2017年3月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2017年3月30日(木)

3月もあと1日となった今日も、冷え冷えとした朝でした。
寒い日が多かったせいか、今年は桜の開花が遅れているようです。
お昼頃にかけて、ようやく春らしい温もりとなり、県庁前を車で
通っていると、薄ピンクの三分咲きの桜を見つけました。

心弾ませて帰る途中、城内公園で濃ピンク満開の桜発見!
「河津さくら?」

♪サクラはまだかいなァ~と、待っていた桜の季節到来です。

29日(水)は、私達夫婦の46回目の結婚記念日でした。
今年は、友人夫婦と一緒に会食をして記念日を祝いましたが、
「よくぞ46年・・・」という思いと、夫婦が健康でこの日を
迎えられた事を感謝する気持ちで祝膳を囲みました。

24日(金)に、夫の赴任先のタイや台湾で4年間の海外暮らしを
していた娘一家が帰国しました。
子どもの進学を機に、夫を台湾に残して戻って来たのです。
佐賀には4~5日滞在し、横浜へ帰りました。
26日(日)に、「三重津海軍所跡」へ孫達を、家族揃って連れて
行きました。

孫達は興味深そうに見て回っていましたが、VRスコープで見ると
「スゲー」と感嘆の声を上げていました。

2017年3月23日(木)

暑さ寒さも彼岸までと言うのに、彼岸明けの今朝はまだ寒く、
洗濯物を干していると、水鼻がツーと流れました。
それでも春は春。

我が家の畑も花盛り期を迎えています。
黄色の水菜の花、ムラサキハナナ、畑の隅にはユキヤナギ。
可愛い花に彩られた畑です。

3月19日(日)は「さが桜マラソン」でした。

 

暖か過ぎる位でしたが、天候に恵まれ1万人のランナーが
佐賀を駆け抜けていきました。
私も沿道に出ての応援。知人の女性も私くらいの年齢ですが
元気に走って行かれました。
彼女は子育てを終えた頃、「走ってみよう」としたけれど
30mも走れなかったのにショックを受け、それから1日
1mずつ伸ばし、無理をしない目標を定めて、地道に
走り続ける事をモットーに、根気強く挑戦し、3kから
5k、5k走れたら10kも走れると言う、息子さんの
言葉に励まされ、10kを走れるようになったとの事。
彼女の努力と、やり遂げようとする精神力に、只々感銘を
受けました。
1万人のランナー分のドラマがあるのだなーと思い、声援
にも力が入りました。

 

秀島敏行後援会事務所は、すべてボランティアの方々で
成り立っています。
今日もボランティアの方々6人で、4月22日(土)の
秀島敏行後援会総会のご案内の発送作業を、おしゃべりも
楽しみながら和気あいあいとしました。
本当に感謝です!

2017年3月16日(木)

今朝も冷え込みが強く、思わず♪春は名のみの風の寒さや~
という(早春賦)の歌が、口をついて出てきました。
庭に出ると冷たい風に乗って、白い沈丁花の香りが
漂って来ます。

 

我が庭も、今は“白い花”が主役よと言わんばかりに、
白いクリスマスローズや白モクレンの花たちも咲きそめ
ています。

 

寒くても花達は、自分達の出番は忘れないものですねぇー。

先週の土曜日(11日)と昨日(15日)は、サガン鳥栖
サポーター三昧でした。
11日は、5年間負け続けた「サンフレッチェ広島」に
「1-0」で完勝。
何より、あの広島を「0」封とした守備に感動 !!

上昇気流に乗った気分で、15日の「ルヴァン杯」の
「アルビレックス新潟」戦も応援に行きました。

 

先制しながら、ロスタイムで失点し「2-2」の引き
分け。勝っていた試合なのにと、残念至極!
ガンバレ!ガンバレ!サガン鳥栖!

10日(金)は、「歩こう会」の日。

元旦の計は3ゕ月、途絶える事なく実践中です。
仲間とお喋りをしたり、周辺の風景に目をやりながら
歩くのは結構楽しく、適度な疲れも心地よさを覚え、
充実したひとときです。

 

道端の菜の花たちも、可愛いエールを送ってくれている
様でした。

2017年3月9日(木)

この数日、真冬にUターンしたかと思う寒さが続いていま
した。
今日も、朝方まで曇っていて冷え込みが強かったのですが、
お昼頃から晴れわたると、我が家の庭の「セイヨウミザクラ」
の花が、陽ざしを受けて一気に、パァーと咲き開きました。

 

「三寒四温」と言うけれど、この繰り返しをしながら“春本番”
となるのでしょう。
さくら草は、満開も過ぎ役目を終えつつあります。

 

4日(土)は、佐賀城二の丸跡(鯱の門北側広場)で行われた
「直正公銅像の除幕式」に、寄付者として参列しました。

 

進取の精神を持ち、科学技術の発展、人材育成等で日本の近代化
に大きく貢献した名君として知られる、佐賀藩10代藩主です。
抜けるような青空のもと、仰ぎ見る直正公は没後150年の
今の「佐賀」を慈しむかの様に見え、私は「どうぞ末永く、
佐賀を見守って下さい」と、銅像に手を合わせました。

5日(日)、サガン鳥栖はアウェイ(神奈川県川崎市)で川崎
フロンターレと対戦。
開幕戦黒星スタートで「ドンマイ!! 」と自らにも言い聞かせて
いたけれど「相手が・・・」と、負けも覚悟していた私でした。
案の定?先制されましたが、高橋義希選手のボレーシュートで
同点!!
素晴らしいのは、それから全員が一丸となって、ゴールを死守し
「引き分け」にした事でした。執念の勝ち点1、獲得でした。
ガンバレ、ガンバレ、サガン鳥栖!

2017年3月2日(木)

今日は天気予報に反し、春の嵐も、雨も降らない
日和となりました。
本庄公民館付近の麦畑を通りかかると、美しい緑色の麦が、
じゅうたんの様に敷きつめられていて、時折の強い風に
波打っていました。

 

その時麦畑から、ひばり?鳥が飛び立っていき、あぜ道には
菜の花も・・・。
春3月の田園風景に、しばし、のどかさに浸っていました。

明日は、ひな祭り!
我が家もすっかり、ひな祭りの支度を整えて、明日を待って
います。

 

玄関で、お客様を歓迎する小さなひな人形、座敷には私の
母が、孫に贈ってくれたひな段飾り。44回のひな祭りに登場
しています。



44年間の想い出と共に、私の孫へと受け継がれる、ひな祭り
です。

2月25日(土)は、サガン鳥栖のホームでの開幕戦(相手は
柏レイソル)がありました。



勿論、私も1万4000人サポーターの一員として、声を枯らして
応援。
原川力選手のゴールに歓喜し、「勝てる々」と“力”も入りまし
たが・・・。
3-1の逆転負けに溜息が出ましたが、次の瞬間、ドンマイ、
次は奮起するチームと信じて、惜しみなく拍手を贈りました。
ガンバレ!ガンバレ!サガン鳥栖!

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.