2017年2月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2017年2月23日(木)

今日は、昨日来の雨もあがり、束の間の?寒の緩みで
過ごしやすい一日です。
年改まって早2か月。
2月も「逃げる」が如く、残り1週間もありません。
大雪や寒暖の差に翻弄された我が家の庭も、ヒヤシンスや
クリスマスローズ等々の新芽が萌え出し、春本番へ
歩を進めています。

22日(水)は、諸富町校区の「おばあちゃんの発表会」を
観に行きました。

20回という、会の重ねにも敬意を表する所ですが、各地区の
おばあちゃん達が(65歳以上、最高年齢93歳)、この日の為に
「1年間」をかけて、練習したり作品を作って臨まれている事に
「すごいなー」と感心します。

 

月に1~2回、各地区の公民館で隣近所の人と顔を合わせ、
練習の合間に“つながり”を深めていらっしゃるとの事。
地域の中で、元気に過ごしていける“生きがい”を、お互いで
支え合っていらっしゃる姿に、私も励まされ元気を頂きました。

18日(土)は、美術館で開催されている「池田学展」に行き
ました。
新聞等でも紹介されていた「ペン画」ですが、実物のスケール、
迫力は凄く、圧倒されました。

緻密な線引きで、絵全体が壮大な物語を語っている作品の数々に、
目も眩む思いで観賞しました。

2017年2月16日(木)

今朝も、霜降りの冷たさでしたが、日が昇ると身を包み込むような
温もりに心も和らぎます。
我が家の梅も、白梅から紅梅へ、そして枝垂れ梅のピンクの可愛い
花へと移ろい、春姿を整えています。

 

庭のどこからか、沈丁花のほのかな香りが漂って来て・・・。

「もう、春だなー」と言葉が口をついて出る、我が家の庭の陽だまり
です。

10日(金)は大雪の日。そこは白銀の世界。
5㎝の積雪の中、私は「歩こう会」参加のため公民館に急ぎました。
誰一人いません。雪の為、「歩こう会」は中止との事。
それでも私は、雪ニモ負ケズ?一人で「歩こう会」を敢行。
雪道を歩くと・・・。「ザクザク、キュッキュッ」の音。

  

雲の合間から、時々射しこむ太陽の光で、雪がキラキラと宝石の
ように輝き、美しい幻想の世界を歩いている様で、満ち足りた
「一人歩こう会」でした。

11日(土)は、「佐賀城下ひなまつり」の始まりの日でした。

 

すっかり、佐賀の春を謳う風物詩として定着した祭りです。
旧長崎街道筋をそぞろ歩き、鍋島小紋の木目込み雛人形や佐賀錦の
雛人形の伝統美を堪能しました。

12日(日)は、サガン鳥栖の佐賀市での激励会でした。

J1 に昇格して6年目の春!
選手の入れ替わりもありましたが、今シーズンも私達に夢と希望を
与えて下さい。
今年も一生懸命応援します!
ガンバレ!! ガンバレ!! サガン鳥栖!!

2017年2月9日(木)

今日から週末にかけて、今季最大の寒波襲来との報に、
来る前から、身が縮む思いです。
ですが、我が家の庭に目を遣ると紅梅が咲き、花の新芽が
あちこちで芽吹いており、“春”の装いを整え出しています。

立春も過ぎたけれど、冬将軍はなかなか去ってくれません。
春を待つ庭の花たちが、案じられます。

2月3日は節分でしたが、我が家の節分は毎年変わることなく
終りました。
私が作った恵方巻きを夫が、今年の恵方(北北西)を向いて
かぶりつき、豆まきは夫婦二人で、玄関から外へ向けて「鬼はー
ソトー!福は―ウチー!」と大声で唱えながら豆をまきました。

今年も大きな禍がありませんように・・・。

3日は、「本庄歩こう会」の日でもありました。
元旦の計は、順調に続行中です!

 

歩き仲間の女性で、今まで「のり巻き」自体を作った事がないと
いう方が「恵方巻き」に挑戦したいと話されていました。
歩きながら、皆でレシピや巻き方を教えました。
早速作ってみると、意気込んで帰られました。
明日の歩こう会での、結果報告が楽しみです。

2017年2月2日(木)

今日も寒の強い朝でしたが、時間を追うにつれ、見渡す限りの
澄み切った、雲一つない青空が広がりました。
お陽様の温もりを浴びようと外に出たら、家の前の空き地の
梅の花がほんのりと香りを漂わせ、満開となっていました。

 

雪かと見まがう程の白い花が青空に映えて、しばらくその美しい
風景に見とれていました。

孫の純苗が通っている、子育てサロンで一足早い「豆まき」が
ありました。

 

昨年は、母親が入院中で私と参加しましたが、「鬼」が恐いと
言って大泣きでした。
母親が居ない寂しさや、不安もあったと思いますが、今年は恐く
なかったとケロッとしていたそうです。
鬼が逃げていく姿を見て「センセイが居なくなったよ・・・」と。
去年の節分から一年。節目々でこどもの成長が見られ、感慨深い
ものがあります。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.