おやじのひとり言

活動コラム おやじのひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2018年12月3日(月)

12月に入りました。
座敷から我が家の庭を見ると紅葉がきれいでした。

夏の間、涼しい木陰を造ってくれていた庭木たちですが
年末を迎え、落ち葉掃きが大変な季節となりました。
「今週の花」は近くの妹宅に咲く皇帝ダリアです。

10年以上前に我が家から株分けしたものです。
この花の本家である我が家の株はというと
数年前に台風のため折れ消滅しました。
現在2代目ですが、これまた今年の台風で折れ
花を咲かせるまでに回復できませんでした。

先週前半は国への政策提案で2度、霞が関へ。

 

提案先は財務省、国土交通省、農林水産省。
1度目は筑後川に関係する地区合同で
2度目は佐賀県と県内各市町一緒になっての提案です。
政策提案では万歩計も稼ぎます。

先月末は佐賀市で「全国プロモーションサミット」を開催しました。

私には、プロモーションツールとしての熱気球というテーマで
本田技研工業(株)ブランド部の小田嶋部長さんとの
パネリスト役もまわってきました。

このサミットには16のセミナーが用意されていて
私には、プロスポーツが地域の活性化に大いに役立つという
セミナーが強く印象に残りました。

特にプロスポーツは観客に感動を与えるだけでなく
選手やサポーターが世界的規模で情報を発信しているので
自治体はそれを積極的に活用すべきではないかという
示唆に富んだものが事例を含めて発表されました。

週末の土曜日は、ひょうたん島公園での収穫祭に顔を出しました。

 

今年も武藤市議会議長と仲良く?餅つきをしました。
ついた餅を早速、きな粉餅として頂きましたが
杵でついた、つきたての餅は美味しいですね。

土曜日の午後は、明治維新150年記念事業の一つ、
幕末佐賀藩近代化のシンポジウムに出席。

 

鍋島報效会の徴古館・主任学芸員である富田さんと
NBCラジオの岡田アナウンサーの講演を聞きました。
そのあと二人がトークバトルをされ
鍋島直正公の知られざる面など紹介されました。
江藤新平や大隈重信らが
脱藩という大罪を犯したにもかかわらず
彼らを斬ることをせず、藩のために尽くさせたことなど
直正公の寛大さも強調されていました。

うれしい話
サガン鳥栖J1残留。
がんばりましたね。
J1・34節、最終試合であんなドラマが展開されるとは・・・
残留争いで悲喜こもごも。
とりあえずホッとしました。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.