2016年12月のひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2016年12月26日(月)

いよいよ今年最後の週です。
今年最後の花は
我が家に気高く咲く山茶花と
兄貴の家でほころび始めたサクラソウです。

 

毎年のことですが、
この時期はクリスマスや餅つきなどの年末行事に
録画撮りなど新年の準備が加わり、目まぐるしい日が続きます。
23日は656広場で(株)九電工に
中心商店街の女性部会も加わり、歳末チャリティ餅つき大会でした。
私は今年も若者の仲間入りをし、餅をつきました。

24日は兵庫北トンボの池公園で
クリスマスを祝って「夢フェスタひょうご」というお祭りでした。
この公園では2月14日までイルミネーションが輝きます。
二つとも地域を「元気」にする催し物です。
準備などお世話をいただいた皆様、ご苦労様です。

 

うれしい話、
表敬訪問が二つ続きました。
その1
ヤクルトスワローズにドラフト3位指名の
梅野雄吾選手(投手)が入団しました。
新栄小、昭栄中、九州産業高校卒です。

その2
全国高校ラグビー大会に
今年も佐賀工業高校が出場します。
35年連続45回目の出場です。
初戦は28日岩手の黒沢尻工です。
梅野選手も佐賀工業もすばらしい感動を与えてくれるでしょう。

日曜日夜、最後の1枚になっている
月めくりカレンダーを横目にしながらブログを書いています。
世界遺産シリーズであった、このカレンダーの12月の写真は
オーストリアのハルシュタットの文化的景観です。

オーストリアと言えば2年後の熱気球選手権の開催国です。
次期開催国オーストリア、
残念ながら私は行ったことはありませんが
何故か親しみを感じながら
佐賀市のこの1年を振り返ってみました。
佐賀市の今年最大のイベントであった熱気球世界選手権。
いろんな方のお力添えを得て
たくさんの人に楽しんでもらいました。

 

このほか、
駅周辺でのコンベンション構想はうまくいきませんでしたが
幸いにして大きな災害もなく、
バイオマス産業都市の推進や
福祉の窓口一本化などの大きな課題も、
職員の頑張りもあり、
全体的には「まずまずの出来であった」と言えるでしょう。

 

さて、来年は選挙の年、
私にとっても3期目の最後の年であります。
まずは、残された10か月
佐賀の「幸福度アップ」に向けて精いっぱい頑張りたいと思っています。
今年1年間、皆様方には大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、皆様にとっても
新しい年が平和で穏やかな良い年になりますようにお祈り申し上げて、
2016年のブログを閉じさせていただきます。

2016年12月19日(月)

18日の朝は冷え込み霜が降りていました。
朝マックスを連れてラジオ体操に行くときは
さすがに手袋が欲しくなりました。
ラジオ体操の後、近所を回りますと
季節外れのサツキが霜に耐えていました。

いよいよ私の番だと水仙も咲き始めました。
枇杷の花も見ることができます。

 

我が家の庭には落ち葉が溜っていたので
腐葉土として使ってみようと畑の隅に運びました。

12日夕方サガン鳥栖からシーズン終了の報告がありました。

 

サガン鳥栖からは
今年もヒヤヒヤ・ドキドキの感動をもらいました。
報告に来たチーム代表のメンバーに
もう、林選手の姿がありません。
来年のゴールキーパーは誰か?
私にとっても一番大きな不安材料です。

16日は夕方、飲酒運転撲滅の街頭キャンペーン。
交通安全指導員をはじめとして
交通安全推進団体の皆さんが
そろって市内の繁華街を回りました。

 

忘年会シーズンも終盤に入っていますが、
これからも飲酒の機会が増えます。
飲酒運転で悲しむ人が出ないようにしましょう。

年末を迎え佐賀市もふるさと納税が増えてきました。
まとまった金額で納税される方もあります。
ありがたいことです。
そんな中に次のようなお叱りの提言が届きました。
「ふるさと納税で潤った分を議員報酬に充てるような
提案がなされたニュースを聞き呆れました。
そんなくだらない提案を通すなら
今後佐賀でふるさと納税をすることはありませんし、
観光にすら行きたくありません」
と、手厳しいお叱りです。
投稿者は、県東部の出来事を
佐賀市のことと勘違いされたのでしょう。
ニュースで「佐賀」の印象が強かったに違いありません。
もちろん、佐賀市はそんなことをしていません。
このお叱りから「一つの自治体でやることは
良きことであれ、悪しきことであれ
他の自治体にも影響する」ということを教えられました。
出来れば、これを機会に
本来のふるさと納税に戻りたいものですね。

2016年12月12日(月)

このところ連続して
毎週モミジにカメラを向けていますが
見る角度によって美しさを異にします。
今週は庭のモミジを南側からとったものです。
ここ数日霜が降りたので、
これからどう変わるのでしょうか。
もう一つのカメラはすっかり色づいたカボスです。
摘み取る時間がないので、まだ枝にぶら下がったままです。
時たま焼酎のお供をします。

 

先週はずっと市議会の一般質問。
23名の議員が登壇されました。
高齢者の自動車運転に関する質問が印象に残りました。
1日4名の質問が2日、5名が3日ありました。
議員一人の持ち時間は1時間ですが
私はこの他に決裁や訪問者への対応
緊急の打ち合わせなどあり
加えて12月は忘年会の時間も
確保しなければなりませんので
この間、「体力勝負」といったところです。
市議会本会議は今週も火曜日まで続きます。

5日に佐賀清和高校の駅伝部より
全国大会出場の報告がありました。

チームには3姉妹が登録されていました。
1年、2年、3年の各年に在籍です。
珍しいですね。
「郷土の名誉をかけて、ベストコンディションで臨んでください」と
熱いエールを送りました。
25日(日)はテレビで応援しましょう。

11日は旧県病院好生館の跡地に
市医師会立看護専門学校の起工式がありました。

好生館の改築計画が提起されてから
現地建て替えにするか、移転をしての建て替えなのか
跡地活用策も含めて激論が交わされました。
11年前、私が市長になってから最初のビッグな課題となりました。
その後いろいろありましたが、最終的には
佐賀県の医師会と佐賀市の医師会が活用することになり
県医師会は一足先の9月、
市医師会は12月11日、起工の運びとなりました。
赤松校区の皆さんをはじめ
これまでご苦労戴いた関係者の皆さんに「感謝」です。
看護専門学校と同じ建物には
市の子ども休日夜間診療所と休日歯科診療所が
移転・同居することになりました。
オープンは平成30年の春を予定しています。

2016年12月5日(月)

いよいよ12月に入りました。
北国では雪の便りも聞かれるのに
我が家の周りはまだ秋が楽しめます。
今週のカメラは玄関脇のモミジと
まだ頑張って咲いているケイトウと百日草です。

その百日草は土曜日で終わり。
何故なら土曜日は午後、時間が取れたので
チューリップ畑に変身させたからです。

11月29日有明海沿岸の貝の養殖場を視察しました。

県の水産試験場で実施されている事業で
「アサリ」と「アゲマキ」です。
有明海の二枚貝は「絶滅の危機」と叫ばれていましたが
試験場の皆さんの必死の努力により
アサリとアゲマキにその成果が表れつつあります。
諫早干拓問題は未解決のままですが、
小さな稚貝が必死に生きている姿を見て感動しました。

来年はこの明るいニュースが拡大できるよう
沖の神様に祈りました。

12月3日(土)は兵庫町のひょうたん島公園で秋の収穫祭。
今年も福井議長ほか市議の皆様と仲良く餅つきをし、
つきたての「きな粉餅」をいただきました。

多くの人出で賑わっていました。

3日の夕方は我が家の下水の汚水枡清掃も済ませ
一足早い正月準備をすることができました。
餅つき、チューリップ植え、汚水枡掃除と久々の肉体労働でした。
月曜日あたり肩こりが出ないと良いのですが・・・

うれしい話
11月29日スーパーモリナガから
今年も寄付をいただきました。

モリナガさんからは平成12年から毎年寄付をいただいています。
累計で610万円になります。
これまでは「環境」に役立ててくださいということでしたが、
今年からは障碍者支援のために役立ってほしいということでした。
ありがたいことです。

11月市議会が11月30日に開会しました。
5日から一般質問が始まります。
今年も28人の方が質問されます。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.