2016年7月のぼやき

妻のぼやき一覧へ≫

2016年7月28日(木)

今朝は、出張で夫は不在でしたが、いつもより30分早い5時半起床。
普段は、朝食と弁当作りで慌しい朝ですが、今日は時間に縛られない分、
くつろいだ気分でした。
とはいっても、夫の日課である愛犬マックスの散歩等々、別の忙しさも
あるけれど・・・。

 

マックスを連れて一歩外に出ると、家の前の空き地にムラサキ露草の花が、
そして傍らには、細長い草に朝露を発見。

 

心洗われる風景を目にし、穏やかで静かな感動に浸れる幸せを、
感じる朝でした。
散歩から帰って、ラジオを聞いていると、いい言葉が・・・。
「朝の味噌汁1杯は千里の力・・・。」夏バテをしないで健康に夏を
乗り越える訓えですが、この訓えと朝露で私は、心身共に力が湧いて
来るようでした。

24日(日)暑い中、夫はトラクターを引っ張り出し、家の前の
空き地の土耕しを始めました。

 

前回、耕した後すぐに雨が降ったので、雑草の伸び茂りはすごいもの
ではあったけれど・・・。「何もこんな真昼間にしなくても・・・」と
心配しましたが、トラクターを無心で操作する夫の姿を見て、
忙しい夫にとって一番心安まる場所であり、ストレス解消になって
いるのかなぁーと思い、黙って見ているだけでした。

23日(土)、福岡市で行われた「サガン鳥栖」と「アビスパ福岡」の
試合は「3-2」で鳥栖勝利!!
今回は、自宅で夫とビールを飲みながらのTV観戦でしたが、
前半から押し気味で、後半も主導権を握った試合運びでした。
第2ステージは、開幕から5戦負けなしのサガン。
行け行けサガン!!
ガンバレサガン鳥栖!!

2016年7月21日(木)

今朝は、とびっきりの真夏の青空が広がっていました。
我が家の庭は、濃緑に覆われた木々が、うっそうと立ち並んで
います。
そこは、まさに“蝉の楽園”と化し、短い一生の無数の蝉たちが
命を謳歌する様に鳴いています。

 

カメラを構えて夢中になって撮ろうとすると、蝉たちは私の顔に
向けて、上下左右からおしっこを撒いて飛び去ります。
気づいたときは、汗かと思うぐらいに顔が濡れています。
毎年変わらない、蝉と私の夏の一ページです。

7月17日(日)と18日(祝)は、公務から帰って来て、
すぐさま夫が向かったのは、雑草が生い茂った我が家の畑でした。
雨が降り続いていた事もあり、雑草も伸び放題に伸びていました。
太陽が照りつける中、汗で背中がズブ濡れになりながら、
草取りをする夫。
熱中症になるのではと、気が気でなりませんでした。
雑草が取り払われた後に百日草の姿が・・・。

 

雑草にも炎天にも負けない強さに感嘆です。

7月17日(日)は、ホームでの「名古屋グランパス戦」。

サガン鳥栖は前半から「名古屋」を圧倒する猛攻で、11本の
シュートを放ちながらノーゴール。守備陣も相手を「0」に抑える
堅守だったけれど、「0-0」の引き分けでした。
攻めるも守るも、ガッチリと一つになって戦ったイレブンに拍手です!
これからも前進あるのみ!!
ガンバレ!! サガン鳥栖!!

2016年7月14日(木)

昨日までの大雨が止み、今日は朝から太陽がカッと照りつける
“夏日”となりました。
我が家の庭中に響きわたる蝉の大合唱に誘われて、蝉の姿を
探している時、「ギィッー」という声にふりむくと、思いがけない
光景が目の前に。

 

平和のシンボルのハトが蝉を襲ったのでしょう。
私は呆然と眺めながら、「やさしい筈のハトが何故?」と「生まれて
1週間位しか生きられない蝉が可哀想に・・・。」との思いが、
頭の中で渦巻いていました。

嬉しいニュースです。
サガン鳥栖の進撃が始まった !?

 

7月9日(土)は、ヴィッセル神戸と「2-2」の引き分け、
7月13日(水)は、湘南ベルマーレに「2-0」で完封勝利!!
攻撃と守備の歯車が噛み合って、本来のサガン鳥栖らしさを
取り戻しつつあるような気がします。
頑張れサガン鳥栖 !!

2016年7月7日(木)

今日は7月7日、七夕です。

 

隣りに住む孫達の為に、娘と笹飾りを作りました。
七夕紙で「天の川」や「着物」等を折っていく内に、
すっかり童心に還り、楽しくなりました。
久しぶりに、一家揃って短冊に願い事を書き、夫も孫達(4人)
の幸せと成長を、願っていました。
私の父は、七夕飾りをする時に必要な「こより」を撚るのが
とても上手で、よく私に教えてくれていた事が、懐かしく
想い出されます。

父の時代は、「文書」も手で撚った「こより」で綴じていたそうで、
仕事上、「こより」作りも必須だったのでしょう。
七夕飾りを作る度に、父が偲ばれる私です。

7月4日は夫の誕生日でした。

毎年、年を重ねている夫ですが、「年」を忘れているのか、
「引き算」をしているのか、体力・気力共、盛んな様子に
驚く程です。
夫は毎年、誕生日には両親の墓参りと、私が作った赤飯を持って
実家のお仏壇参りをしています。

生んでくれた両親に感謝の念と、今年も健康で恙なく過ごしていると
報告してきた事でしょう。

7月2日(土)は「サガン鳥栖」と「FC東京」の試合がホームで
ありました。
前半は「東京」に1点先取されましたが、後半に入ってすぐに同点に
追いつき、歓声を上げたのも束の間、直後に相手に追加点。
「今日も負けるかなー」と、胸に暗雲が漂い諦めかけたとき、
ロスタイムも土壇場で2点ゴール!!

スタンドのサポーター達は狂喜し、会場は興奮のるつぼと化しました。
2度と見られない結末、あまりの奇跡的な大逆転に鳥肌が立ちました。

 


妻のぼやき一覧へ≫

(C)ひでしま敏行後援会. All Rights Reserved.