おやじのひとり言

活動コラム おやじのひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2021年11月22日(月)

平野部でも紅葉が目立つようになりました。
西与賀小学校のイチョウと

 

南部バイパス沿いのお店のモミジが目立ちました。

 

加えて21日(日)の朝、
佐賀の秋の風物詩、バルーンが浮かんでいました。

こうした風景の中に、佐賀の秋の深まりを感じます。
今週の花は皇帝ダリアです。

先週は土地改良事業の事で、農水省と財務省へ。
新型コロナの影響を受けて、
全国的に「東京行き」は控えられていましたが
このところ、「コロナ」が落ち着きを見せているので
「本省詣で」が再開したようです。
私にとって、東京は1か月ぶり。
本省へは、1年ぶりの要望活動でした。
東京では行き交う人のほとんどがマスク着用です。
朝の散歩でもそうです。
朝の散歩時にマスクなしの私は、少々気が引けました。

20日(土)午前中は、シチメンソウを育てる会の
活動現場で「市長退任」の挨拶。
会員さんたちの合併前からの粘り強い保全活動が
ラムサール条約湿地登録や「ひがさす」建設に繋がりました。
一方、会員の皆様方も高齢化が進んでいます。
皆さんが、心配されていることは「後継者づくり」です。
この日の東与賀干潟は渡り鳥のシギ類がいっぱい。

他市からのお客さんから、
「望遠鏡の数を増やして欲しい」という声が出ていました。

20日(土)午後は、サッカー・サガン鳥栖の応援。
サガン鳥栖、この日も良く戦いました。

 

結果は1-0でサガン鳥栖の勝ち。
試合の後、気分を良くしてサポーター仲間と
鳥栖駅前で少々早い忘年会となりました。

 

2021年11月15日(月)


先週のこのページで「雨を待つ」書き込みをしましたが
その声が天に届いたのか
先週初めから、天気はしぐれ模様。
しかし、まとまった雨量にはなりませんでした。
晴れ間がのぞいていたかと思うと急にしぐれ
洗濯物を外に干したまま濡らしてしまうことが度々です。
まもなく木枯らし1番の便りも聞くことでしょう。
「今週の花」は、清楚で高貴な香りのするヒイラギの花と

 

渋柿ではあるけれども、熟柿の部類に入った柿です。

 

熟柿は早くもカラス?から味見されていました。

最近は自分の時間が取れるようになったので
後援会のスタッフの皆さんと
徐々にではありますが、後援会の整理に取り掛かりました。
先週火曜日は、後援会連絡事務所の看板外しに回りました。
16年間看板を立てさせていただいた方々に、お礼を申し上げ
看板を回収してまいりました。

老朽化した看板の脚やさび付いた針金に16年間の長さを感じました。
近々後援会だよりの最終号を発行すべく準備を進めてもらっています。

我が家の近くには、学生さんが多く住まれています。
先日、隣の集落の学生アパートのゴミステーションの周りに、
ごみが散乱していました。
金網で囲ったステーションですが、網目が荒くカラスがくちばしで
袋の中身をほじくり出していました。
ゴミ出し日を守らず、おまけにカラスが頭を入れても口ばしが届く
ところにゴミ袋を置いたために、カラスの被害を受けたようです。
せめて、カラスのくちばしが届かないところに袋を置くぐらいの
「生活の知恵」が学生さんにもあればいいのですが・・・。
一方、私の集落では道路沿いのゴミを拾う姿をよく見かけます。
その中の一人はある製材所の社長さんで
毎朝犬の散歩をさせながら
ついでに小さなゴミを拾われています。
本当に頭が下がります。
コロナ禍で道路沿いのゴミを拾うとき
私が一番いやなゴミはマスクの落とし物です。
ゴミを落とす人、そのごみを拾う人
いろんな人が生活していますが
せめてゴミだけは、人のお世話にならないようにしたいものです。
 

2021年11月8日(月)

畑が乾いています。
雨が欲しいところです。
11月4日から3日間は熱気球大会。
4日は、嘉瀬川上空でたくさんのバルーンが見られました。
私はブログ用の写真を6日朝に狙っていたのですが
当日はあいにく風が強くて、バルーンは飛ばず
今年の大会では、シャッターチャンスを逃しました。
立冬も過ぎ秋が深まってきました。
今週の花は、ひょうたん島公園のコスモスとヒマワリ

 

それに加えて友人宅のツワブキです。

全国各地で空き家対策が課題となっていますが
佐賀市も例外ではありません。
私の親戚にもこの問題の対象になる家屋があり
在職中から気になっていました。
当該物件は相続手続きがなされないままになっていましたので
相続手続きから始めなければなりませんが
問題は親戚といえども相続人でないものは
相続問題に簡単に踏み込めません。
加えて、相続人のうち取りまとめの
中心となるべき人が県外在住で高齢者です。
コロナ禍のために行き来するのもままならない状況のため
これまで対応が思うように進まない状況でした。
幸いにして、私が時間が取れるようになったので
佐賀市の空き家対策に少しでも役立てればと
相続手続きの手助けをすることになりました。
私の親戚と同じようなケースが増えないといいのですが・・・

6日は、山口知事を励ます会でした。
来年末に知事選が予定されていますが
一足先の「励ます会」でした。
最後に山口知事が県生保国と感謝の意を述べられましたが
そこでは、知事夫婦の結婚披露宴の時の模様を
スクリーンに映しながら「人の縁の不思議さ」を話されました。
20年ほど前の映像には、
なんと、大串博志氏と古川康氏が同席されていました。
もちろん
大串氏も古川氏もまだ国会議員とは無縁の時代です。
それが後々、同じ選挙区で競い合う仲になろうとは・・・
運命というか縁の不思議さに私も共感しました。

7日は、午後2時からサガン鳥栖の応援。

 

相手は優勝を決めている、川崎フロンターレです。
最近勝利から遠ざかっていたサガン鳥栖でしたが
この日は頑張りました。
王者相手に3-1で勝ち、久しぶりに感動しました。

 

2021年11月1日(月)

10月中旬までは真夏日があったというのに
最近の朝夕は冷えます。
朝は薄手のジャンバーでは寒さを感じるようになりました。
この冷え込みに刺激されたのか
例年よりひと月遅れで、キンモクセイの香りが漂い始めました。
そこで今週の花はキンモクセイです。

途中でギンモクセイも見つけたので
今週の花に加えます。

いよいよバルーンの季節となりました。
先週末の土曜日、散歩中に
バルーンが数機上がっているのを見ました。
今年の熱気球大会はコロナのために
インターナショナルの大規模な大会ではなく
国内選手を対象にした中規模な大会が
11月4日から6日の期間で予定されています。
昨年に続き、コロナのために無観客での大会となります。
以前のようにメイン会場に集まって
何万にも人が楽しむという、大きな大会に早く戻ればいいですね。

先週から私は市役所の勤務はなくなりました。
しかし、体内時計は以前のままです。
朝は5時15分に起床。それから新聞に目を通し
トイレを済ませて6時過ぎに外へ。
そして、まず畑へ。
害虫に芯を食べられ、2回も蒔きなおした大根へ水やりです。
1週間前に蒔いた種は、今が双葉の時期です。
水やりの後は庭で気功。
その後6時25分になると
本庄神社のラジオ体操会場へ向かいます。
7時には家に戻り、髭剃りのあと食事。
ここまでは以前と変わりません。
先週は月、火、金は佐賀土地改良区で
昼まで仕事をし、あとは後援会のことなどで時間を使いました。
自分で使える時間がたっぷりです。
特に朝は、出勤日であっても
9時台のバスの時間まで余裕があります。
先週は役所からの家に持ち帰った資料などの
「あと片付け」の仕事があったからよかったのですが
今週はこの時間帯に何をしようかと迷っています。
自由に使える時間があるのを
「持て余し」気味に感ずる、今日この頃です。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.