2017年1月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2017年1月30日(月)

1月21日から25日まで公務で
オーストラリアのシドニーから北東約3200㎞、
南太平洋に浮かぶ島国、フィジー共和国を訪問しました。
訪問地である首都スバで宿泊しましたが、
そのホテルの近くには国会議事堂があり、
議事堂の隣には大きな芝の広場がありました。

 

そこには朝夕、ラグビーを練習する姿がたくさん見られました。
ラグビーなら競技場が横に4面ぐらい取れそうな広場です。
芝は天然芝で良く管理されていました。
「さすがラグビー王国だ」と感じました。
私はラグビーの練習風景を見ながら
広場の隅で朝の気功をしました。
今週の花は、その広場の周りで見かけたものです
名前は知りませんが、
ネムノキのような葉をした高さ5~6メートルの木に咲く赤い花。
その下にはハイビスカス。百日草も目に留まりました。

赤い花が多い中に、ムラサキツユクサのような紫色の花
ハマユウに似た白い花もありました。

フィジーは南半球、日本とは真逆、今は夏です。
国の面積は日本の四国ほどで人口は87万人ほどです。
皆さんご存知のように
昨年のオリンピック7人制ラグビーで活躍した、
佐賀市在住の副島亀里選手の故郷です。
今回の訪問は、山口知事ほか佐賀県のスポーツ関係者と一緒でした。
これから日本では、2019年にラグビーワールドカップ、
2020年には、東京オリンピック・パラリンピックと
大規模な国際スポーツ大会の開催が決定しています。
そこで、我が佐賀県と佐賀市は、
これらの大会に参加が予想されるチームの中から
フィジーのラグビーチームを選び、
その事前キャンプを、佐賀市へ誘致運動を進める事になりました。
併せて、スポーツ分野などでの交流拡大を目指した協定を結ぶことに
しました。

 

先週、この誘致活動の一環としてバイニマラマ首相や
フィジーのラグビー協会長、青年スポーツ大臣などとの会談が
実現し、意見交換や協定の締結をしました。

フィジーのラグビーチームの誘致には
大分や秋田も名乗りを上げており、まさに誘致合戦です。
私たちは、これまでの交流を基礎に、今後一層交流を深め
佐賀への誘致をぜひ成功させたいと思っています。

今回は交流事業の一環として
子育てについて、フィジー国大臣との意見交換や、

ラグビー強豪校(QVS)の生徒と

カブァ儀式なども体験し、交流を深めました。

2017年1月16日(月)

先週末から寒波に見舞われた日本列島です。
土曜日朝は三瀬に用事があり、
雪によるタイヤ規制を心配しましたが雪はなく、
予定通り用事を済ませることができました。
日曜日の朝も冷え、朝のラジオ体操時には、
ところどころに雪の薄化粧が見られました。
大雪にはならずよかったですね。
そんな日曜日、ゆっくりできたので、
マックスと田園地帯へ足を延ばしました。
田んぼでは稲刈り時のコンバインの轍に
まだ雨水が溜まっていて、
5ミリほどの氷が張っていました。
今年は雨が多いうえに、
圃場の排水機能が低下しているため、
田んぼが乾かず、まだ耕耘ができてないものもあります。
麦や玉ねぎなどの作付けも遅れています。
もう1月半ば、遅れを取り戻せるのか心配です。
散歩の途中、春を感じさせる花が見られました。
さやえんどうの花とキンセンカです。

 

役所では、先週から新年度の予算査定に入りました。
特徴的にいえることはここ数年社会保障費の伸びが著しいことです。
合併により人件費など固定費は抑制できているものの、
社会保障費は平成19年度に比べて
2倍近くになってきました。
財源確保が大変です。

各種団体や、地域の新年行事が続いています。

副市長や部長さんたちとも手分けしていますが続きます。
当分の間は名刺の補充も日課です。

うれしい話
大和太鼓保存会の野方嘉孝氏が日本太鼓シニアコンクールで優勝され、名人位を得られました。

野方さんは平成元年の「大和太鼓保存会」の発足時から現在まで太鼓の普及・指導に努められ、全国レベルのチームを作り上げた方です。
太鼓を通して、子どもの健全育成を目指されています。

今週末からフィジーへ行きますので、
来週のブログはお休みです。
寒さが続きますので、風邪などひかれないように・・・

2017年1月10日(火)

今週の花は、花の少ない季節に咲くロウバイです。
近所の庭に咲いています。

1月4日は挨拶ずくめ、
まずは執務はじめ式と職員の表彰式から始まり、

続いて佐賀土地改良区の仕事始め式、

次は佐賀商工会議所と共催で新年賀詞交歓会、

その次は新春記者会見、
最後は市政記者と市役所幹部の年1回の懇談会、
その間には、飛び込みの来訪者とのごあいさつも加わり大忙しでした。
新年の「ご挨拶」はこれからも当分続きそうですが、
賀詞交歓会の役割を考えさせられる時もあります。

7日は「佐賀市健康ひろげ隊」にお世話いただいている
佐賀城本丸歴史館出発の
新春五社詣ウォークに夫婦で久しぶりに参加しました。

600人近い参加で盛会でした。
私たち夫婦はここ数年、元日の朝、県庁前に集合する
五社参りの走ろう・歩こう会に参加していたので、
こちらの五社詣ウォークは疎遠になっていました。

8日午前中は消防団の出初め式、
雨のためメートプラザでの式典でした。

 

屋内での開催は珍しいのですが、
参加される団員の数も制限されます。
やっぱり出初め式は屋外の方が勇壮ですね。

午後は成人式。
佐賀市の新成人は2473人です。
その中で旧佐賀市在住の1796人は文化会館が式典会場でした。

 

旧町村部の皆様は支所単位で、毎年、公民館等で開催されています。
私は文化会館での式典に参加しました。
式典の部の所要時間は20分ほどでしたが、
私語が絶えません。
国歌斉唱のときでさえも、シーンとなりません。
この式典中の私語、一部の人ではありますが毎年残念に思います。
午前中にあった消防団の整然とした式典の後だったから
余計にざわめきを感じたのかもしれませんが・・・。
式典は各会場、新成人の皆様の手作りだそうです。
式典をお世話いただいた皆様に感謝します。

1月も今日は10日、月日の経つのが本当に早いですね。
小寒に入り、これから大寒に向かいます。
寒さが一段と厳しさを増すでしょうが、
昨年のような寒さにならないことを祈ります。
水道管など対策は大丈夫でしょうか?

2017年1月4日(水)

今年最初の花は
我が家に気高く咲く水仙の花です。
この季節、寒いので私たち人間は背中を丸めやすい季節です。
しかし水仙は寒さを苦にせず背筋を伸ばして凛としています。
見習いたいものです。
もう一つの花は娘の家に咲くアザレアです。

 

新しい年になってもう4日目。
正月休みもあっという間でした。

暮れは「仕事納め」の後も
28日と29日の夜は消防団の年末警戒の激励。
暮れの忙しい中、夜の冷え込む中での警戒活動です。
消防団の活動には本当に頭が下がります。

 

 

昔は9=苦ということで
9のつく日の餅つきは避けていたようですが
あえて我が兄弟は29日に餅つきをしました。
30日は通夜
31日は家での正月飾りと

深夜は佐嘉神社前で新春を迎える行事などで

 

年内はゆっくりした気分にはとうとうなれませんでした。

元日は本庄神社でラジオ体操の後
妻と二人で東与賀町の堤防へ「初日の出」を拝みに行きました。

朝風呂の後、歳をとり、そこではじめてゆっくり。
午後は二社にお参りし、夜は実家で「正月祝い」。

2日の朝は長めの犬の散歩をしながら
ほぼ集落ごとにある小さな神社や祠、地蔵さんにお参り。
後はテレビで箱根駅伝観戦。
午後は平山温泉へ。この日はゆっくりできました。

3日も前日同様、長めの散歩をしながら
路傍にある小さな神社や地蔵さんを巡り
1年間の無病息災を祈りました。
病で苦しんでいる友人の健康回復には念を入れてお願いしました。
あとはまたテレビで箱根駅伝観戦です。
暮れに目通しを頼まれた書類を持ち帰っていましたが
テレビの前が多くて、とうとう目を通すことはできませんでした。
依頼主の落胆する顔が浮かび、申し訳なく思ったところです。
こんな私の年末年始でしたが
今年もよろしくお願いいたします。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.