2017年8月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2017年8月28日(月)

今週で8月も終わりです。
先週は時折強い雨もありましたが
嘉瀬川ダムにはさほど効果は出なかったようです。

嘉瀬川ダムの有効貯水量も35パーセント近くになり
山間部にはまとまった雨を必要としています。
さて、今週の花は隣の娘の家に咲く花です。
名前がわかりません。

先週は
シルバー人材センター、私立幼稚園連合会
連合佐賀東部地区からそれぞれ要望を受けました。

30年度予算に向けてのものや、
制度改正のものです。
もちろん、実現の可能性のないものは
その旨お答えしていますが、課題は多いですね。

日曜日は
我が家を6時出発で
消防団・富士支団の夏季訓練に参加し、

 

そのあと、
久保田町の嘉瀬川で開催された遣唐使船レースへ。

 

続いては、大和町の消防団夏季訓練と
午前中、目まぐるしく移動しました。

 

遣唐使船レースは今年で21回目を数え
県内外から41チーム、1200名もの参加者がありました。
毎年お世話をされている
「夕刊新佐賀」をはじめとする関係者の皆様に感謝です。
レースでは私も市役所チームの船に乗り、鉦をたたきました。
お蔭様で予選は1位で通過しましたが準々決勝で敗退しました。

 

うれしい話をふたつ
その1
21日に住宅地図メーカーの
「ゼンリン」と災害時の支援協定を結びました。

災害発生時の初動対応や
復旧・復興活動に必要となる住宅地図を
備蓄により確保することで
迅速かつ円滑な災害対応を図ろうとするものです。
ゼンリンさんの協力に感謝します。

その2
23日は佐賀県、佐賀市、唐津市、玄海町の4者で
「地域資源の活用及び産業支援に関する自治体間連携協定」を締結しました。

唐津地区で進めるコスメティック構想に
佐賀市が進めるバイオマス構想をコラボさせていただき
「美と健康」に関する両者の連携と
更なる推進を願っての協定です。

2017年8月21日(月)

夕方、
ツクツクボウシの鳴き声を聞くようになりました。
夜には
コオロギの鳴き声がずいぶん澄んで
聞こえるようになりました。
田んぼでは
稲の早もの、「夢しずく」が開花しています。

虫の音や、田んぼの姿に
秋の近まりをちょっぴり感じるようになりましたが
日中はまだまだ厳しい残暑が続いています。

各地で夏祭りが盛んです。
それぞれ祭りの名称は違いますが、
19日(土)は今年最高の7校区で夏祭りです。
本庄、西与賀、日新、開成、嘉瀬、勧興、高木瀬です。
20日は赤松でした。

 
 
 
 

早いところでは夕方4時の開始時刻、
遅いところで6時です。
4時台の祭りは、外に立っているだけで汗びっしょりです。
日が沈むと暑さもかなり和らぎます。
8校区、全部回りました。
祭り会場では汗が吹き出て、
次の会場へ車で移動中に汗が引っ込みます。
出たり、引っ込んだりの繰り返しです。
体力勝負の面もあります。
途中で何回も顔を合わせる国会議員さんも
「同じようなものですね」とのこと。

20日、午前中は朝6時20分の出発で
消防団の川副支団と久保田支団の夏季訓練を激励しました。

 
 

団員の皆様、
暑い中での訓練、本当にご苦労さまでした。
閉会式等で「整列休め」の姿勢でいるとき、
背中を流れ落ちる幾筋もの汗の流れに、
生きている証しを感じました。

うれしい話
17日、私立北陵高校航空科の川﨑健次君と森武亮平君が
第17回九州地区高等学校工業系生徒研究成果発表大会で
優秀賞に輝いたと表敬訪問されました。

 

研究テーマは
「翼端形状が飛行特性に与える影響について」
航空科のある高校は少なく
貴重な人材が佐賀の地で育てられています。

2017年8月16日(水)

二日遅れのブログです。
立秋を過ぎて、
夜はコオロギの澄んだ鳴き声の中に
少しばかりの涼しさを感じます。
しかし、日中は相変わらずの酷暑です。
初盆参りも汗だくです。
さて、今週の花ですが、
本庄神社の参道に咲くカンナの花です。

 

8日は金立校区と久保泉校区で市政報告会を開催しました。

 

金立地区の皆様は、国の史跡に指定された
東名遺跡の保存活用策について強い関心をお持ちです。
久保泉地区の皆様は
町をあげて取り組んでおられる
国の天然記念物「エヒメアヤメ」保全活動に
強い意気込みを示されました。
地区の悩みや関心事を話していたら
1時間半程度の時間はあっという間に過ぎてしまいます。

9日夜は難病患者団体と「市長と語る会」を開きました。

 

完治の望みを捨てず、
難病と闘いながら日々を送っておられる
患者さんやサポーターの皆さんとの語る会でした。
300を超える症状があると言われる難病です。
中学時代から付き合っている方もあれば
成人になってから
あるいは、高齢になってからなど
症状も、闘病期間も様々です。
「役所の相談窓口がわかりにくい」
「支援制度に柔軟性がない」など
これまで私が知らなかったことも聞かせていただきました。
役所の福祉部門でも「総合窓口」を心がけています。
「相談しやすくなった」と感じてもらえるよう頑張ります。

11日は若楠校区の納涼祭り

15日は嘉瀬川(久保田)の精霊流しを楽しみました。

 

2017年8月7日(月)

先週末は台風5号の影響もあって
風があり、暑さもいくらか凌ぎやすかったですね。
しかし、猛暑は続いています。
今週の花はひまわりです。
兵庫のひょうたん島公園隣で開催されていた
「ひまわり祭り」で頂いたものです。

 

今年のひまわりは肥料分が効いていて
背丈が2メートルぐらいあり
背の低い子どもさんには美しい花畑が
よく見えなかったもしれませんね。

6日(日)、三瀬の消防団の夏季訓練の帰りに立ち寄りました。

 

市役所本庁では3年がかりで
北棟増築と1・2階部分の改修工事を行っています。
全体工事の完成までもうしばらくかかりますが
1回窓口部分の工事(延長150m)が完成しましたので
7月31日窓口完成のセレモニーを実施しました。

 

わかりやすい窓口、
つながる窓口、
やさしい窓口
この三つの窓口精神をモットーに
市民の皆様のニーズに応えてまいります。

8月2~3日は県内の関係する市町合同で
治水や道路の事業促進のための提案活動を
国土交通省に行いました。

要請する方も大変ですが、
全国から押し寄せる要請を受ける側も大変でしょう。

5~6日は佐賀城下栄の国まつりでした。
よさこい祭りに始まり
名士劇、花火、パレード、総踊りなどなど。
中央大通りをはじめ街なかは
人・人・人でごったがえしました。

のろのろ台風5号の接近は
まつりの「態度決定」にやきもきさせました。
特に、お世話をして下さった皆様は判断に苦しまれたことと思います。
ご苦労様でした。
私は「〇〇(まるまる)な障がい者の会」の皆さんと一緒に
新商工ビル7階会議室から花火大会を楽しみました。

いろんな障がいをお持ちの方90名近くが
家族と一緒に楽しんでおられました。
お世話をしていただいたのは佐賀青年会議所と
「〇〇な障がい者の会」、
そしてそのサポーターの皆様です。
やさしさと細かい心遣いがいっぱいでした。
別れ際に「また来年も・・・」と声をかけ合っておられましたが
来年も天気に恵まれ実現できるといいですね。

うれしい話
8月1日、豊凛化粧品(株)から福祉事業に役立てて欲しいと
30万円の寄付をいただきました。

本年10月開所予定の
発達障がい児の療育施設の
机、椅子、玩具等を充実させていただきます。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.