2018年2月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2018年2月21日(水)

今朝は、それほど寒くはなかったけれど、曇り空。
それでも以前と違って、午前6時20分頃家を出る時は
足元も見え、急ぎ足でラジオ体操会場へ・・・。

このところの寒さの遠のきで、一気に梅の花がほころび、

 

庭の、白いクリスマスローズの花のつぼみも膨らんで、
今にも咲きそうです。

♪あかりをつけましょぼんぼりに~~~♪
さが城下は、ひな祭りが始まりました。
我が家もひな祭りを迎えるべく、ひな人形を出して飾りました。
今は亡き実家の母が、初孫にと買ってくれた七段飾りはお座敷に。

 

玄関には、陶器のひな人形。
それぞれに、桃の節句を静かに待っています。

 

2月18日(日)は、"我ら"がサガン鳥栖の、佐賀市激励会が
午後から、市内のホテルで開催されました。

サガン鳥栖の選手やスタッフの方々を激励し、「ファン交流」で
楽しい時間を過ごしました。

 

開幕戦は23日(金)。
より多くの人が、応援しやすいようにと午後8時からキックオフ。
J1七年目となる、今年のスローガンが「ITADAKI(頂)」。
サガン鳥栖の頂上を目指す覚悟が見られ、サポーターとしても、
力が漲ってくるようでした。

2018年2月16日(金)

今朝は寒がぬるみ、気持も手足もほぐれた感じで、
ラジオ体操へ……。
このところ続いた低温で、草花達も首を引っ込め固い蕾のまま。
近所の蝋梅(ロウバイ)が例年より遅く、高貴な香りを漂わせて
います。

 

淡いピンクの山茶花の"春待ち顔゛も見つけました。

 

季節毎に咲いて、私の心を慰め、潤してくれる自然の恵みに
改めて感謝です。

2月11日(日)は「佐賀城下ひなまつり」の開幕日。
徴古館で行われた、開会式に参加しました。

 

その後、珍しく公務が入っていなかった夫と一緒に
ひなまつり界隈を、ゆっくりと散策。
鍋島小紋(旧古賀家)や、鍋島緞通(旧古賀銀行)の
ひな人形に、その愛らしさ、気品、歴史の重みを感じ
しばし、見とれていました。

琴の演奏に耳を傾けたり……、お点前を楽しんだり……、
心ゆったり、ほのぼのとした一日でした。

2月12日(月)~13日(火)は、本格的に雪が降り、
佐賀も「雪国」?となりました。
辺り一面の純白の雪景色に感嘆!

 

でも、東北・北陸方面では、4m超の積雪に過酷な日々を
送っている方々を思うと、自然の猛威に心痛み、ご無事を
祈るばかりです……。

2018年2月8日(木)

今朝は、霜がひどく寒も強かったけれど、久しぶりの快晴で
心も晴れ晴れと、ラジオ体操へ・・・。
神社の御手洗場も氷が張っていたので、柄杓でトントンと叩き、
氷を割って手を洗いました。その水の冷たさ、痛さに身震いする
程でした。
この寒さで、草花達も頭を引っ込めているようです。
梅の花は少しつぼみが膨らみかけ、コブシの花はまだまだ固い
つぼみで、春の温もりを今か今かと待っています。

 

2月3日は節分。
今年"年女"の私は、佐嘉神社境内で行われた節分会に参加し
ました。

 

天候もよく、豆まき日和となったこの日。
私は、朝から時計と競いながら、家事と出かける準備で慌しく
息つく暇もない程でした。
今年は、忙しいので恵方巻きは作らないつもりでしたが、家族の
一年の健康を願うと、自分が作れる体力がある間はと思い直し、
前夜から下準備をし、3日の朝、節分会に参加する前に巻き上げて
会場へと走りました。

 

2月4日は立春。
暦が立春となったその日から雪が降り、佐賀も"雪国"に・・・。
身体の芯まで突き刺すような底冷えに息をひそめ、5日の朝、
外を見ると雪景色。

日本列島、大寒気団に包囲され記録的な大雪に見舞われました。
大雪に見舞われている地域の方々には申し訳ないけれど、私は
3日間続いた雪にさえ、気が滅入り、暗く沈んだ心もちになった
日々でした。

2018年2月1日(木)

今日は2月1日。
今朝は、この所の厳しい冷え込みとは打って変わったような、
"ぬるんだ?"朝で、体の力がホッと抜けた感じでした。
ラジオ体操会場の本庄神社には、節分の豆が!

 

耐えられないと思う寒さの中でも、暦は立春へと歩をすすめて
いるのですね。
気持よく体操を済ませてから、我が家の「ついたち行事」である
家の四方に塩、酒を撒いて家内安全を祈りました。

この時期になると、我が家に届くサクラ草。

 

義母が生前、可愛がって育てていたサクラ草を義妹が引き続き育て、
毎年届けてくれる、春のたよりです。
心癒されるサクラ草の、優しいたたずまいに義母の姿が想い出され
ます。

昨夜は、3年ぶりに見られるという皆既月食。
"にわか天文ファン"に変身した私は、午後8時40分頃外に出て、
空を見上げたら、月が半分くらい雲に隠れて見えていたので、
月食が見られるかもと・・・。

期待で心弾ませ9時20分頃外へ。空は真っ暗に。
9時50分に再度外へ・・・。残念!
赤銅色の月食は佐賀の空には居ませんでした。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.