿のスダレや、知人宅の庭先の“冬のムラサキシキブ”が目に入り、
令和の師走を感じました。

 

自称“無職”の私の年末の一つの仕事?
昔からお世話になっている方々への、年賀状書きの真最中です。
正月元旦配達に間に合うよう、あと、ひと頑張りです!

 

2019年12月12日(木)

朝は風が冷たかったが、晴天の下ゆっくりリハ散歩。
義弟宅の、オレンジ色のレオノチスの花が満開で、目の保養をして

 

帰宅すると、我が家の紅葉も最後の一咲きとばかり青空に映えて・・・。
ゆく季節を惜しむ気持ちがそうさせたのか? 何故か縁側でのコーヒー
タイム。紅葉を眺めながら、陽だまりの温もりにウツラ、ウツラ・・・。
至福のひとときでした。

 

今日は、令和元年の最後の満月。
私の就寝時間はいつも午前0時過ぎ、ここ1週間前から寝室に入ると
西の窓から、煌々と射し込む月の光。
神秘的な月光に包まれて、夢の中へ・・・。

12月7日(土)。
サガン鳥栖残留をかけて、清水エスパルスとアウェイでの試合の日。
夫と私は早起きし、近くの天満宮へ必勝祈願。更に富士町菖蒲にある
“落ちない岩”へ。

 

まだ骨折した足の痛みが残り、新たに右肩を痛めた私は細い道の傾斜を
這うようにして登り、大きな岩へ辿りつきました。合格祈願で訪れる人
が多いという“落ちない岩”に両手を合わせ、残留できますようにと
精一杯のお祈りを・・・。
途中、「0-1」でサガン鳥栖が負けている事を知り、ひどく落胆。
そして、そこで湘南が勝っている・・・。
でも奇跡が起こりました。最後の最後で湘南が引き分けで、結果的には
得失点差で、残留が決まったとの情報に思わず涙がこぼれました!
“落ちない岩”の力・・・。 本当に有り難うございました。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 

2019年12月4日(水)

今朝の寒さは年の暮・師走を、実感させ身が引き締まるよう・・・。
我が家の垣根には、木枯らしがよく似合う赤・白の山茶花が咲き乱れ、
白の山茶花で心癒され、赤の山茶花で元気を貰っています。

 

 

私も冬の花達に負けないよう、元気で年末年始の大多忙を、乗り越え
ようと・・・。

12月1日(日)。時の過ぎ去りは矢の如く早く、平成と令和が同居した
今年も、カレンダーが残り1枚となりました。
「ついたち行事」の、家の四方への塩・酒まきも今年最後という、
思いを添えてまいている時、独得の花の匂いが漂い、畑の片隅に咲く
水仙に気付き、あまりにも早い花咲きに驚きました。

何やかやと忙しく、11月中にできなかった孫(葵衣3歳)の、七五三
参りに地元の本庄神社に行き、お祓いをして頂き、孫の健やかな成長と
幸せをお祈りしました。

11月30日(土)。残留をかけて、ホームでの最終戦。
サガン鳥栖は、コンサドーレ札幌に「0-2」で敗れました。押しても
引いても相手を崩せず、応援する私も気力が・・・。
でも、ここで引き下がってはダメ。幾度となく降格の危機を乗り越えて
きた、サガン鳥栖!

 

来る12月7日(土)の今季最後の対戦相手・清水エスパルスは、
勝ち点36で並んでいるチーム。
絶壁の上で闘っている覚悟で、勝てばJ1残留 !!
ガンバレ ! ガンバレ !  サガン鳥栖 !!

 


 

妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.