妻のぼやき

活動コラム妻のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2021年1月14日(木)

今朝は快晴。大寒波をくぐり抜け、気温も温んで感じる快さ。
久しぶりの“朝リハ散歩”
道すがらに、鉢植えの色とりどりの花達が笑いかけ、明るい気分に
してくれました。

義兄の家では、さくら草が咲き誇り春はまだかまだかと、待っている
ようです。
コロナで凍りつく日々でも、花たちが“春”が来ることを約束して
くれるような・・・。

 

1月8日(金)~1月9日(土)
朝、戸を開けると一面真っ白の銀世界。

佐賀にも5年振りの大雪警報が出され、平野部でも4㎝~5㎝の
積雪・・・。
孫達にとっては、“お伽の世界”。
手足の冷たさも何のその、雪の中をかけ回り雪だるまを親子で作り
ご満悦・・・。

 

1月13日(水)
息を潜める様にして、“コロナ禍”が収まるのを待ち続ける私達を
嘲笑うかの様なコロナ軍の進攻。
第一波、第二波、第三波・・・。
緊急事態宣言が計11都府県に発令される事態へと。
しかも、英国、南アフリカ、ブラジルで発生した、それぞれ異なる
型の変異種が日本でもすでに発見されたとの事。強い感染力で重症化
しやすい変異種との新たな闘いに、最後まで諦めず1人々が立ち向
かっていくしかないと心に誓いました。

 

2021年1月7日(木)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

  

7日正月の今朝は、強風にあおられる小雪が斜めに舞い散る朝と
なりました。
今日は“七草粥”。

 

いつもの通り、家族の健康、安全を願って春の七草(セリ、ナズナ、
ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れ、お米
から炊いたお粥を作りました。
又、世界中を席巻しようとするコロナ退治の願いもかけて・・・。

令和3年の幕明けは、コロナ禍の為、毎年行われていた五社参り等の
行事もなく天候にも恵まれませんでした。

 

3日目にして晴れたのでラジオ体操を済ませてから、車を有明海の堤防へ
走らせました。空が白み一刻々、お陽様の姿がズンズンと上がっていく
“初日の出”を拝むことができました。
御神光と、思わず手を合わせたくなる荘厳さで、圧倒されました。

今年は、家族だけの静かなお正月でした。
おかげで、ゆっくりと“箱根駅伝”をTVで見る事が出来ました。
コロナ禍で練習も束縛され、大会の開催も心配だっただけに、どの選手も
気迫に満ちて走り、見る者も力が入りました。
特に箱根駅伝で、復路のゴール直前でテープを切った大学の監督は、
「諦めない事が、優勝につながったと教えてもらった」と・・・。
全てに通じた教訓を、述懐されたのが心に響きました。

 

 

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.