2017年9月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2017年9月28日(木)

昨日の一日中の雨降りから、今日は爽やかさを感じる朝でした。
“暑さ寒さも彼岸まで”の言葉通り、一雨ごとに秋も深まって
いくのでしょう。
道端で見つけた、珍しい黄色の彼岸花。空き地の栗の木。
川べりのススキ。小さな秋を見つけました。

 
 

23日(祝)・24日(日)は、夫も私もテンテコ舞の2日間でした。
23日、夫は午前中公務。私は事務所へ。
午後は、夫と一緒に4か所のお墓へ彼岸参り。その後、再度事務所へ。
夫は、お墓参りから帰るや否や、翌日の24日は公務が入っている為、
地区の河川清掃に出ることができないといって、4時から“1人河川清掃”。

私は、午後7時からの班長会議に出かける時に、「暗くなるとケガを
するから……」と声かけして公民館へ。
結局、夫は3時間40分かかって清掃を済ませました。
今に始まった事ではないけれど、その強靭な気力、体力に脱帽です。

24日(日)は、地区の河川清掃の日。

 

夫は、佐賀市総合防災訓練のため不在。私は、仕分けした清掃道具を
各班へ渡したり、参加人数のチェック、終った後の清掃用具の後始末。
大忙しの2日間が終わりました。

9月23日(土)、我らがサガン鳥栖は、敵陣の埼玉スタジアムで、
浦和レッズと対戦。
スマホで「2-2」の引き分けを確認した後、録画観戦。
若きストライカー田川選手の雄姿に拍手!
強豪浦和相手に、堂々の戦いぶりのサガン鳥栖に拍手!
ガンバレ !  ガンバレ ! サガン鳥栖 !!

告示日までいよいよ“10日”の今日。
スタッフの一人が「この数字を見ると何だかドキドキしてきた」と。
事務所内は「推薦書」と「為書」が貼りめぐらされ、隙間がない程です。

 

応援して下さる思いをヒシヒシと感じながら、先ずは「10月8日」へ
向けて、スタッフ一丸となって進んでいきます。

2017年9月21日(木)

今朝は、起床時に思わず上衣を1枚足したくなる程の肌寒さ
でした。
「告示日まであと17日」。

 

昨日は彼岸の入り、彼岸花、藤袴、数珠、ススキ等々が広い
事務所の机の上に活けられ、事務所にも秋の訪れが……。

何があろうと、春と秋に行われる地域の年中行事「河川掃除」。
9月24日(日)は地区の清掃日と予定されており、今日例年
通り、清掃用具が我が家に運び込まれました。

 

16日(土)は、サガン鳥栖とヴァンフォーレ甲府との対戦が
ベアスタであり、迫りくる台風を押しのけて応援に行きました。

 

前半先取され、なかなか敵陣に踏み込めないサガンに「得点が
見えない」と、声も出ず身体が固まる程の重苦しさ。
でも、サポーター陣は、どんな時でも整然と一糸乱れずチャント
をし続け……、選手と一丸となって戦っています。
「決して諦めない、投げ出さない」サガン鳥栖は、後半同点に
追いつき、更にロスタイムで逆転 !!

まさに“不屈の魂”が勝ち取った勝利と思いました。
告示までの日々を四六時中ではないけれど、目に見えぬ重圧を
感じながら、毎日を過ごしている私です。
心の守護神・サガン鳥栖に又しても、力を頂きました。
有り難うサガン鳥栖。
ガンバレ !  ガンバレ ! サガン鳥栖 !! 

2017年9月14日(木)

「秋らしさ」を探すのに、苦労する程の暑さ入り混じる日々。
車を運転しながら空を見上げると、気のせいか天高く?
我が家の庭には、この時期にしか咲かない、花ミョウガ、花ニラ
の白い可憐な花が咲いています。

 

花ニラの匂いを嗅いだ事がありますか?
ニラの独得の強烈な匂いはなく、ほのかで涼やかな匂いに秋らし
さを感じる私です。

9月13日(水)は、孫の純苗の4歳の誕生日でした。

前の晩に、孫が大好きな栗おこわの下準備をしていると、夜遅く
帰ってきた夫が「純苗の誕生日か?」といって、栗の皮をむいて
手伝ってくれました。
当日の朝、孫が玄関を開けて来るなり、「おばあちゃーんおはよう!
あやちゃん!4歳!!」と得意気に指を4本立てて入ってきました。
4年前、3選を目指しての後援会活動の真っ最中に誕生し、
お産看病もロクにできなかった日から4年・・・・・・。
4戦目に挑戦中の我が家。
大きくなった喜びと、自信に満ちた孫の姿に励まされ、
元気をもらった誕生日となりました。

 

9月14日(木)、告示日まであと「24日」の後援会事務所。

今日も神棚の水かえ、拝礼に始まって、後援会活動の一日が
スタート。スタッフがそれぞれの仕事に従事します。
毎日ハプニング、予想外の事態勃発には、この1か月で慣れて
きたものの・・・・・・。
本日は、“封筒の印刷騒動”事務所の印刷機で封筒の表面を印刷
しましたが、斜めになったり、汚れがついたりの悪戦苦闘。
2時間近くかかって、やっと300通が印刷でき、やれやれ感の
後援会事務所でした。

2017年9月7日(木)

今朝は、秋雨前線の影響で久しぶりの“雨らしい雨”。
大雨、雷、竜巻注意報も出されたが、前日に北山ダムの
貯水率が27.8%と過去最低となり、取水制限がだされた
ばかりだっただけに、まさに“恵みの雨”です。
さぞかし稲達も、水が欲しかったろうと見に行くと、雨
の中、稲穂たちは重そうに頭を垂れ実っていました。

 

稲穂たちの「水がおいしいねー」の声が聞こえてきそう
でした・・・・・・。

昨日の夕方、友人が手折った数珠玉の枝を持って来てく
れました。
早速、玄関先の亀ツボに挿しました。青々とした数珠玉に
初秋の趣きを感じます。

 

数珠玉で首飾りを作ったり、お手玉にして遊んだ幼い頃の
風景が思い出されました。

9月1日(金)。
毎月、月の初めの1日は屋敷の四方に、酒と塩をまいて
家内安全とわが家の健康を祈ります。
特に今月は、夫の4選に向けて、家族が健康でなければと
思い、朝早く起きて四方の草取りをし、丁寧に酒と塩をまき
ました。

偶然にも、この日に友人が自宅の栗の木に実った栗を収穫して、
我が家の玄関先に置いてくれていました。
「勝ち栗です」と手紙が添えてありました。
現在は対抗馬がいないといっても、毎日事務所に詰め、告示に
向けて、緊張と体力勝負の日々の中、さりげない心のこもった
“応援”に胸が熱くなりました。
早速、縁起ものなので、“勝ち栗おこわ”にしました。
夫は、その「勝ち栗おこわ」を持って、実家の仏壇に・・・・・・。

両親に見守ってくれるよう拝んできたのでしょう。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.