おやじのひとり言

活動コラム おやじのひとり言

おやじのひとり言一覧≫

2018年5月21日(月)

最近、雨が多いようですね。
先週は梅雨入りしたのではないかと思うほど
蒸し暑い日もありました。
一転して、
土・日の朝は肌寒さを感じました。
麦の収穫時期に入ったので
これから代掻き時まで、雨にはしばしご遠慮願いたいものです。
今週の花は近所に咲くサツキと平野部では珍しい栗の花です。

 

先週は土地改良事業関連の仕事が二つ。
その一つは、
佐賀東部の田植え用水を確保するために
筑後川上流部にある松原ダムの「弾力的な運用」を
筑後川河川事務所に要請しました。
この要請は筑後川土地改良推進協議会で
毎年行っているものですが
雨期に備えた国のダム管理に際し
田植え期の用水確保も考慮して
「弾力的な運用」を要請するものです。

二つ目は
国営総合農地防災事業など
国が直轄で事業を進めている事業の推進を図るため
全国期成会の総会を17日古湯で開催しました。

全国から50名近くの関係者が古湯に宿泊されました。
佐賀の賑わい創出の一環でもありました。

多額の寄付を続けられている古賀常次郎氏から
今年も各種団体に総額1億6千5百万円の
寄付金・助成金が手渡されました。

 

佐賀市も2千万円の寄付と100万円の助成金を頂きました。
古賀さんが説かれる「五つの誓い」は
五つの項目とも人として忘れてはならないことですが
中でも「嘘をつかないこと」は
今の政治に一番求められていることだと思い、挨拶で触れました。

うれしい話、その1
東京に本社を構えるIT関連企業、
(株)インフォネットと進出協定を結びました。

 

福井県出身の岸本社長が、災害の少ない佐賀の土地柄と
勤勉実直な佐賀の人柄に好感をもたれ
佐賀県の仲介もあり企業誘致に繋がりました。
若者たちの転出超過が続いていましたので
その改善につながればいいですね。
事業内容はWEBサイトやCMSの構築
システム、アプリ開発、
AIアーキテクチャの開発などです。

うれしい話、その2
20日のサガン鳥栖、先週に続き
引き分けに終わりましたが
ここ3試合1勝2分けで「負け癖」からやっと脱出したようです。

 

J1リーグはこれから2か月ほど中断しますが
休みが明ければ、是非連勝を味わいたいですね。

 

2018年5月14日(月)

朝夕は肌寒く感じるときもあります。
先週半ば、帰りのバスで
飲み会に行く職員グループと一緒になりました。
会場はホテルの屋上でのビアガーデンとのこと。
その日は風があり肌寒く感じたので
彼らの翌日の体調が心配でした。
今週の花は我が家に咲くジャーマンアイリスと
家の前の道端に咲く野草の花です。

 

7日は佐賀広域消防局神埼消防署三脊出張所の落成式。

佐賀中部広域局管内の最北部を受け持つ部隊です。
山間部であり、冬場は凍結することもあるので
寒さにも備えた造りとなっています。

雨期を前にして8日、水防関係者で
水防警戒箇所の巡視をしました。

 

有明海の潮の干満の差が大きいことから
平野部では、満潮時に自然排水ができません。
この宿命的な「浸水被害」をゼロか最小限にとどめるため
樋門操作やポンプ運転には毎年気を遣います。
絶対にミスは許されません。
気を引き締める意味でも関係者が一緒になって
毎年巡視をして雨期に備えるものです。

10~11日は九州市長会でした。

約300名の方を佐賀市に受け入れました。

 

お堀周辺を散歩された皆さんから
「街がきれいですね」と称賛の言葉をたくさんいただきました。
今年は4月に九州市議会議長会もありました。
この後、九州地方の知事会と県議会議長会が
佐賀市で開催されます。
佐賀をPRする良い機会です。
市民の皆様にも「おもてなし」をお願いいたします。
朝のすがすがしい挨拶などが特に喜ばれます。

12日は秋の新嘗祭への献上米の播種式を行いました。
これから御田植式、抜穂式などの儀式が続きます。
今年の献穀者は川副町の光吉康博さんです。

 

秋吉さんには秋の収穫まで栽培管理等のご苦労があります。
神事を行い、天候に恵まれるよう祈りました。

13日は大隈祭。
今年は、明治維新150年という記念すべき年で
大隈重信侯生誕180周年にもあたるものです。
早稲田大学より11名の教職員のほか
応援部の皆様も特別にお越しいただきました。

あいにくの雨となってしまいましたが
銅像の前での若き応援団の力のこもった「応援歌奉納」に
銅像・大隈侯もご満悦のご様子でした。

 

2018年5月7日(月)

大型連休が終わりました。
今週の花は近所でオープンガーデンをされている
Tさん宅の庭に咲くバラです。

 

バラの香りが漂う中、暫し、癒しの世界に浸りました。

5月1日は恒例の大川市の「えつ観光川開き」でした。
今年も案内を受け出席しました。

筑後川のえつ漁は毎年5月1日から7月20日まで。
式典の後、船上でエツ漁を楽しみながら
刺身、煮物、南蛮漬け、寿司に調理された
季節料理、エツを頂きました。

 

この時期、筑後川を挟んで
佐賀も大川もエツ料理で賑わいます。
年々、えつの獲れ高が減っていますが
今年はどうでしょうか、気になります。

3日は春季・市長旗・高校野球大会の開会式でした。
市内の10校が参加しています。
私には始球式の役割もあります。

 

球場で野球部員のはつらつとした姿をみると
約60年前、当時完成したばかりの佐賀球場で
声を枯らしながら応援していた
高校時代の想い出が蘇えりました。

3日、午後は富士町亀岳付近でワラビ狩り。
12年前に宮脇方式で汗を流した植林が
見事な森に成長していました。
鶯の掛け合いが森の静寂の中に響いていました。

4日は大学時代の憲法の本を引っ張り出し読み直しました。
二度と戦争をしてはならないという思いを強くしました。

6日午前中は(社)あんず鍋島の開所式。

 

ここは高齢者だけの施設ではなく
精神や知的な障がいをお持ちの方の
就労継続支援事業所でもあります。
地域に根ざすことを目標に掲げ
ビオトープガーデンなど緑の苑づくりも始められています。
地域の皆さんにとっても
心強い存在になって欲しいと祝辞を述べました。

うれしい話。
サガン鳥栖、2日も負けて7連敗。
その日のベアスタからの帰りは
足だけでなく口も大変重かったのですが
6日はエスパルスに3-1で勝利。

 

何とか連敗を止めることができました。
この試合、小野選手がイエローカード2枚で退場。
しかし、みんなでよく守りました。
これでリーグ戦前半の残り試合は4つ。
是非、負けなしで行って欲しいものです。
けがで欠場中の主力選手の
1日でも早い戦力復帰を祈っています。

 

2018年5月1日(火)

我が家のサクランボが例年より早く
1週間ほど前に色づきました。
今年もまた、すぐにカラスの集団に襲われ
赤い実はゴールデンウイークまで持たないかと思いきや
カラスの襲来は何故か遅く、29日でした。
カラスの気付きが遅れたため
その分長く、人間様が楽しめました。
今週の花は近くに咲く
ツルニチニチソウとキショウブです。

 

キショウブは数年前、私が川沿いに移植したものです。

23日から一泊二日の日程で、市立病院で人間ドック入り。
ここ10年程、毎年友人夫妻と一緒に受診しているものです。
結果は、お互いの夫婦とも「年相応」と言うことで一安心です。
友人夫婦とゆっくりした時間を過ごすことができました。

九州市議会議長会が佐賀市で開催されました。

26日は地元と言うことで、
総会と意見交換会への案内を受けましたが
夕方は通夜と重なり、あわただしい夕べとなりました。

28日は佐賀県中央メーデーに来賓として参加しました。

私が組合員時代は、メーデー開催は5月1日でしたが
今ほどの暑さは記憶しておりません。
メーデーにも地球温暖化を感じます。

松梅校区に公民館が落成しました。

合併後、公民館建設を強く求められていました。
しかし、用地の選定と確保に時間がかかり
やっと「完成」にたどり着きました。
木のぬくもりがたっぷりでモダンな仕上がりです。

ご苦労戴いた関係者の皆様に感謝します。
ここを拠点に、地域コミュニティが一層広がり
文化・サークル活動が盛んになればいいですね。

心穏やかでない話。
25日は平日ではありましたが
久しぶりに夕方からサガン鳥栖の応援に行きました。
しかしサガン鳥栖、「ゴール」が取れません。
結果は0-2で5連敗、肩を落として帰りました。
29日はアウェイでガンバに0-3で完敗。
これで6連敗、J1・17位となりました。
心が晴れません。
5月は気分転換できますように・・・
朝の祈りを欠かさず、応援続けます。

 


おやじのひとり言一覧≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.