おやじのひとり言

活動コラム おやじのひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2018年9月18日(火)

9月半ばとなり、日中の暑さも随分やわらぎました。
夜はコオロギの合唱です。
時折鈴虫?の鳴き声も・・・
今週の花は、タマスダレとツユクサです。

 

13日(木)から市議会一般質問が始まりました。
スタートからオスプレイの佐賀空港配備に関する
質問が二人続きました。
佐賀空港には建設時に「空港を自衛隊と共用しない」とする
佐賀県と地元漁業関係者との覚書があります。
覚書締結時、当時の関係地区町長は立会人となっています。
その立会人としての責務を引き継ぐ私は、
「佐賀県におもねることなく、その責務を果したい」と答弁しました。
賛否両論、市民の声が届きますが
「さが」を2分し、お互い、いがみ合うことが
ないようにするのも私の役割です。
「自衛隊と共用しない」という約束ごとのある空港に
「わざわざ、なぜ?」という疑問がまだ消えません。

16日(日)は
今秋の新嘗祭に献上する精米(しらげまい)の「抜穂式」でした。

 

6月9日の「御田植式」から約3か月
大きな災害もなく稲は育ちました。

見事、献上米を作り上げられた献穀者
川副町の光吉康博様に感謝です。
10月25日、皇居で献上されます。

15日から3日間、富士町は古湯映画祭で賑わいました。

 

35回目を迎えるこの映画祭
合併前にまちおこしとして始められたものです。
今年は佐々部清監督の特集でした。
佐々部監督は「九州では湯布院に次ぐ映画祭」で
その歴史と関係者の熱い思いを評価されていました。
監督との面談後
ミニトークショーを覘かせていただきましたが
監督の作品に込める思いを聞かされると
映画の面白さが倍増しそうです。

うれしい話
その1
15日のサガン鳥栖対サンフレッチェ広島戦
背水の陣で臨みましたがやりました。
1-0でサガン鳥栖。

しかし、下位チームもそれぞれ勝っていますので
残る試合も必死です。
残るは8試合、勝ち点をあと10、
J1残留確定のため応援にも熱が入ります。

その2
佐賀の7賢人を素材にしたご当地フレーム切手が発売されました。
来年1月17日までの「肥前さが幕末維新博覧会」の
後半を盛り上げるために(株)日本郵便さんからの贈り物です。

 

これまでも日本郵便さんは
バルーンなどの切手シールをたくさん手掛けられ
「さが」を応援されてきました
1シート1,300円(税込)です。

 

2018年9月10日(月)

今年の夏の猛暑を忘れさせるような日々がここ数日続いています。
9日(日)などは雨模様で室内では
Tシャツ1枚だと肌寒さを感じるくらいでした。
本来ならばこの時期、
ツクツクボウシの声もまだ聞こえなければなりませんが、
今年はそれがありません。
過ぎ行く夏を振り返りながらの今週の花は
近所で長く咲き続けたノウゼンカズラです。

9月議会が3日開会しました。
この議会は前年度の決算審査もありますので
期間が長く、10月5日に閉会予定です。
一般質問では31名の議員が登壇される予定です。
一般質問は13日から8日間行われます。
オスプレイに関する質問を6人予定されています。

先週は九州地方整備局、九州農政局、九州管区行政評価局など
国の出先機関である九州トップの着任挨拶が続き、
面談などの多い週となりました。

敬老の日を前に6日、
100歳以上の長寿者を表敬訪問しました。
今年は県内で一番、日本で4番、世界で10番目という
佐賀市のチャンピオン中地シゲヨさんと
同じ施設で暮らされている101歳の大島キクノさん、
自宅で100歳を迎えられた吉田ヨシ子さんの3人を訪問し
お祝いの言葉を申し上げました。

 

皆様しっかりしておられ、羨ましいほどの元気さでした。
お世話をされている周りの皆様にも、「感謝」です。

8日(土)は勧興校区で久しぶりの市長と語る会。

50名ほどの校区の皆様と意見交換をさせていただきました。
勧興は、まちづくり活動が盛んな校区です。
繁華街での客引き行為や
代行運転手の客待ち中の「たばこのポイ捨て」など
市の中心部ならではの悩みも訴えられました。
ほか、空き家や・空き地に対する行政指導の徹底
保育所の充実など多岐にわたる指摘がありました。

9日(日)は家を7時35分発で佐賀市消防操法大会へ。

 

消防団活動、特に夏場は大変です。
5月から始まった県の消防操法大会に向けての訓練
7月末の県の操法大会が終わると
8月は各支団単位での夏季訓練が待っていました。
訓練のほかに、7月大雨災害時の対応など
本当にご苦労様でした。
これ以上、消防団に負担をかけなくて済むように
毎朝、本庄神社に「佐賀の安寧」をお願いする私です。

うれしい話
ニュージーランドの陸上代表チームが
2年後の東京オリンピックで
佐賀市を事前合宿地と決められました。

 

このことで先週7日、ニュージーランドの陸上競技連盟と
佐賀県と、佐賀市の3者で覚書を締結しました。
ニュージーランドチームの
佐賀でのキャンプは、これで3回目です。
今回もみんなで温かくもてなし、応援しましょう。

 

2018年9月3日(月)

先週末は雨。
佐賀地方、7月豪雨の後は雨が少なく
おまけに猛暑が続いたため
街路樹や公園の木々はうな垂れていました。
ところが今回の雨、まとまった雨となり
恵みの雨になりました。
佐賀では恵みの雨ですが
北陸地方では災害をもたらす大雨となった所もあります。
私は雨の合間を縫って
家庭菜園で秋野菜を蒔く準備を少しだけしました。
今週の花は雨上がりの中の朝顔です。

 

先週は
広域圏事業など外部の会議が多い1週間でした。
そのような中、2団体からの要請も受けました。

 

うち、私立幼稚園・認定こども園会からは
食物アレルギーを示す子供たちが増え
その対応が複雑化しているため
人件費補助等の支援策の充実を求められました。

食物アレルギーを示す園児数そのものも
少しずつ増えているようです。
特にびっくりしたのは、
アレルギー反応が出る食品の種類の多さです。
主食となるパン、うどん、そばで
アレルギーを示す園児がいることは知っていましたが
最近は「米」に反応する子供も
見られるようになったということです。
お米の「ごはん」がダメな子供がいると聞いてショックでした。
いろんな食品にアレルギーを示す園児たち、
全員が同じものに反応するのであれば
まだやりやすいのでしょうが
反応する食材がそれぞれ異なるとなると
給食担当も大変です。
「発達障がい」など「気になる」子供が増えている傍ら
食品アレルギーの対応など子育て施設は大変です。

2日は佐賀市消防団中部方面隊の夏季訓練。
私は第5支団の北川副小と蓮池小学校へ。

 

そのあと、高校時代からの友人の四十九日法要へ。
気さくで面倒見の良い友人でした。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.