おやじのひとり言

活動コラム おやじのひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2019年6月10日(月)

九州南部ではすでに梅雨入りしているので、
次は北部九州の番かと思っていたら
7日、一足先に、東海から東北南部に梅雨入りが発表されました。
6日から7日にかけての雨の予報に
まとまったものを期待しましたが少々期待はずれでした。
しかし、これから代掻き用水を必要とする
平野部の乾いた田んぼにあっては恵みの雨となりました。
今週の花は近所に咲くネムノキの花と姫クチナシの花です。

ついでに、土曜日我が家の畑で収穫した
胡瓜、オクラ。ブルーベリーにもカメラを向けました。

うれしい話を二つ
その1
本格的な雨期を前に、厘外雨水ポンプ場が竣工しました。

 

先週5日、式典を行い、地元の皆様と一緒に竣工を祝いました。
大雨のたびに道路冠水等浸水被害をもたらしていた
西与賀の厘外地区の浸水緩和を目指すものです。
河道の改修がまだ完了していないので
計画値の半分の能力で暫定的に運用開始するものですが
それでも毎秒2トンの排水能力です。

その2
最近IT企業の佐賀への進出が続いていますが
6月5日、IT関連企業(株)BTMと進出協定を結びました。

東京に本社を置き、大阪、福岡に支店があります。
札幌市出身の若い社長さんですが
当分の間、佐賀に住居を構えながら
事業を軌道に乗せたいということでした。
IターンUターン含めて
若者の雇用に繋がればいいですね。
また、佐賀に住まれる吉田社長さんには佐賀の良さを
たくさん味わっていただけるといいですね

先週は団体の役員改選や人事異動に伴う面会が続きました。
7日(金)には6月定例市議会が開会しました。

 

2019年6月3日(月)

田園地帯では麦刈りの季節。

ビール麦の刈り取りが終わって
先週は小麦の刈り取りの最中でした。
今週の花は百合の花に似た白い花です。
一月ほど前に草刈り奉仕した
鍋島直茂の誕生地「権現さん」に
一株だけ咲いていました。
インターネットで名前を調べると
アフリカハマユウのようです。

間もなく田植が始まります。
最近まとまった雨が降らず、
用水不足が心配されています。

中山間地では、例年ですと
5月の連休ごろが田植えのピークですが
まだ、田んぼに水さえ入ってないところがあります。
今年は冬に積雪もなく、雨も少なく、沢の水が少なくて
田んぼに水が引けないところが出ています。
苗もすでに「適期」を過ぎています。
先日、現地を視察した際
報道陣からその対策を尋ねられましたが
回答に困りました。
一方、平野部の田んぼも渇いていますので
代掻き用水確保にも苦労が待っているようです。
麦刈りが終わったころに
まとまった雨があれば最高ですが・・・

5月31日には久留米市の水天宮さんに
通水祈願に行きました。

これは毎年この時期に筑後川下流域の
佐賀・福岡両県の土地改良区関係者で構成する
協議会で行っているものです。
今年は例年に増して「現実味」を帯びた願いとなりました。
神様の御加護があればよいのですが・・・

6月1日は白石町で道の駅がオープン。

式典参加後佐賀に戻って水道フェアの激励に。

そのあとサガン鳥栖の応援に行きましたが
サガン鳥栖、4連勝ならず。

「しょんぼり」した足取りで帰りました。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.