2019年3月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2019年3月28日(木)

28日(木)。
3月もあと3日を残すのみとなり、水ぬるみ春うららの
陽気に桜の開花も始まり、心うきうきとなります。
我が家のチューリップ畑に、色とりどりのチューリップが
笑顔のように咲き始めました。
春の花は、とりわけ気持ちを和ませてくれます。

 
 

24日(日)は春日和。
マラソン日和の好天の下「さが桜マラソン2019」に参加する
友人の応援に今年も沿道に立ちました。

「一万人ランナー」の一人である友人や他の市民ランナーに精一杯の
声援を送りました。

私と同世代の友人の言葉に感動しました。
「楽しみながら走ります。今となれば走れる事がどれだけ幸せの
事か・・・。走るのは苦しいけれど、沢山の人の応援や労いー
走り終わった後、グランドの芝生に寝転がり青空を仰ぐ快感・・」
以前、走った事のある私にも同じような感覚が蘇ってきます。
本当に走れる事の幸せ・・・。完走おめでとう!!

皆様のご支援で、秀島敏行後援会活動を続けて14年目。
今年も、4月の後援会総会へ向けての準備で大忙しの時期を迎え
ました。
総会のご案内のハガキの送付、平成31年の会費の納入のお願いや
第24号の後援会だよりの送付等・・・。
本当にボランティアの皆様お疲れ様でした。

 

2019年3月21日(木)

今日(21日)は、彼岸の中日。
「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言うけれど、春と秋の彼岸で天候の
変化を言い伝えてきた日本人の繊細な季節感に、うなずくと同時に
これ以上、気候変動が大きくならない事を願うばかり。
近所では、白いコブシの花が青空に映えー。

暖かさに誘われ、城内公園を散策すると・・・。まあ ! 河津桜が
一足早い春爛漫の到来を告げて、華やかに咲き誇っていました。

3月17日(日)。
はやる気持ちを押えつつ、ジュビロ磐田対サガン鳥栖の応援へ。

リーグ戦での初勝利 ! しかもホームで「0-1」の完封。
皆が待ち焦がれていたこの1勝!
嬉しい!嬉しい!やっと花が咲いた気分!スタンド中、笑顔が
咲きこぼれました。

 

ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

朝の散歩の途中、気になる事があります。
一つは道路上にタバコの吸い殻が落ちている事。ポイ捨ての量が
増え続けるので、散歩のときに拾ったりします。
もう一つは、資源物置場から「持ち去り」が一時は無くなったと
思いましたが、又再発している事。
「公徳心」を辞書で引けば、―社会生活上、守るべき道徳―公衆
道徳とあります。
私は、一人ひとりの良心で養われるべき公徳心が、失われつつ
あるようで心配です。

2019年3月14日(木)

11日、12日の夜半、春雷の雷鳴が・・・。
庭には、ユキヤナギに沈丁花、うすピンクのアーモンド
の花、クリスマスローズと春の香りを漂わせて・・・。
春本番を迎える喜びに満たされている昨今です。

 
 

今日はやや寒い日でしたが、孫2人に手を引かれ、旧古賀
銀行で開催されている「シルバニアファミリー」会場に
行きました。

娘達が、子どもの頃大好きだったシルバニアファミリー達。
会場がおとぎの国の様で、平日という事もあって人は少なく
思う存分遊んでいる孫達を見て嬉しくなり、思わずシャッター
を・・・。

 

サガン鳥栖が、開幕5戦目にしてやっと勝利の女神に
ほほ笑まれ、柏レイソルに「1-0」の完封勝ち!
暗雲垂れこめていた私の胸に一筋の光が・・・。
次はホーム! リーグ戦でも1勝を!
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

9日(土)は、秀島敏行後援会の平成31年度第1回
地区代表者との合同会議がありました。

早朝の会議ですが、殆どの役員の方が出席して下さり、
感謝で一杯です。
今後共、後援会を支えて下さいます様よろしく願いし
ます。

 

2019年3月7日(木)

昨日は、二十四節気の一つ「啓蟄」。
今朝は雨模様で、久しぶりに冷たさを感じたが、
午後からは陽も射し、春めいて。
畑には早速、ハチのお客様。
菜の花の香りに誘われて、春を訪ねてきたかしら。

  

3日(日)は、3月弥生のひな祭り。

我が家でも、私の母が孫に買ってくれた7段飾りに加えて、
私が収集した、色んなおひなさまも総出演。

  

娘と作った、ちらし寿司等の祝膳を孫一家と一緒に囲みました。
健やかで幸せな日々を、過ごせますように・・・。

2日(土)、アウェイでヴィッセル神戸と対戦。
開幕戦の痛みを抱えつつもサガン鳥栖は、神戸の13本の
シュート猛攻に耐え、「どちらが勝ってもおかしくない」
(カレーラス監督談)の「1-0」の惜敗。
負けて残念!だけど、17歳の新鋭の奮闘もあり光明を
見出だした試合でした。
ガンバレ! ガンバレ! サガン鳥栖 !!

 


 

妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.