2017年10月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2017年10月30日(月)

今週の花は、
市庁舎北側の植え込みに咲く
季節外れ?の姫クチナシです。
甘い香りは初夏のものと変わりはありません。

23日(月)は
「市長・4期目」の仕事始めでした。

 

仕事始めに当たって、
4期目ということでの市政のマンネリ化防止と
「新鮮さ」への心掛けを訓示しました。
このことはもちろん私自身に対する戒めでもあります。

10月は祭り行事が多い月です。
先週末も中山間地域で三つの祭りがありました。
私も、顔を出しました。
台風がもたらす雨のため
お客様の出足は例年より鈍りましたが
祭りの準備をしてこられた地元の皆様
雨には負けてはいません。

まずは、三瀬村の「田舎と都市のふれあい祭り」。

 

今年で33回目を迎えます。
毎年、福岡方面からのお客さんで賑わいます。
私も餅つきを地元の世話役さんと楽しみました。

次は、富士町のふれあいまつり。

 

ここでは雨も本降りとなってしまいました。
テントの中で雨宿りされているお客さんからの呼びかけに
つい、引き込まれ、長談義となりました。
来月11日頃は
白石神社(杉山地区)で「紅葉シーズン」とのこと。

三つ目は
大和町、広坂・有木地区の「かかし祭り」です。

昔の農機具を使った収穫作業や、
柿の木に登り、柿を「ちぎる」少年
バス停でバスを待つ人々などなど。

案山子さんには「生命」が感じられ、
幼いころ見た田園風景が蘇ります。
どこかユーモラスであり、笑顔をも誘います。
「傘をさしてやらねば・・・」と思うほどの出来栄えでした。
案山子さんの集う場所は国道263号線沿い。
そよかぜ館から北へ700メートルぐらい?のところです。

いよいよバルーンの季節です。
日本郵便(株)では今年も
バルーンのオリジナル・フレーム切手を
10月25日に販売開始されました。

 

31日夜はライトファンタジーの点灯式です。

 

2017年10月23日(月)

22日、日曜日は台風21号の影響で佐賀でも
時折強い風が吹いていました。
この台風のため、予定されていた公務が中止となりましたが
私は我が家の畑の仕事ができました。
9月末に蒔いていた秋野菜が
まだ双葉のときに小さな虫?に
新芽を食べられ、全滅の状態だったので
蒔きなおしてみました。
挽回できるでしょうか。
今週の花は台風で中止になった
金立コスモス祭りの会場に咲くコスモスと
我が家の前の道路沿いに咲くタンポポです。

先週初め (株)ユーグレナの出雲社長が市長室を訪問されました。
佐賀のバイオマス事業に関心を持たれ
下水処理場でのBダッシュプロジェクトを
共同で取り組んでいただいている企業です。
微細藻類・ミドリムシからジェット燃料を抽出する事業は
2020年東京オリンピックに向け着々と進んでいるようです。
ミドリムシから抽出した燃料で飛ぶ旅客機が
佐賀空港にもやってくるのを私は夢見ています。

佐賀のバイオ事業を励ますため
オランダのECN視察団が来訪され
講演会等での交流もしていただきました。

 

私は、オランダの先進的な取り組み状況を聞かされて
勇気づけられました。
「デジタルの次はバイオ」だという
講師の話が印象的でした。

17日は佐賀市老人クラブ連合会の大会でした。

 

文化会館大ホールは老人パワーでいっぱい。
地域のコミュニティの大きな柱として
元気に活動されている皆様にエールを送りました。

佐賀市は
東京・大手町のパソナグループ本部ビル3階に
ビジネスハブを開設しました。

 

佐賀市のPR大使ほか
東京在住の佐賀出身者や報道関係者の出席を得て
20日にその開所式を同ビル12階で行いました。
首都圏にアンテナショップを開設していない佐賀市はこのハブを
協力店や販売促進活動等の前進基地と位置付け、
佐賀の情報を発信してまいります。

21日は海苔の採苗と海苔漁の安全祈願祭でした。

 

台風の影響で海は波が高く、
漁家の皆さん、網入れ作業には苦労されていました。
年々厳しくなる有明の海況ですが
「15年連続のり生産日本一」を目指し、
今年も豊漁であることを祈りました。

 

2017年10月16日(月)

今週の花は、隣の娘の家のものです。
砂利の間から芽を出すという厳しい環境の中で、
見事、花まで咲かせた根性もの、
百日草にカメラを向けました。
逆境の中で生き抜いた、たくましい生命力に
「見習う点多し」です。
ついでに、近くで稔りつつあるオリーブの実にもパチリ。

 

12日~13日は大分佐伯市で開催された
九州市長会に出席しました。

 

この市長会では
来年5月、10~11日に予定されている
次期九州市長会を佐賀市で開催することも決定しました。
300名近くのお客さんが佐賀にお越しになります。
準備で忙しくなりそうです。
県内各市の協力を得て「オール佐賀」でお迎えする予定です。

佐伯までの往きの途中に津久見市に立ち寄りました。

 

先の台風18号がもたらした大雨の被災地です。
これまで経験したことのない大雨が満潮と重なり
甚大な被害に繫がったとのことでした。
歩道沿いの高さ1.2mぐらいの植え込みの上にも
濁流の跡が残っていました。

大雨、満潮、佐賀でも有り得ることだと
心を引き締められました。

14日(土)は
「にこにこ”さがし”ウォーク2017」に参加しました。

 

森林公園を起点に5kmと8kmコースが実施されました。
私は森林公園の周辺5kmコースに参加。
森林公園は、私の「子育て中」もよく行きましたが
初めての歩行コースもあり、今回、その良さを見直しました。
心地よい運動にもなりました。
お世話をしていただいた「健康ひろげ隊」の皆様に感謝です。

15日夕方は久しぶりにサッカー観戦。
約2か月ぶりの試合観戦となりました。

 

雨模様でグランドコンディションは良くありませんでしたが
試合結果はC・大阪に1-2で敗れ、心も晴れませんでした。

15日投票の市議会議員選挙が終わりました。
投票率が51.77パーセントと
前回より7.5ポイントほど下がったことが気になります。

 

2017年10月10日(火)

日中はまだ半袖の方が過ごしやすい天候です。
9日(月)、体育の日は青空の下で、本庄町の町民体育大会。
朝の入場式では一般住民として行進しました。
今週の花は、その帰り道に出会ったコスモスです。

2日は就学前の発達障がい児・通園施設
「クラスルームといろ」の開所式でした。

 

学校の先生方が心配されている
いわゆる「気になる子」は何故か年々増えています。
10年前に比べ、
小学校ではその割合が3倍近くになっています。
この病気、出来るだけ早い時期から療育することにより
社会適応や自立を促すことができると言われています。
これまで専門とするNPO団体に「頼りがち」の状態でしたが
「入所待ち」が絶えない現状を前にして
「市としても一定の役割を果たさなければならない」との思いから
今回、市が直営で療育施設を開設したものです。
お子様の障がいを心配されているご家族への
少しでも心の支えとして役立てればと、願っています。

同じ2日に佐賀市表彰式を挙行。

 

自治会長、民生児童委員、交通指導員、などの分野で
永年にわたって地域に貢献された皆様24名を表彰しました。
併せて先の全国中学校剣道大会において優勝した
大和中学校女子剣道部を特別表彰しました。

3日は、佐賀県民体育大会出場選手の結団式。

 

県体は今月14~15日伊万里地区で開催されます。
佐賀市は20回連続57回目の総合優勝を目指します。

8日は市長及び市議会議員選挙の告示日でした。
緊張していたのか、2時半ごろ目が覚めてしまいました。
それから、うとうとしながら、5時過ぎに起床。
気功を終え、6時45分ごろ事務所で朝食。
7時半からは地元本庄神社で本庄町の代表者の皆様と必勝祈願。

8時半からは佐嘉神社で選対本部としての必勝祈願。
9時から出陣式。9時50分に遊説開始。

昼食はコンビニ弁当を30分で済ませ
夕方5時まで掛かって、全校区、回り終えました。
5時過ぎに「無投票」との連絡がありました。
この連絡を受け、「ほっと」した安堵感と、
「何か、申し訳ない」という気持ちが交錯しました。
しかし、勝利は勝利です。
ブログでの「感謝」になってしまいますが
選対事務所をはじめ
これまでご支援をいただいた、
すべての皆様方のおかげで
選挙戦を勝ち抜くことができました。
ありがとうございました。
さらに、これからの4年、
また皆様のお力を拝借しなければなりません。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017年10月2日(月)

先週初めごろから、朝のラジオ体操に行くのに、
半袖では肌寒さを感じていました。
10月1日からは長袖着用です。
この日はモズの高鳴きも聞こえました。
石焼き芋屋さんの声も聞こえるようになりました。
今週の花は、こうした秋の装いにも負けずに咲く桔梗と、
季節はずれの桜です。

 

9月27日は佐賀新聞の「金婚さん表彰」に
来賓として案内を受けました。

 

今年、該当する方々が結婚された年は昭和42年です。
私が市役所に入って2年目の年です。
表彰を受けられた方々の中には私と同い年(夫側)もありました。
金婚式、こればかりはどんなに仲が良くても
片方が欠けたら成り立ちません。
金婚式まで、私たち夫婦はあと4年。
まずは夫婦とも元気でなければなりません。
先輩たちを見習います。

30日は天山祈念碑祭でした。

 

古くは、旧富士町、旧厳木町、旧小城町、多久市が合同で
天山山頂の祈念碑を祀ってこられたものです。
今年は天候に恵まれ、式典を頂上ですることができました。
8合目あたりの駐車場から登りはじめ、25分くらいで頂上です。
途中息が上がりそうなところもありましたが
マイペースで登り切りました。

 

見晴しも最高でした。

10月1日は、地元、本庄神社の秋祭りでした。

 

午後は、恒例により
神社神輿と子供みこしを集落に巡行させました。
老いも若きも一体となって集落を回ります。
子どもたちの良き思い出にもなってくれるでしょう。
先週は河川清掃、今週はお宮のまつり、
このような行事が続くと集落の親密感は一段と深まります。

うれしい話を一つ
佐賀市では現在、
「健康に不安のある高齢者や身体に障がいのある方」を対象に
自宅に通報装置を設置し、緊急時にボタン一つで
消防局に通報ができるシステムを採用しています。
今回、子機からも通話ができる
新しいタイプの器機、1000台を
(株)キューオキ・グループから寄贈いただきました。

 

キューオキさんありがとうございました。
近々、対象者宅に設置される予定です。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.